--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する

1/16 東レアローズ×NECレッドロケッツ[2010/11Vプレミアリーグ女子]

2011年01月19日 16:07

◆日程
 2011年1月16日(日)

◆試合会場
 町田市立総合体育館

◆試合結果
 東レアローズ 1-3 NECレッドロケッツ[16-25 21-25 25-15 29-31]

◆出場選手
NECレッドロケッツ
《スタメン:第一セット》
 内田暁子、内藤香菜子、松浦寛子、ガライ フェルナンダ、杉山祥子、松浦麻琴、リベロ:井野亜季子

《途中出場》
 八幡美樹、滝口奈美、秋山美幸、澁澤夏美

《控え》
 渡邊絢子、島村春世、リベロ:白垣里紗

東レアローズ
《スタメン:第一セット》
 田代佳奈美、木村沙織、築地保奈美、高田ありさ、迫田さおり、荒木絵里香、リベロ:濱口華菜里

《途中出場》
 宮田由佳里、小平花織、中道瞳

《控え》
 森万里子、和田麻里江、峯村沙紀、リベロ:木村美里


◆観戦記
TV観戦しました。またまた更新が遅くなってしまいました(._.)

会場には昨年まで東レアローズに在籍していた大山未希が観戦に来ていましたね。
気になったのはコート上のバレーボールには関係のないラインの目隠しがあまりきれいではなかったところ。

スタメンは、NECがいつものメンバー、そして東レはリエスベット(ベンチ外…大山未希オフィシャルブログ
によると体調がよくなかったとのこと)ではなく高田が入りました。

試合は第一セット、第二セットともにNECのサーブレシーブの安定と杉山、内藤の二人のミドルブロッカーが
存分に機能して2セット連取します。第三セットはNECが自滅気味で一転して東レがセットをとります。
第四セットは一進一退の攻防が続き、ジュースになり、そこからは両チームのエースの対決となりましたが、
最後は内藤のサービスエースでNECが勝利を収めました。

東レも内容自体は悪くなかったと思いますが、それ以上にこの試合のNECはミドルブロッカーが機能し、
サイドの決定率も上がったことで強かったです。


《チーム別感想:東レ》
・サーブミスが10本と多かった。

・サーブは内田狙いのようでしたが、この試合では大きく崩れることはありませんでした。

・前述しましたが、NECのミドルブロッカーが機能して東レはブロックが絞れず苦しい展開でした。

・木村、迫田のアタック決定率が41%とよく、普通なら東レが勝てるパターンだったと思います。

・迫田
 前半でスパイクが3本ほどブロックにつかまりました。以前ならそのまま引きずるケースが多かったですが、
 その後立て直すすことができました。
 スパイクを打つ瞬間に何度か声を出していました。私にとっては初めて見るシーンです
 ↓2010.12.12久光製薬×東レ戦より
 迫田さおり

・高田
 今日はいまひとつか…。ライト、レフトからのストレートはよく決まっていたように思います。

・田代
 迫田へのバックアタックなど、トスの精度があまりよくなかったような気がします。。

・中道
 第三セットからスタメン登場。けがをしているという話もありますが、見た感じではそれを感じさせない
 プレーでした。その結果、流れは東レに来ましたが、勝利にはつながりませんでした。

・濱口
 ここのところサーブレシーブはとても安定しています。
 ↓2010.12.12久光製薬×東レ戦より
 濱口華菜里

・築地
 NECはほぼノーマーク。スパイクは決まるがちょっと悲しい…。


《チーム別感想:NEC》
・第四セットのファーストテクニカルタイムアウト時点での得点トップ3は内田-杉山-内藤という顔ぶれ。
 ガライ一辺倒でないのが素晴らしい。バリエーションのある攻撃パターンをしていて強力。

・この調子を維持できるとすると、オポジットが安定するとめちゃくちゃ強いチームになりそうです。

・バックアタックのトスが上がって内田とガライが二人ともに打ちに行こうとした珍しいシーンがありました。

・杉山
 クイック、ブロードと本当に機能していました。こうなるとNECはやはり強いです。
 レフトでブロックに入ってそこからライトまで走ってのブロード攻撃は驚きました。横の動きが早いです。
 NEC伝統の杉山への無茶ふり(でもなんとかしてくれる)にも見えますね。
 ↓2011.01.09NEC×パイオニア戦より
 杉山祥子

・内藤
 クイックが早い。セミオープン担当。

・松浦麻琴
 ミドルブロッカーへのトスが早いですね。この試合でも、ミドルブロッカーをよく攻撃に使っていてNEC
 らしさを引き出していたように思います。

・松浦寛子
 ラリー中にトスアップができるのがチームとしてはかなりプラスになっています。
 昨シーズンしていた手首のテーピングはしなくなりましたね。第四セット終盤前衛レフトポジションでの八幡
 とのワンポイント交代はレフト攻撃が苦手だからでしょうか。

・内田
 表情がいつも違っていて試合中終始集中力を保っているように見えました。ミドルブロッカーが機能したこと
 (攻撃と全力の囮)にも助けられ、内田のサイド攻撃が一発で決まることが多かったです。
 レフトからの東レ木村のようなインナー打ちをしていました、初めてみました。
 ↓2011.01.09NEC×パイオニア戦より
 内田暁子
関連記事

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する


コメント

  1. 小さな名監督 | URL | -

    1/16 東レアローズ×NECレッドロケッツ

    みはえるさん、こんばんは。

    NECが東レに勝っちゃいました。
    ホームゲームのパワーでしょうか。

    現地観戦してきました。
    好ゲームでしたね。
    特に4セット目の終盤は、しびれる展開でした。

    内田がよく頑張った試合でした。
    前日の最終セットの八幡への交代が良い刺激になったのかもしれません。

    松浦麻琴も頑張ってくれました。
    (でも秋山を使って欲しい・・・)


    2日連続で現地観戦しましたが、
    車体と東レ相手に連勝し、イベントも楽しめたので大満足でした。


    これからのNEC快進撃に期待したいです。

  2. ライナー | URL | g8esksb2

    初コメントです。
    現地観戦していましたが、何というか・・・
    サーブミスが多すぎですね。
    最後のセットの競っている時にフラフラと上がったボールを
    遠距離にいたミチに任せて自分はスパイク態勢に入ってしまった
    余裕で拾える位置にいたサオリ
    結局それをミチが上げられずNECのマッチポイントとなり
    その後のサーブでエースを決められゲームセット。
    あの場でサオリが拾って誰かに任せていたら結果は違ったかも・・・。
    エースであるが故「私が決めるんだ」って強い気持ちが悪い方に
    出てしまった感じです。

    試合後、メンバーがクールダウンしている最中
    リオが菅野監督に怒られて泣いていました。
    特に悪かった所もないように思えたのに・・・。

    あと・・・AさんとSさん。ガライのスパイクを避けちゃダメでしょ(ノ∀`)
    まぁ自分も同じ立場なら避けるでしょうがw

    会場には来年度入団予定の二見、堀川の2選手の姿もありました。
    ミキがいたのは知らなかったです(笑)

  3. みはえる | URL | -

    Re: タイトルなし

    > 小さな名監督 さん
    こんばんは、NEC強かったですね~。
    現地観戦は最高だったのではないでしょうか。
    記事にも書きましたがこの勢いが続くかもしれませんね

    今週観戦予定の神戸は久光のホームゲームでイベントもあるようです。
    NECとの対戦なのでまたまた楽しみです。秋山のトスアップ見たいです。


    > ライナーさん
    コメントありがとうございます。
    現地率高いですね。ひょっとして今週は青森ですか?

    第四セットの最後はあのぽとりで流れが変わってしまいましたね。
    中道からは距離ありすぎ…
    あのシーンを見たときはライナーさんと同じことを感じていましたよ。

    迫田はアローズの怒られ役なんですかね。シーガルズの山口みたいに。
    セット間も監督からかなり厳しい口調でいわれていましたし。
    でも、素直に聞くのがリオ(迫田)のいいところで、彼女の好きなところです。
    一方、木村(沙)は監督の話ほとんど聞いてませんしね(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://badmoon0.blog24.fc2.com/tb.php/350-45e6368c
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。