--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する

V・プレミアリーグ パイオニアvsJT/武富士vsデンソー

2009年01月19日 23:02

日程:2008年1月18日(日)
場所:神戸総合運動公園体育館(グリーンアリーナ神戸)

先週に続いて2週連続での観戦です。私にとっては超ハイペースです。
会場まで結局電車で乗り継ぎ乗り継ぎで2時間30分かかりました。思っていたより遠かったです。
地下鉄「総合運動公園駅」から3分程度のところですが、コンビニは駅を出てすぐ左側の歩道橋を
渡った所にしかないので注意が必要です。

今回は当日券だったので、売り場に行くと、座席表を見せてくれて選ばせてくれました。
当然前売りでよい席は売れているのですが、コードサイドで割りと良い席が1つだけ空いてたので
その席を選んで無事購入できました。

初めていく会場なのですが、テレビで見た印象とは違いとてもコートに近いところに指定席が
ありました。当日券としてはラッキーなコートサイドの良い場所でした。
Image069.jpg

通路にJT応援団の機材があったので撮影しました。俗に言うシンセサイザーです。
鍵盤にどれを押すとどの音楽が流れるか書いてあります。
Image068.jpg

今回もJTのホームゲームということで試合開始前にボールの投げ込みがありました。
ベンチの後方だったので、選手たちの表情が良く見えて面白かったです。
井上とタチアーナが談笑していたり(何語?)西山妹は一瞬ですがメガネをかけていました。
竹下は一人でたんたんとウォームアップ。同期である井上と川原もよく会話していました。

■第一試合 パイオニア 3 - 1 JT[15-25 26-24 26-24 25-13]
 第一セットはJTが突っ走ってピンチもなくセットを取りました。パイオニアは途中でセッター
 を小濱に変えて流れを変えようとしましたが及びませんでした。年明けは南がベンチ入りせず
 小濱が入っていますが、吉田監督の意図は何かあるのでしょうか。私は応援している選手
 なのでうれしいですが。
 第二セットからジュースになってかなりの接線でした。ハニーフと栗原が好調でガンガン決め
 ていました。高さがあります、パワーもあります。かたやJTは谷口は決まるものの他の選手
 がなかなか決まりません。センターはいつもと同じく空気状態でした。第三セットは最後JTに
 流れが来ていましたが、セットポイントで久保がブロードを失敗して、結局セットを落としてしま
 いました。
 第四セットはそのままの流れで完全にパイオニアペースでJTはなすすべもなくパイオニアが
 勝利。
 私自身も凹んでしまって応援に力が入らず。。。こういう時こそ応援しないといけないのに。

 最後に栗原がサーブの時にブーイングをしている人たちがいました。あれはよくないと思い
 ます。オリンピックの中国の観客と同じになってしまいます。応援しているチームを応援しま
 しょう。


■第二試合 武富士 3 - 0 デンソー[26-24 25-20 25-23]
 デンソーの生観戦は初めてです。
 デンソーは昨日怪我をしたセッターの横山が杖をついて会場に来ていましたが、当然ベンチ
 入りもせず、セッターは鈴木でした。試合開始前に眞が鈴木に声をかけていました
 「頑張って!」試合前の練習では、他チームとは違って激しいレシーブ練習もしていました。
 達川監督自らボール打って。
 
 試合の方は、これまでの強いデンソーとはぜんぜん違いました。セッターが違うとこうも変わ
 るものなのでしょうか。まず、センターの井上と矢野が殆ど機能していませんでした。
 この二人のプレーは楽しみにしていたのですが、残念でした。また、得意のブロックもほとん
 ど出ず、デンソーカラーが出ることなくストレートで負けてしまいました。本音を言うとリーグが
 混戦になって面白いという気持ちはありますけど。
 本田つばさのサーブは流れを変えますね、本当に。今後が楽しみな選手です。サーブを打つ
 前に必ず大きな声を出してから打つのが初々しいです。
 前から思っていたことで、デンソーは出場メンバーが固定で控え選手が試合に出る機会が
 他チームより少ないのではないでしょうか。TV放送で誰かが言っていましたが、試合に出て
 経験をつまないと成長できないと思うのですが、いかがでしょう。

 武富士バンブーは、石川が成長しましたね。少し前までは空気のような時期もありましたが、
 センター攻撃やブロックで活躍しています。内藤-石川ラインが確立できて来たように感じ
 ます。吉澤も守備も安定していたし、攻撃面もそこそこ決まっていました。髪にバンダナの
 ようなもの(久光の先野がよくしているような)をつけていました。
 あと、石田もパワフルでがんがん決めていて勢いを感じました。

 勝利者インタビューは内藤・石川両選手でした。
 客席からご婦人が「石川ちゃんカワイイ」と声援を送ったら恥ずかしそうに会釈していたのが
 かわいらしかったです。
関連記事

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://badmoon0.blog24.fc2.com/tb.php/15-037dc9a8
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。