--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する

FIVBワールドグランプリ2010 日本×イタリア

2010年08月22日 01:24

◆日時
 2010年8月21日(土)

◆試合結果
 JPN-ITA 1-3[23-25 25-27 25-21 23-25]

◆出場選手
日本
《スタメン第一セット》
 セッター:竹下佳江
 ミドルブロッカー:井上香織、山本愛
 ウィングスパイカー:木村沙織、江畑幸子
 オポジット:山口舞
 リベロ:佐野優子

《途中出場》
 石田瑞穂、荒木絵里香、井野亜季子

《控え》
 迫田さおり、松浦寛子

◆観戦記と感想
 FIVBワールドグランプリ2010予選ラウンド東京大会「日本×イタリア」戦をテレビ観戦しました。

 会場の代々木体育館は公式発表では8100人のお客さんです。スタンド見た感じでも上の席まで埋まっていま
 す。地上波放送は深夜になりましたが、まだバレーボールも捨てたもんじゃないですね。

 日本チームのスターティングメンバーは昨日の試合と同じです。
 第一セット第二セットとも接戦です。イタリアはセンターの早い攻撃を多くしている印象。そして日本は江畑の
 パワフルなスパイクが炸裂。しかし、20点以降のイタリアに強さがあり2セットを続けて落とします。
 第三セットは、江畑がイタリアのブロックにつかまりだしますが、不調だった木村がようやく調子をあげてき
 て、チーム全体がイイ雰囲気になり、相手の攻撃もブロックに当ててよく繋ぎセットを取ります。
 第四セットはイタリアはメンバーを替えて対抗、日本は木村が好調を維持しリードをしていましたが、最後
 ブロード攻撃などがつかまり逆転されてゲームを落としました。

 これで予選リーグ6勝2敗です。
 今日の試合は負けたものの昨日のドミニカ共和国戦よりもイイ試合だったと感じました。やはりイタリアは強い
 ですね。特にオルトラーニの決定力は凄かったです。決勝ラウンドでもイタリアとの対決があるようなので、
 今日の結果を分析してリベンジしてくれる事を期待しています。

《チーム全体》
 ・木村の調子がチーム全体を左右してしまいますね。第三セット以降は雰囲気が変わったように感じます
 ・控え選手の起用にもう少し変化をつけてほしいです。
 ・ブロックにかけてあとのつなぎが本当に良かったです。日本チームらしさが出た試合です。
 ・決勝リーグ進出決定しているので思い切った選手起用をしてほしかったです。

《選手別》
竹下
 ディグは本当に素晴らしかったです。ミドルブロッカーの多用は良いことなのですが、ブロードだけではなく
 クイックを増やしてほしいところです。20点以降が特にその傾向が強く読まれることが多くなってきています。

山口
 ポジションの関係もありますがようやく今大会ブロック得点2。攻撃の方はこれまでと変わらず好調を維持して
 います(スパイク決定率48%)。井上とのコンビが1,2回止められていましたが、まだまだ有効な攻撃です。

木村
 第二セットまでは殆ど攻撃が決まりませんでしたが、1枚ブロックで相手の攻撃を止めてからスパイクも調子が
 出てきました。ブロックも1枚ブロック2得点を含め計4得点で良かったです。チームとしては木村の調子が
 戻らなければ3-0も濃厚でした。やはり彼女はチームのかなめですね。

井上
 試合後半ブロードがつかまりだしましたが、トータル的にはいつもの多彩な攻撃パターンで得点をあげていました。

江畑
 23得点で本日のベストスコアラーです(決定率43%)イタリアチームには相性がいいのかもしれません。
 特に第一第二セットはイタリアの2枚ブロックをぶちぬいたり、利用したりとうまかったです。

山本
 竹下とタイミングあった時は本当にスピードがあってぼぼ100%決まりますが、タイミングが合わないことが
 多かったですね。昨日の試合でミスった不用意なスパイクは打っていなかったのはok、きっちり修正してきて
 います。

◆Best Player[Best10 Rank In]
Best scorers
 2 Kimura Saori(141)↑

Best spikers
 5 Yamaguchi Mai[44.69%]↓
 10 Kimura Saori[39.08%]↓

Best blockers
 2 Inoue Kaori[1.03/set]→

Best servers
 2 Kimura Saori[0.59/set]→
 5 Takeshita Yoshie[0.45/set]→

Best diggers
 2 Sano Yuko[3.21/set]→
 7 Kimura Saori[2.55/set]↓

Best setters
 2 Takeshita Yoshie[9.86/set]↑

Best receivers
 2 Kimura Saori[46.05%]↑

Best liberos
 1 Sano Yuko[6.14/set]↑
関連記事

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する


コメント

  1. バレー好き | URL | -

    FIVBワールドグランプリ2010 日本×イタリア

    みはえるさん、こんばんは。

    日本vsイタリア 現地観戦してきました。

    満員の大観衆!
    ジャニーズのサポーター無しで満員なのは、
    純粋にバレーボール好きな人が沢山いるということで嬉しい限りです。
    (ジャニーズが来ていた時は、試合を真剣に見ていない人が結構いました)


    試合には負けてしまいましたが、内容は悪くなかったと思います。

    イタリアのレシーブが良かったですね。
    日本も悪くはなかったんですが、
    イタリア以上のレシーブ力が無かったのが敗因でしょうか。


    竹下のトスワークが偏って相手に読まれることが多かったですね。
    流れを変えられる控えセッターがいないのが、
    日本チーム最大の弱点だと思います。


    木村が2セット目まで不調だったので心配しましたが、
    3セット目から復調したので安心しました。
    チームの大黒柱・木村が活躍しないと苦しいですね。


    佐野の調子がイマイチだったのが気になります。
    決勝ラウンドでは、濱口の起用も考えたほうが良いかもしれません。


    第一試合のドミニカvsオランダは、
    攻撃型チーム同士の撃合いの試合。
    お互いにレシーブ力を上げないと上位には行けないですね。

    Vリーグでプレーしていた選手にも注目しながら観戦しました。

    ドミニカのロンドン、ヌネスはキレの良いスパイクやサーブを撃っていました。
    オランダのフールマンは動きが良くなかったです。昔の良いイメージがあったので残念。


    岡山大会の週は、ビーチバレー現地観戦のため、WGPをあまり見れませんでしたが、
    東京大会からWGPモードに切り替りました。
    決勝ラウンドでも健闘を期待したいです。

  2. みはえる | URL | -

    Re: FIVBワールドグランプリ2010 日本×イタリア

    > バレー好きさん
    現地観戦ですね羨ましい限りです。今年は全日本の試合が近場に来ないのでテレビオンリーで残念です
    試合の内容については同じような印象を持たれたようで、セッターについては全く同感で、一番の課題ですね。

    Vリーグでプレーした選手は私もやはり気になるところで、デンソー在籍していたスタエレンスもいました。
    TV解説は「日本チームはスタエレンス対策できています。」としきりに言ってましたが、今年までVリーグで
    戦っていたのだから…という気がしました。

    決勝リーグも応援していきましょう!!

  3. バボ | URL | -

    テレビ画面に騙されてはいけません。
    テレビに映っている所は埋まっていますが、反対側の3階スタンドは無人です。
    かなりの招待者もあったようですし、やはりジャニオタが来ないと代々木クラスの会場は埋まらないと思います。

  4. みはえる | URL | -

    Re: タイトルなし

    バボさん

    情報ありがとうございます。
    テレビカメラのアングルを工夫していたんですね^^
    まぁ、8000人でも凄いことだと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://badmoon0.blog24.fc2.com/tb.php/282-80d5864b
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。