--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する

個人賞(2009/10Vリーグ)

2010年04月15日 02:51

「最高殊勲選手賞」木村沙織(東レ) 初受賞
 インタビューでは謙遜していた木村。
 今シーズンの活躍でMVPはあなた以外にあり得ません。
 日本人最多得点、レセプション受け数1000オーバー、アタック数ヨンギョンについで二位、サーブ効果率3位…
 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/other/volley/text/201004110005-spnavi.htmlを読む
 と壮絶だったことが伺えます。セミファイナルの姿を見て痩せすぎだなぁとは感じていました…
DSC_0245.jpg
MVP木村沙織

「敢闘賞」キム・ヨンギョン(JT) 初受賞
 こちらもこの人しかあり得ません。JT快進撃の立役者です。JT戦は現地観戦しましたが、決勝戦以外はすべて
 勝ちで楽しかったです。ありがとう、ヨンギョン。
敢闘賞 キムヨンギョン

「最優秀新人賞」熊谷桜子(デンソー)
 熊谷大本命、穴でNEC松浦かなと思っていましたが、順当な選考です。
 シーズンを通じて全試合デンソーのセッターを務めあげました。
 シーズン当初はスタエレンスとなかなか合わないように見えましたが、それを乗り越えると静かな闘士など素晴ら
 しかったです。
熊谷桜子
 
「ベスト6賞」
 ・木村沙織(東レ) 3年連続3回目
 ・キム・ヨンギョン(JT) 初受賞
 ・迫田さおり(東レ) 初受賞
 ・山本愛(JT) 初受賞
 ・荒木絵里香(東レ) 2年ぶり4回目
 ・竹下佳江(JT) 6年ぶり4回目
 デンソーの井上、東レの中道あたりも可能性としてはあったかと思いますが、順当な選考だと思います。
 ヨンギョンと木村がお互いに讃えあう姿が印象的でした
ベスト6

「ベストリベロ賞」濱口華菜里(東レ) 初受賞
 リベロはなかなか激戦だったのではないでしょうか。
 数字的にはNECの井野、プレーではJTの井上、デンソー片下、久光の佐野なども。
「ベストリベロ賞」濱口華菜里

「レシーブ賞」井上琴絵(JT) 初受賞
 おめでとうございます。スーパーディグは今シーズンかなり楽しませてもらいました。
 レセプションでも第三位に躍進!さらに磨きをかけてほしいです。
「レシーブ賞」井上琴絵

「得点王」キム・ヨンギョン(JT) 初受賞
 2位に100点以上の差をつけてぶっちぎりのTOPです。低いトスからの早いバックアタックは何度も痺れま
 した。来シーズンも日本でプレーするのでしょうか。
得点王 キムヨンギョン

「スパイク賞」荒木絵里香)(東レ) 2年ぶり2回目
 数試合怪我で欠場しましたが、日本復活シーズンにタイトル獲得は素晴らしいです。
スパイク賞荒木絵理香

「ブロック賞」井上香織(デンソー) 3年ぶり2回目
 荒木と激戦の上獲得!センスのいいブロックは見ていて楽しかったです。
ブロック賞井上香織

「サーブ賞」迫田さおり(東レ) 初受賞
 こちらも終盤大激戦だった部門。いままで外国人選手の陰に隠れて控えだった迫田がついにタイトル獲得。
 感慨深いものがあります。タイトルはありませんが、バックアタック決定率も第一位です。
サーブ賞迫田さおり

「サーブレシーブ賞」成田郁久美(パイオニア) 9年ぶり4回目
 さすが安定していますね。スパイカーとして復活しましたがそちらはあまり目立つことはありませんでした。
サーブレシーブ賞成田郁久美
関連記事

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する


コメント

  1. k2 | URL | 0ahh5bFw

    Re: 個人賞(2009/10Vリーグ)

    このボールになってからサーブの変化が凄くて、サーブレシーブは大変だと思います。あ、レセプションとかディグという表現は私にはあまり馴染めないので使ってません(笑)
    ベスト6、私的には荒木選手より井上香織選手かな?他の個人賞は全て納得です。迫田選手は嬉しい受賞でした。荒木選手の捻挫での4試合欠場がなければブロック賞は取ってたかな?1本差でしたっけ?

  2. みはえる | URL | -

    Re: Re: 個人賞(2009/10Vリーグ)

    k2さん、こんばんは。

    聞いたことがあるキーワードはもれなく使ってみました(笑)
    サーブレシーブは記憶の新しい所では決勝戦でJTは井上と川原の間を狙われて
    崩れてしまいました。落ちたり伸びたりゆれたり難しそうですね。
    一度体感してみたいです。

    今年の賞は割と納得感がありました。
    過去にはなんで~と思う選考がたまにありましたね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://badmoon0.blog24.fc2.com/tb.php/231-71f0d8a0
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。