--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する

【現地観戦】2/13 デンソー×NEC[2010/11Vプレミアリーグ女子]

2011年02月16日 00:49

◆日程
 2011年2月13日(日)15:30~

◆試合会場
 ベイコム総合体育館(尼崎市記念公園総合体育館)

◆試合結果
 デンソーエアリービーズ 0-3 NECレッドロケッツ[23-25 22-25 12-25]

◆出場選手
デンソーエアリービーズ
《監督》
 達川実

《スタメン:第一セット》
 奥田恭子、矢野美子、鈴木裕子、エベ リスベル、井上香織、熊谷桜子、リベロ:櫻井由香

《途中出場》
 細田絵理、井上奈々朱、石井里沙、真柴咲紀

《控え》
 栄絵里香、泉岡未来、リベロ:高橋菜穂子
 デンソーエアリービーズ整列

NECレッドロケッツ
《監督》
 山田晃豊

《スタメン:第一セット》
 内田暁子、内藤香菜子、松浦寛子、ガライ フェルナンダ、杉山祥子、松浦麻琴、リベロ:井野亜季子

《途中出場》
 八幡美樹、滝口奈美、秋山美幸、渡邊絢子、島村春世、澁澤夏美

《控え》
 リベロ:白垣里紗


◆観戦記
スタメンデンソーはけがで欠場していたエベリスベルが復活していてここ最近の固定メンバーに戻りました。
NECもここ最近の固定メンバーです。

試合は、第一第二セットともに一進一退の攻防が続きましたが、セット終盤はガライフェルナンダの攻撃などで
NECが連続してセットを取ります。
第三セットはデンソーがメンバー間の連携ミスや守備の粘りがなくなってしまい、完全にNECのペースで試合が
進みました。松浦寛子の4連続得点などがあり、達川実監督が怒りの指導をするも、流れは変わらず、最後は
松浦寛子がライトからのフェイントを決め、NECが大差でセットを取りセットカウント3-0で勝利しました。
勝利者インタビューはNEC井野亜季子です。

《チーム別感想:デンソーエアリービーズ》
・持ち味のブロックが機能しなかった(得点も2)のが今日の試合では結構大きかったような気がします。

・第三セットは序盤で大差がついたのでセッター交代などをしてもよかったのではないでしょうか。
 あまりにも動きがありませんでした。タイムアウトしても監督は知らん顔していましたし。
 熊谷桜子

・今日はセンター陣がほとんど印象に残りませんでした。サイド中心の攻撃でした。コンピもあまり決まって
 いませんでした。NECのマークが的確だったからでしょう。

・コート内も声が出ていなかったし、ムードもよくなかったです
 ↓試合終了後の応援団へのあいさつ
 デンソー選手たち

・エベリスベル
 ブロックによくつかまりました。ミスも記録にあらわれない物を含めて多かったように思います。
 怪我がまだ完治していないようで、試合終了後左手の指を固定していました。ガライフェルナンダと話しを
 していました。
 ガライフェルナンダ・エベリスベル

・鈴木裕子
 いつもの得意のライト攻撃に加え、レフトからの攻撃も決まっていました。ワンポイントブロッカーとの交代
 で熊谷が不在時はセッターとして努めていました。こういうことが出来るのはやはりイイです

・奥田恭子
 昨シーズンまで苦労していたレセプション。本当によくなりました。サーブではよく狙われますが大崩れは
 しなくなりました。攻撃機会は少なかったです。また、ジャンプサーブも力を抜いた感じでした。
 奥田恭子サーブ

・井上香織
 試合開始の序盤でブロードがブロックされたこともあってか、出番は少なめでした。
 井上香織サーブ


《チーム別感想:NECレッドロケッツ》
・ラリーはかなりの確率で制していたと思います。各選手繋ぐ気持ちがプレーに見えました。
 (一方のデンソーは…)

・今日一番に印象に残ったことは、チーム記録席にいる選手たちがタイムアウトの時など応援の音楽に合わせ
 て「NEC~!」などと声を出していることです。他チームでは見られないこと。なかなかイイですね。
 特に帯同していた内定選手がよく声を出したように見えます。

・ガライフェルナンダ
 今日も大車輪の活躍。この人にトスを上げれはなんとかしてくれます。バックアタックもパワフルですね。
 攻撃だけではなくて守備もさぼらずこなすところが凄いですね。

・松浦寛子
 最近、いい感じになってきたのではないでしょうか。ライト攻撃が面白いように得点につながっていました。
 逆の視点からするとデンソーももう少し試合途中でも対策しないとだめなのでは。
 苦し紛れで松浦麻琴からあがる二段トスにもうまく対処していました。

・井野亜季子
 サーブレシーブはいつも通り安定していました。サーブレシーブ成功率はリーグ一位の80.6%。
 試合後の勝利者インタビューされていました。初めて聞きます。珍しいのではないでしょうか?
 頭が少し切れましたが思わず録音しました。
 このチョイスは全日本選手だからなのか、今日のプレーからなのか…
 井野亜季子ガッツポーズ

・内田暁子
 松浦寛子好調のおかげで攻撃機会はいつもよりかなり少なめでしたが、不思議と存在感がありました。
 内田暁子レシーブ

・杉山祥子
 比較的打数は多かったですが、無茶ぶりはトスは少なかったような感じがします。オープンぎみはやっぱり
 どきどきします。
 松浦麻琴・杉山祥子

・秋山美幸/松浦麻琴
 チームメイトでもあり、ライバルでもあるこの二人。試合開始前にとてもいい雰囲気で話をしていました。
 秋山美幸・松浦麻琴
関連記事

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://badmoon0.blog24.fc2.com/tb.php/363-1813b9a3
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。