--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する

iPhone(スマートフォン)対応 Vリーグ女子チームWebサイト

2011年05月16日 00:52

Vリーグ(Vプレミアリーグ・Vチャレンジチーム)20チームの公式WebサイトのiPhone(スマートフォン)
対応状況を調べてみました。

対応しているのは2チームです。
大手企業系はしている印象を持っていましたが、対応されていませんでした。
また、Vリーグと日本バレーボール協会も未対応です。

対応チームもコンテンツは限定されていますので、今後選手紹介などもう少し増えればいいなと思いました。


◆iPhone(スマートフォン)対応チーム
1.デンソーエアリービーズ
 1)対応コンテンツ
  トピックス(更新情報)

 2)未対応コンテンツ
  チーム紹介、選手スタッフ紹介、試合日程結果、スケジュール、フォトギャラリーなど
 デンソーエアリービーズiPhone画面


2.NECレッドロケッツ
 1)対応コンテンツ
  掲示板・Message・ダウンロード・サイトマップ・サポートショップ

 2)未対応コンテンツ
  メンバー紹介・試合情報・チームインフォ・ヒストリー・ルール紹介・Photo galleryなど
 NECレッドロケッツiPhone画面

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する

NECレッドロケッツ個人賞受賞3選手インタビュー

2011年05月01日 00:04

NECレッドロケッツ公式サイトに2010/11Vプレミアリーグ個人賞を受賞した、内藤香菜子・井野亜季子・ガライ
フェルナンダのインタビューが掲載されていました。
 2010/11V・プレミアリーグを終えて~個人賞受賞3選手(内藤・井野・ガライ選手)インタビュー~


以前にも書きましたが、NECのサイトはインタビュー記事が充実していてイイと思います。
他のチームもぜひともお願いします。Vリーグ公式なら間違いなく有料扱いになる内容です。
この記事を読むと選手によって個人タイトルへの考え方の違いが見えてきます。


◆ブロック賞 内藤香菜子
《インタビュー要約》
V公式記録は前半見ていなくて、周りからブロックランク1位だと言われるようになった。自分でもいけるの?と思ったがいつも通りプレーをした。

 インタビューの中で一番印象に残ったのが、杉山が内藤に対して「(ブロックランク)1位をキープしていか
 ないとだめ!」と言ったところです。杉山自身も最終ブロックランク2位で賞ではライバルでもあるのに、
 逆にチームメイトとして発破を掛けているのが素晴らしいですね。


◆レシーブ賞&サーブレシーブ賞 井野亜季子
《インタビュー要約》
シーズン途中まではあえて公式記録を見ていなかった。周りからサーブレシーブ1位だといわれるようになり、4レグに入るとそれがプレッシャーになってきつくなり、普段は家族にバレーの話はしないが相談した。

 インタビューの中で一番印象に残ったのが、楽天的という印象を持っていた井野がサーブレシーブの数字で
 プレッシャーがあったということです。プレーを見ていてもまったく感じさせられませんでした。
 よくインタビューなどで個人よりもチームの成績という選手が多いですが、個人も意識してプレーすることで
 結果的にチーム成績に繋がるので良いのではないかと思います。
 また、井野が個人記録を意識していることがわかりうれしかったです。


◆ベスト6賞&得点王 ガライフェルナンダ
《インタビュー要約》
タイトル獲得は嬉しいが、シーズン中に活躍できたことが一番うれしい。

 外国人選手は、特にチームに貢献するために呼ばれているので、率直な気持ちだと思います。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する

2010/11V・プレミアリーグ個人表彰選手

2011年04月19日 00:49

Vリーグ機構より2010/11V・プレミアリーグ個人表彰選手が発表されました
 【お知らせ】2010/11V・プレミアリーグ個人表彰選手

受賞されました監督並びに選手の皆様おめでとうございます。


優勝監督賞
 石原昭久(JTマーヴェラス)  初受賞
 石原昭久監督・竹下佳江

最高殊勲選手賞
 キム・ヨンギョン(JTマーヴェラス) 初受賞
 キムヨンギョン インナースパイク

敢闘賞
 木村沙織(東レアローズ) 初受賞
 木村沙織

最優秀新人賞
 新鍋理沙(久光製薬スプリングス)
 新鍋理沙のスパイク

ベスト6賞
 キム・ヨンギョン(JTマーヴェラス) 2年連続2回目
 木村沙織(東レアローズ) 4年連続4回目
 ガライ・フェルナンダ(NECレッドロケッツ) 初受賞
 山本愛(JTマーヴェラス) 2年連続2回目
 荒木絵里香(東レアローズ) 2年連続5回目
 竹下佳江(JTマーヴェラス) 2年連続5回目

ベストリベロ賞
 井上琴絵(JTマーヴェラス) 初受賞
 井上琴絵

レシーブ賞
 井野亜季子(NECレッドロケッツ) 初受賞
 井野亜季子

◆個人賞
得点王[総得点620点]
 ガライ・フェルナンダ(NECレッドロケッツ) 初受賞

スパイク賞[アタック決定率50.7%]
 アキンラデウォ・フォルケ(トヨタ車体クインシーズ) 初受賞

ブロック賞[ブロック決定本数0.76/セット]
 内藤香菜子(NECレッドロケッツ) 初受賞

サーブ賞[サーブ効果率16.6%]
 エリザンジェラ・オリヴェイラ(久光製薬スプリングス) 初受賞

サーブレシーブ賞[サーブレシーブ成功率79.7%]
 井野亜季子(NECレッドロケッツ) 4年ぶり3回目


概ね納得感のある選考委員会の決定だと思います。

> 最高殊勲選手賞:キムヨンギョン
> 敢闘賞:木村沙織

 この二人以外は考えられないです

> 最優秀新人賞:新鍋理沙
 昨年まで控えリベロ登録などの状態から一転してレギュラーを獲得。特に攻撃、サーブレシーブでの
 活躍は見事だった思います。全日本代表候補にも選出されました。今後の活躍を期待していますよ!

> ベスト6賞
 6名中5名は2009/10シーズンと同じ選手です。変わったのは迫田さおり→ガライフェルナンダ。
 サイド3名とセッターは順当でしょうか。中でも木村沙織の4年連続受賞はズバ抜けていて素晴らしいです。
 ミドルブロッカーはアキンラデウォフォルケ(決定率1位、失点率BEST1)が外れたのは意外でしたが全体に
 占める外国人選手のバランスなどもあったのでしょう。

> ベストリベロ賞:井上琴絵
 サーブレシーブ、スパイクレシーブ、つなぎなどトータルで見ると井野亜季子、座安琴希などもいて激戦区
 だったリベロ部門。チーム1位が若干プラスに働いたかもしれませんが、控えリベロ不在の中全セット出場
 での見事初受賞おめでとうございます。

> レシーブ賞:井野亜季子
 受賞したサーブレシーブ部門以外のスパイクレシーブを含めて見ると当部門もなかなかの激戦だったのでは
 ないでしょうか。リベロプレーヤー以外ですと新鍋理沙あたりも。
 サーブレシーブ賞と合わせてダブル受賞おめでとうございます。今シーズンは課題だったつなぎがかなり
 よくなっていたように思います。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する

NECレッドロケッツ秋山美幸が肩の手術を

2011年04月12日 01:47

NECレッドロケッツのブログ「赤ロケ部屋」の記事「常にそのときできる100% - NEC RED ROCKETS
で秋山美幸自身から4/12に肩の手術を受けることが明かされました。

Vリーグ期間中の試合のときは肩にテーピングをがちがちにして痛々しかったのですが、黒鷲旗を待たずに
手術を受けるということはシーズン中から状態がかなり悪かったということでしょう。

手術後のリハビリも含めるとかなり長期間になると思いますが、1日も早い回復を願っています。

↓2011.01.23撮影
秋山美幸

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する

セッターのアタック成績[2010/11Vプレミアリーグ女子]

2011年04月06日 00:44

今回は、セッターのアタック決定率と得点です。

Vリーグの公式記録でセッターのプレイで数値化されているのは、アタック・ブロック・サーブ(サーブ
レシーブは基本参加しないので除外)だけで本職以外の数値です。

私の個人的な思いとしては、世界大会では数値化されているベストセッター部門の様な成績を公式化して
ほしいです。(相手ブロッカーをうまく振りブロッカーを一人以下にしたトスの回数÷出場セット数)
なので本職以外ではブロックも興味がありましたが、今回はアタックに注目してみました。


◆チーム別アタック決定率
 1.JT 73.3% [打数30得点22]
 2.パイオニア 51.2% [打数121得点62]
 3.久光製薬 46.8% [打数62得点29]
 4.東レ 45.2% [打数42得点19]
 5.トヨタ車体 42.9% [打数28得点12]
 6.岡山 37.9% [打数29得点11]
 7.NEC 36.7% [打数30得点11]
 8.デンソー 33.3% [打数66得点22]

◆個人別アタック得点上位5名
 1.冨永こよみ 61[決定率51%]
 2.熊谷桜子 22[決定率33%]
 3.竹下佳江 20[決定率74%]
 4.古藤千鶴 16[決定率52%]
 5.原桂子 13[決定率42%]


パイオニアの冨永はセッターだけではなく試合中にスパイカーになる場合もあるので数字は突出しています。
が、素晴らしい数字ですね。

まず、アタック決定率はJTが断トツで1位。竹下佳江と河合由貴ともに決定率が高いです。
2アタックは決まるときにしているということでしょう。

久光製薬は2アタッカーの古藤千鶴と原桂子も割と打数が多く決定率も比較的高いです。

一方、デンソー(熊谷桜子)は得点は多いですが、打数も多く決定率は最下位です。2アタックの失敗が
多いのでしょう…。今年は苦しい時も交代することなく出場し続けたことも影響していると思います。

また、得点からみますと、トヨタ車体と岡山の得点が少ないのは印象通りでしたが、NECはもっと上位に
くいこむイメージを持っていたのですが、打数得点ともに少なかったです。
冨永こよみトスアップ

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。