--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する

日本vsブラジル ワールドグランプリ2009

2009年08月15日 11:14

JPN-BRA 1-3[12-25 19-25 25-15 13-25]

《スタメン》
 竹下佳江・谷口雅美・木村沙織・栗原恵・荒木絵里香・庄司夕起・L佐野優子

《途中出場》
 狩野舞子・坂下麻衣子・岡野弘子・井上香織・濱口華菜里

《得点》
 Kurihara Megumi 9 - 1 10[アタック-ブロック-サーブ-合計得点の順]
 Takeshita Yoshie 1 - - 1
 Inoue Kaori 7 2 - 9
 Shoji Yuki 3 - - 3
 Araki Erika 6 - 1 7
 Kimura Saori 15 - 1 16
 Kano Maiko 6 - 1 7
 TANIGUCHI Masami 1 - - 1(なぜか名前が全部大文字)

スタメンに谷口を起用。第一セット開始直後は谷口の得点でスタートするものの谷口自身はその得点
後は決まらず1点のみで狩野に交代。ブラジル相手だけではなかなか判断がつきません。
韓国戦にも出場してほしいところです。このセットはラリーになることもなくあっさりと終了。

2セットはTV放送が途中から始まったので、ここで1セットは取れたんだとわかってしまいました。
(時間の引き延ばしをしなかったらこの試合内容ならカットする必要もなかったはず)

3セットはブラジルのミスが連発してなんとセットを取りました。それもブラジルは15点。
バレーボールは流れのスポーツなんだと実感しました。ただそれ以外は日本が10点代ですので
これが今の実力の差をあらわしていると思います。

4セットはブラジルの攻撃がようやく日本のブロックにあたりだし、ラリーに持ち込めるようになりまし
た。この点は1セットに比べてよくなってきていました。

日本はサーブレシーブが乱れたことが敗因の1つだと思いますが、その中で、木村は高いブロックを
相手によく健闘して16得点とりました。栗原も10得点ではあるものの難しい2段トスを決めきって
いました。栗原の攻撃はバリエーションが増えて(高橋ばりに上に向かって打ってブロックアウトもあっ
た)よくなってきた感じがします。

庄司に代わって途中出場した井上もようやく彼女らしさが発揮できたように思います。
スピードと幅のあるブロードと日本唯一のブロック2得点など。庄司との交代より荒木と変えたほうが
面白かったような気がします。あと、竹下はトスミスが多かったですね。

今日の韓国戦は完全アウェイの中、普段通りのプレーをできるかがポイントでしょう。

■各ランキング10位以内を抜粋
Best scorers
 -
Best spikers
 -
Best blockers
 -
Best servers
 5 Sakashita Maiko
 7 Kurihara Megumi

Best diggers
 2 Sano Yuko

Best setters
 1 Takeshita Yoshie

Best receivers
 3 Kimura Saori

Best liberos
 4 Sano Yuko
関連記事

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://badmoon0.blog24.fc2.com/tb.php/134-aef29956
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。