--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する

バックアタック個人成績纏め[2010/11Vプレミアリーグ女子]

2011年03月20日 00:50

Vリーグ個人賞の対象になっていないバックアタックのデータを纏めてみました。
バックアタックの規定数計算式を探してみましたが見つかりませんでしたので、バックアタック決定率に
順位が入っている選手が規定数を満たしていると判断しました(ご存知の方教えてください)

※共通規定:チーム全試合数の70%以上の出場数&チーム全セット数の67%以上の出場セット数


1.決定率
 各チームの助っ人勢が占める中、日本人でランクインした迫田さおりは惜しくも僅差で2位と
 なりましたが、彼女の特徴が出ていて素晴らしいです。
  1.エベ リスベル[45.5%]
  2.迫田 さおり[44.7%]
  3.キム ヨンギョン[43.0%]
  4.ガライ フェルナンダ[41.1%]
  5.スタエレンス シャイーヌ[39.2%]


2.総得点
 ガライフェルナンダが後衛時のNEC前衛が厳しく、打数が増えた結果でしょう
  1.ガライ フェルナンダ[178]
  2.エリザンジェラ オリヴェイラ[139]
  3.エベ リスベル[125]
  4.迫田 さおり[123]
  5.スタエレンス シャイーヌ[74]


3.バックアタック比率
  ※バックアタック打数÷アタック総打数

 エリザンジェラオリヴェイラがトップだったのは印象と違っていました。今野加奈子がランクイン。
  1.エリザンジェラ オリヴェイラ[36.5%]
  2.ガライ フェルナンダ[30.6%]
  3.迫田 さおり[23.6%]
  4.エベ リスベル[22.9%]
  5.今野 加奈子[19.7%]


4.効果率
  ※(得点-失点)÷打数 被ブロックが公式記録にないので左記で計算

 エベリスベルの失点が多く迫田さおりが1位。やはりミスが少ないことは大切ですね。
  1.迫田 さおり[37.8%]
  2.エベ リスベル[34.9%]
  3.ガライ フェルナンダ[32.3%]
  4.キム ヨンギョン[29.8%]
  5.スタエレンス シャイーヌ[28.6%]


5.失点率
  ※失点÷バックアタック打数

 印象通りの順位になっています。東レアローズの二人はミスが少ないです。
 表にはありませんが、キムヨンギョンがワースト1[13.2%]で今シーズンはミスが目立ちました。
  1.迫田 さおり[6.9%]
  2.木村 沙織[7.5%]
  3.ガライ フェルナンダ[8.8%]
  4.エリザンジェラ オリヴェイラ[9.7%]
  5.内田 暁子[9.9%]


全体を通して木村沙織が目立たない結果ですが、今シーズンは前衛での攻撃打数が多く印象通りの結果
だと思います。新鍋理沙・石田瑞穂・眞恵子・谷口雅美は規定数に到達していないようです。
数字から見ると規定数は1セット打数1以上ではないかと推測します。
関連記事

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する


コメント

  1. バボ村 | URL | -

    東レの2選手

    やっぱりミスが少ないのはすばらしいですね!

    ただ単純にミスが少ないだけでなく打数が多いところがやっぱりエースなんだなと思います(^^)

    迫田選手は今年も全日本に選ばれ、バックアタックたくさん決めてくれること祈ってますv-363

  2. みはえる | URL | -

    Re: 東レの2選手

    >ハボ村さん

    そうですね。
    バックアタックは攻撃の幅が広がるのでいいですし、それに加えてミスが
    少ないということなしですよ♪
    特に迫田のバックアタックは見ていて楽しいです、ほれぼれします^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://badmoon0.blog24.fc2.com/tb.php/378-bd37b457
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。