--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する

【現地観戦】1/29 JT×パイオニア[2010/11Vプレミアリーグ女子]

2011年01月31日 00:07

◆日程
 2011年1月29日(土)14:00~

◆会場
 刈谷市総合運動公園体育館(ウィングアリーナ刈谷)
  ※座席表
  刈谷市総合運動公園体育館(ウィングアリーナ刈谷)座席表

◆結果
 JTマーヴェラス 3-0 パイオニアレッドウィングス[25-22 25-19 25-22]

◆出場選手
JTマーヴェラス
《監督》
 石原昭久

《スタメン:第一セット》
 山本愛、竹下佳江、高木理江、石川友紀、谷口雅美、キム ヨンギョン、リベロ:井上琴絵

《途中出場》
 坂下麻衣子、吉澤智恵、西山慶樹、川原麻実、平井真栄

《控え》
 リベロ:千葉智枝美、芥川愛加

パイオニアレッドウィングス
《監督》
 宮下直樹

《スタメン:第一セット》
 スタエレンス シャイーヌ、香野晶子、成田郁久美、今野加奈子、沼田さくら、冨永こよみ、リベロ:吉田真未

《途中出場》
 佐々木みき、杉本早希、板橋恵、多治見麻子、芦野李沙

《控え》
 田村翔子、リベロ:古屋美紀
パイオニアレッドウィングス整列

◆観戦記
《試合まで》
会場には早く到着しました。この会場はVプレミアリーグの場合、常設の駐車場と隣接するグランドを
臨時駐車場とするので、駐車場の心配がないところがいいです。
もう一ついいのは、体育館の施設の休憩スペースが広く、開場前にもゆっくりできるところです。

愛知県バレーボール協会のサイトに土曜日日曜日のチケットは完売した旨掲載されていました。
会場入口の所に「当日券は販売いたしません」の張り紙がありました。
チケットをさばけるものは早くさばきたいのはよくわかりますが、当日券の枠は別途枚数確保しておくべきでは
ないでしょうか。変に敷居を高くすることは避けた方が得策だと思うので、その旨アンケートに記入しました。

開場時間は、愛知県大会のいつも通り1時間30分前です。
トヨタ車体のホームゲームということで、入口でトヨタ車体のスティックバルーンと試合スケジュールの書いた
カレンダーを配布していました。
座席は1Fの限りなくエンドよりではずれでした^^。足元のスペースは広い目でなかなかゆったりとしています。
座席は昨シーズンから変わったような気がします。

第一試合は若干の空席がありましたが、ほぼ満員となりました。公式発表では1920人です。
見た目にもキャパはあまり多くありません。

会場に入った時は、パイオニアが練習をしていました。
栗原の練習が軽めに見えたので、今回もベンチ入りしないことがなんとなくわかりました。
ジャンプサーブもフローターぎみに練習していました。
栗原恵

モッパー・ボールリトリバーの紹介がありました、愛知県高校生のバレーボール部員たち。この紹介は世界
バレーでも行われていました。


《試合》
試合開始前のJTのウォーミングアップでは、元武富士バンブー組石川、吉澤、平井が固まって(たまたまだと
思いますが)していました。

スタメンJTはいつものメンバーですが、ヨンギョンの対角は高木を起用してきました。
吉澤が前週の試合で好調だったようですので意外な気がしました。ベンチ外は、位田、西山姉、河合、加藤。
位田は調子が悪いのでしょうか…。
一方のパイオニアは、いつものメンバーで、古屋がリベロではありますがメンバーに入っています。

試合は、第一セットは一進一退でサイドアウトが続きますが、終盤ヨンギョンを中心とした攻撃でJTがセット
を取ります。第二セットは序盤から終始JTがリードして優位に試合を進めてセットを取ります。
第三セットは両チーム接近した戦いが展開されましたが、第一セット同様終盤にサイドからの攻撃に決定力の
あったJTがセットを取り、勝利します。勝利者インタビューはキム・ヨンギョンです。


《チーム別感想:JT》
・サーブは前半徹底的に前衛をぎりぎり狙っていました。攻撃のパターンを減らす作戦なのでしょうか。
 記録を見ても相手ミドルブロッカーがレシーブしていることからもわかるかと思います。
 ただ効果が本当にあったのかは疑問が残ります。最近リーグでのブームになっている感じもしています。

・チームのアタック決定率が53%と驚異的な数字。どの選手も高い数字で穴がありません。
 この状態だとチームとしてもかなり強いですね。

・竹下
 トスワークがさえていたように思います。ほとんどラリーが続くことなく一発でスパイクが決まりました。
 チーム決定率が50%オーバーはすごい。
 石川がブロックしたボールを見失った時に大きな声で指示しているのが聞こえました

・高木
 レフトからのインナー打ちが効果的だったように思います。今日驚いたのがバックアタックです。
 一度トスが上がった時はアレッ?と思ったのですが、また別の時にも上がっていたので、ついに高木もバック
 アタッカーの仲間入りです。完成度をあげていけばチームとして攻撃のバリエーションがまた増えることに
 なります。位田との違いにもなりますね。
 
・ヨンギョン
 力がいい感じに抜けたスパイクと時折織り交ぜるフェイントでどんどん得点していきました。
 で、たまに本気モードでスパイク打つとその迫力に会場内がどよめきます。公式記録ではスパイク決定率70%
 オーバー。そりゃぁほとんど決まって見えて当然の数字でした。
 でもって失点0、サーブレシーブ成功率76.9%と非の打ちどころがありませんでした。
 そして気が付けば、リーグアタック決定率はミドルブロッカーが上位を独占している中で第一位です。
 サイドでトップということはぶっちぎり状態だと言えます。
 キムヨンギョン

・谷口
 スパイクはよく決まっていた方ですが、バックアタックや、ラリー中のプレーなどでちょっとプレーが雑な
 時があって気になりました。
 谷口雅美

・井上
 サーブレシーブが少し乱れることがありましたが、スパイクレシーブはいつも通りイイ動きであげていました。
 井上琴絵

・吉澤
 第一第二セット途中、高木に代わってコートイン。これがパターン化していました。先週に引き続き
 スパイクが好調で。サーブレシーブも安定していて安心して見ていられます。JTの昨シーズンとの違いの
 一つがここにあると思います。

・平井
 第三セット後半二枚替えで川原とともにコートイン。チーム加入後初登場になります。
 トスアップを注目してみましたが、緊張感が伝わってきます。なんとなくおそるおそるといった感じ
 (プラス思考で考えると丁寧)に見えました。竹下と比べると明らかに山並みの高いトスアップでした。
 実践感覚を積ませるという意図で起用しているとは思いますが、マダマダだと思います。
 これなら河合の方が断然いいでしょう。
 平井真栄

・坂下
 久しぶりにスパイクシーンを見ましたが、精彩がないように見えました…。

・西山慶樹
 西山慶樹


《チーム別感想:パイオニア》
・控えゾーンで選手たちとすれ違いましたが、パイオニアの選手は高さがありますね。セッター富永175cm
 だし、他の選手もたいがい180オーバーですから…。

・今日も高橋の姿が見えませんでした。気になります。

・JTに負けはしたものの、スタエレンスを中心に攻撃力も出てきていますし、チーム状態は悪くないような
 感じがします。後半戦6位以上にあがる可能性もあるではないでしょうか。

・富永
 ミドルブロッカーをよく使っています。これで決まるときはチーム全体が強くなるのでしょう。
 ピンチサーブで板橋が入ったときは一瞬アタッカーになっていました。
 冨永こよみ

・板橋
 ピンチサーブで登場。サーブを打つ時の「いけ~」が今回もありましたが、得点にはつながりませんでした。
 練習中には多治見コーチからアドバイスを受けていて「はい!」と。ベテランですが気持ちのいい返事です。

・多治見
 途中出場。今日の試合の流れであれば、もっと早くに投入してもよかったかもしれません。
 動きは38歳にはとても見えません。

・今野
 これまでは佐々木が出ていたポジション。長めのスパイクとかコース打ちなどもしていて決定力がありました。
 あとは波がなくなればいうことなしですね。
 今野加奈子
 
・スタエレンス
 シーズン当初は今シーズンやばいかもと思った時もありましたが、攻撃はもちろんのことサーブレシーブを
 含めてオールマイティーに自分の役割をこなしています。チームが勝てるようになってきたのは、この人が
 馴染んで機能しだしたことが大きいような気がします。
 スタエレンス シャイーヌ

・沼田/香野
 昨シーズンからすると成長しているように感じます。やはり実践経験を積むことは大切なことがわかります
 (沼田は試合にすらほとんど出ていなかったのに)

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事
スポンサーサイト

【現地観戦】1/23 岡山×デンソー[2010/11Vプレミアリーグ女子]

2011年01月28日 01:27

◆開催日
 2011年1月23日(日)

◆会場
 神戸総合運動公園体育館(グリーンアリーナ神戸)

◆結果
 岡山シーガルズ 0-3 デンソーエアリービーズ[18-25 14-25 23-25]

◆出場選手
岡山シーガルズ
《監督》
 河本昭義

《スタメン:第一セット》
 川畑愛希、山口舞、卜部里菜、福田舞、森和代、宮下遥、リベロ:丸山亜季

《途中出場》
 吉田みなみ、堀口夏実、岡野弘子、野口彩佳、小林亜里沙

《控え》
 リベロ:米村信子、若浦 貴子

デンソーエアリービーズ
《監督》
 達川実

《スタメン:第一セット》
 奥田恭子、矢野美子、鈴木裕子、エベ リスベル、井上香織、熊谷桜子、リベロ:櫻井由香

《途中出場》
 石井里沙、真柴咲紀、本田つばさ

《控え》
 細田絵理、井上奈々朱、栄絵里香、リベロ:高橋菜穂子
デンソーエアリービーズ整列

◆観戦記
岡山は隣の県ということもあってか、大応援団です。
試合開始前にシーガルズ応援団の人が応援団席下の1F指定席の人たちにスティックバルーンを配っていました。私もいただきました。なので、今日はシーガルズを応援することにしました(とても単純です^^)
地元兵庫県出身の選手が放送で紹介されます。井上香織…、あと2,3人紹介ありましたが忘れました。

スタメン岡山はセッターが宮下です。
宮下遥
デンソーはいつものメンバーですが、ローテーションが奥田からサーブスタートです。
試合は第一セット、第二セットともにエベと鈴木を中心とした攻撃で終始デンソーがリードをして連続して
セットを取ります。

途中、岡山の応援の音楽が大きいとボリュームを下げるように指示されていました。
でも、シーガルズの応援のメインは生の声です!音量を下げてもほとんど影響なく、背中のほうから聞こえて
くる迫力のある応援は素晴らしかったです。

第三セットは、デンソーが序盤リードをして、岡山がセッターを宮下から岡野に交代。この河本監督の采配が
的中してその後岡山に流れがきて20点手前で同点に追いつきます。
そこからも一進一退の攻防が続きますが、最後はデンソー粘りを見せてこのセットも取り、勝利を収めました。
勝利者インタビューは、地元井上香織でした。
井上香織

試合終了後、ゴミ箱にシーガルズのスティックバルーンが捨てられているのを見て、残念な気持ちになりました。


《チーム別感想:岡山》
・デンソーがサーブで攻めていたこともあって、サーブレシーブが乱れ、持ち味のコンビバレーができず、
 単調な攻撃になってしまったと思います。

・また、持ち味のつなぎもよくなくて相手の攻撃が1本であっさりと決まるシーンが多かったように思います。
 どうもコート内の連携も今一つといった印象を受けました。

・試合終了後の雰囲気を見ていると何人かの選手は笑顔で知り合いか誰かに手を振っていました。
 そんな光景を見てしまうと負けることに慣れてきたのか?と思ってしまいます。

・吉田
 途中からレフトポジションでコートイン。攻撃はあまり決まりませんでした。
 守備のほうでは、デンソー井上香織のクイックにいったん入ってからのブロードに振り回されていて
 ほぼフリーで打たれていた。吉田は高さもありませんし、リベロのほうがよいのではないでしょうか。

・森
 攻撃面ではほとんどイイところがありませんでしたが、ブロックはきっちりとつけていて3得点でした
 森和代

・山口
 久しぶりにアタック決定は高かったものの攻撃機会自体は少なかったです。最近、打ち始めているバック
 アタックで1得点。今日のようにサイド攻撃が厳しい時には目先を変えるためにも本数を増やす作戦もあり
 ではないでしょうか。あとは、個人的に好きな卜部とのダブルブロード1本決定。
 山口舞・福田舞・森和代

・岡野
 第三セット途中で出場して、岡山に流れを持ってくることができ、デンソーに大差をつけられていましたが、
 同点に追いつきました。

・卜部
 久しぶりのスタメンだったのではないでしょうか。しかしながら彼女の良さが出ることありませんでした。
 卜部里菜

・堀口
 たぶん初めてプレーを見ると思います。宮下の交代セッターとしてコートインしました。
 ん~、特に印象に残ったプレーはありませんでした。

・福田
 もう元古巣との対決という感じが全くしなくなりました。
 福田舞

《チーム別感想:デンソー》
・今季ストレート勝利が初めてだったようです。これだけ攻撃が決まると(チームの成功率が50%)と比較的
 楽な試合展開だったのではないでしょうか。

・井上香織
 ここのところ攻撃は低調な試合が多かったですが、この試合ではブロード攻撃がよく決まっていました。
 ブロックでも3得点。

・鈴木裕子
 ミドルブロッカーのおとりからのライト攻撃などが面白いように決まっていました。
 鈴木裕子

・櫻井
 「ツーあるよ」を盛んに大きな声で叫んでいました。新しいパターンですね

・熊谷
 熊谷桜子

・エベ
 エベ リスベル

※記事を読み返すと厳しい書き方が多くなってしまいました…。岡山の奮起に期待を込めてです。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

狩野舞子オフィシャルブログ

2011年01月25日 19:56

久光製薬スプリングスを昨年7月に退部し、イタリア1部リーグセリエA「パビア」で
プレーしている、狩野舞子のブログが開設されています。

狩野舞子オフィシャルブログ「kanomaiko@Italy」

初投稿が1/11ですので、かなり気が付くのが遅かったです。
海外チームですとなかなかプレーを見ることができませんし、活動情報も把握しにくいので
選手自身がこのような形で伝えてくれるとうれしいですね。

狩野舞子

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

【現地観戦】1/23 NEC×久光製薬[2010/11Vプレミアリーグ女子]

2011年01月24日 23:59

◆開催日
 2011年1月23日(日)13:00~

◆会場
 神戸総合運動公園体育館(グリーンアリーナ神戸)

◆結果
 NECレッドロケッツ 1-3 久光製薬スプリングス[18-25 25-19 15-25 23-25]

◆出場選手
NECレッドロケッツ
《監督》
 山田晃豊

《スタメン:第一セット》
 内田暁子、内藤香菜子、松浦寛子、ガライ フェルナンダ、杉山祥子、松浦麻琴、リベロ:井野亜季子

《途中出場》
 八幡美樹、滝口奈美、秋山美幸、渡邊絢子、島村春世

《控え》
 澁澤夏美、リベロ:白垣里紗

久光製薬スプリングス
《監督》
 大東雅史
 大東雅史監督

《スタメン:第一セット》
 原桂子、石田瑞穂、岩坂名奈、エリザンジェラ・オリヴェイラ、新鍋理沙、平井香菜子、リベロ:座安琴希

《途中出場》
 先野久美子、古藤千鶴、筒井視穂子、長岡望悠

《控え》
 水田祐未、石井優希、リベロ:筒井さやか
 久光製薬スプリングス整列

◆観戦記
開場時間は12:00です。
試合会場に入るときに久光製薬のホームゲームということで、スクラッチカードを配布していました。
一等があたると選手との記念撮影ができるという企画です。当選したら誰と撮影しよ~かと一瞬考えてましたが、
ハズレの参加賞でした(久光製薬のサンプル品)。
座席は副審側の1F席で、後方が久光製薬の応援団席です。

第一セットはNECが出だしはリードします。このセットは流れがいったり来たりしていましたが、終盤の久光
製薬の長岡、平井、石田の4連続ブロック得点(とても見応えありました)で久光のほうに流れが一気にきて
久光がセットを取ります。
第二セットはNECがセッター秋山を投入したことの効果があってか、終始NECがリードした展開でそのまま
セットを取ります。
第三セットは久光製薬が岩坂に代えて先野を投入。中盤で久光製薬が連続得点をしてセットを取ります。
第四セットはNECが3人目のセッター松浦を、ライトに八幡を投入しました。セット後半まで両チーム一進
一退の攻防が続きましたが、最後は久光がエリザンジェラにボールを集めて得点を重ねセットを取って、勝利を
収めました。

勝利者インタビューは原で、試合の感想やこれからの豊富、観客へのメッセージを話していました。
原桂子インタビュー
その後、久光製薬選手全員によるサインボールの投げ込みがありました。


《チーム別感想:NEC》
・セッターが松浦麻琴→秋山→松浦寛子と変わって見て、あらためて今年のチームはスパイカーが松浦麻琴の
 タイミングに合わせていると実感しました。変わった順にトスのスピードが下がっていきましたので、松浦寛子
 の時は、スパイカーで空中で待っているような感じの時もありました。

・フェイントに結構やられていたので、修正が必要か。

・松浦麻琴
 第一セットはいつも通りプレーしましたが、セット間で他の選手は輪になっている時に一人座っていたので
 気になっていたら、第二セット以降はコート上に姿が見えませんでした。何かのアクシデントかもしれません。
 松浦麻琴のサーブ

・秋山
 第二セットついにスタメンで登場。今シーズン初めてのスタメンです。おそらく試合でのトスアップも初では
 ないでしょうか…。セッター交代で第一セットの悪い流れをNECに引き戻すことかできました。
 第三セットは逆に大差でセットを取られ第四セットは控えに回る結果になりました。
 やはり試合勘が若干鈍っているような印象を受けましたし、トスが戻ることがありましたが、試合中の気合の
 入った表情を見ると久しぶりのトスアップに対する気持ちは十分に伝わってきました。
 ↓杉山にCクイックのトスアップ↓
 秋山美幸トスアップ

・松浦寛子
 ライト攻撃がよく決まっていましたし、打数もかなり多かったです。いつもこれくらい決まるとチームとして
 も安定感が出てくるでしょうね。NECの今後の鍵を握るかもしれません。
 第四セットは予定外だったと思われるセッターでしたが、そつなくこなしていた様な気がします。
 ジャンプトスはさすがに高さがあります。
 松浦寛子トスアップ

・内藤
 今日は攻撃面ではまったくいいところがありませんでした。タイミングも会うことが少なかったですし、
 ボールにジャストミートすることも少なく、打った瞬間「ぺこん」というような打球音でした。
 ブロックはさすがです、4得点。今シーズン好調を維持しています。
 あとタイムアウト中に選手同士での話し合いの中心になっていました、キャプテン。
 ↓Aクイックに入るシーン。写真ぶれていますが気に入っています。きっと内藤の動きが速すぎるから(笑)
 内藤香菜子クイック

・杉山
 今日も健在。ブロードだけではなくてクイックでも得点を重ねていました。
 杉山祥子ブロード攻撃

・井野
 安定したサーブレシーブ。ディグも好レシーブしていました。
 井野亜季子

・ガライ
 いつもの決定力が感じられませんでした。久光にブロックワンタッチ取られたり、レシーブされたりで攻撃が
 通りにくかったです。こうなるとチームとしては厳しい状況。
 足もサポーターやテーピングをしていて体調も気になるところです。
 ガライ フェルナンダのスパイク

・内田
 久しぶりに見た秋山からのレフト平行の速い攻撃は決まっていました。さすがにコンビ歴が長いですね。
 ただ、全体的には攻撃が通らず苦しい感じでした。
 内田暁子サーブ


《チーム別感想:久光製薬》
・セット後半の二枚変え(古藤がサーブ)の時に連続得点を挙げていました。とても効果的な作戦だったと思い
 ます。

・リベロ本職は佐野優子移籍後、座安のみだったので、早くも内定選手のリベロをベンチイン。

・先野
 試合開始前ユニホームの腰のあたりに貼り付けるカイロをつけたまま練習開始(笑)
 途中、岩坂に変わってコートイン。ミスしても落ち着いたものですね。貫禄すらあります。
 先野久美子

・長岡
 セット後半に二枚変えでコートイン。その短いプレーの中でブロック3得点は大したものです。
 プレーを初めて見ましたが、サウスポーでスパイクにもキレがあって新鍋、石井に続いて、今後に期待のできる
 若手選手ではないでしょうか。第四セット後半はブロックとスパイクでNECを尽き離し、チーム勝利に貢献
 していました。

・新鍋
 前半はブロックアウト狙い、コースうち、スピードのある攻撃と使い分けた攻撃が決まっていましたが、中盤
 以降スパイクミスが目立ちました(公式記録では失点7でした)
 ミスが多く交代させられるかと思いましたがそのままプレー続行という大東監督の判断でした。
 サーブレシーブは、いつも通り安定感があって素晴らしいですね。
 新鍋理沙のスパイク

・エリザンジェラ
 出だしはNECにブロックかけられたりレシーブされたりと攻撃が決まりませんでしたが、その後は通るよう
 になっていました。また、威力のあるジャンプサーブで連続得点を何回か挙げていました。NEC守備が後ろ
 に下がったらサーブで前を狙ったりとうまさも光っていて、NECのサーブレシーブを崩していました。
 現在サーブ効果率ランク一位ですが、今シーズンのサーブを見ているとこのまま調子を維持できるとサーブ賞
 を受賞する可能性が結構高いような気がします。
 エリザンジェラ・オリヴェイラのジャンプサーブ

・石田
 NECにサーブで狙われていましたが大きく崩れることはありませんでした。ただ新鍋に若干負担がかかって
 いるようにも見えました。攻撃は出だしはあまりよくありませんでしたが、中盤以降は決定力が出てきました。
 ここまで攻撃が決まる石田は久しぶりかな。
 石田瑞穂スパイク

・平井
 ブロック3得点。攻撃も本数はすくないものの安定した活躍でした。
 平井香菜子サーブ
 平井香菜子

・水田
 試合出場機会はありませんでした。
 先野と同様、試合開始前ユニホームの腰のあたりに貼り付けるカイロをつけたまま練習開始(笑)
 キッズエスコート~公式練習の時にもつけたままだったので、気になって仕方がありませんでした。
 周りの選手も声かけてあげろよ!と思いながら見ていると。選手紹介前にようやく自分で気が付きました。
 その後の周りの選手への照れ笑いが見ていてほのぼのとしました。
 水田祐未

・筒井さやか
 内定選手のユニフォーム姿を初めて見ました。髪型がまだ高校生バージョンなので、お姉さま方の中に入ると
 目立ちます。東九州龍谷高校出身。手首のサポーターを(昨シーズンまでの松浦寛子同様)しています
 筒井さやか

・石井優希
 出番なし
 石井優希

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

1/16 東レアローズ×NECレッドロケッツ[2010/11Vプレミアリーグ女子]

2011年01月19日 16:07

◆日程
 2011年1月16日(日)

◆試合会場
 町田市立総合体育館

◆試合結果
 東レアローズ 1-3 NECレッドロケッツ[16-25 21-25 25-15 29-31]

◆出場選手
NECレッドロケッツ
《スタメン:第一セット》
 内田暁子、内藤香菜子、松浦寛子、ガライ フェルナンダ、杉山祥子、松浦麻琴、リベロ:井野亜季子

《途中出場》
 八幡美樹、滝口奈美、秋山美幸、澁澤夏美

《控え》
 渡邊絢子、島村春世、リベロ:白垣里紗

東レアローズ
《スタメン:第一セット》
 田代佳奈美、木村沙織、築地保奈美、高田ありさ、迫田さおり、荒木絵里香、リベロ:濱口華菜里

《途中出場》
 宮田由佳里、小平花織、中道瞳

《控え》
 森万里子、和田麻里江、峯村沙紀、リベロ:木村美里


◆観戦記
TV観戦しました。またまた更新が遅くなってしまいました(._.)

会場には昨年まで東レアローズに在籍していた大山未希が観戦に来ていましたね。
気になったのはコート上のバレーボールには関係のないラインの目隠しがあまりきれいではなかったところ。

スタメンは、NECがいつものメンバー、そして東レはリエスベット(ベンチ外…大山未希オフィシャルブログ
によると体調がよくなかったとのこと)ではなく高田が入りました。

試合は第一セット、第二セットともにNECのサーブレシーブの安定と杉山、内藤の二人のミドルブロッカーが
存分に機能して2セット連取します。第三セットはNECが自滅気味で一転して東レがセットをとります。
第四セットは一進一退の攻防が続き、ジュースになり、そこからは両チームのエースの対決となりましたが、
最後は内藤のサービスエースでNECが勝利を収めました。

東レも内容自体は悪くなかったと思いますが、それ以上にこの試合のNECはミドルブロッカーが機能し、
サイドの決定率も上がったことで強かったです。


《チーム別感想:東レ》
・サーブミスが10本と多かった。

・サーブは内田狙いのようでしたが、この試合では大きく崩れることはありませんでした。

・前述しましたが、NECのミドルブロッカーが機能して東レはブロックが絞れず苦しい展開でした。

・木村、迫田のアタック決定率が41%とよく、普通なら東レが勝てるパターンだったと思います。

・迫田
 前半でスパイクが3本ほどブロックにつかまりました。以前ならそのまま引きずるケースが多かったですが、
 その後立て直すすことができました。
 スパイクを打つ瞬間に何度か声を出していました。私にとっては初めて見るシーンです
 ↓2010.12.12久光製薬×東レ戦より
 迫田さおり

・高田
 今日はいまひとつか…。ライト、レフトからのストレートはよく決まっていたように思います。

・田代
 迫田へのバックアタックなど、トスの精度があまりよくなかったような気がします。。

・中道
 第三セットからスタメン登場。けがをしているという話もありますが、見た感じではそれを感じさせない
 プレーでした。その結果、流れは東レに来ましたが、勝利にはつながりませんでした。

・濱口
 ここのところサーブレシーブはとても安定しています。
 ↓2010.12.12久光製薬×東レ戦より
 濱口華菜里

・築地
 NECはほぼノーマーク。スパイクは決まるがちょっと悲しい…。


《チーム別感想:NEC》
・第四セットのファーストテクニカルタイムアウト時点での得点トップ3は内田-杉山-内藤という顔ぶれ。
 ガライ一辺倒でないのが素晴らしい。バリエーションのある攻撃パターンをしていて強力。

・この調子を維持できるとすると、オポジットが安定するとめちゃくちゃ強いチームになりそうです。

・バックアタックのトスが上がって内田とガライが二人ともに打ちに行こうとした珍しいシーンがありました。

・杉山
 クイック、ブロードと本当に機能していました。こうなるとNECはやはり強いです。
 レフトでブロックに入ってそこからライトまで走ってのブロード攻撃は驚きました。横の動きが早いです。
 NEC伝統の杉山への無茶ふり(でもなんとかしてくれる)にも見えますね。
 ↓2011.01.09NEC×パイオニア戦より
 杉山祥子

・内藤
 クイックが早い。セミオープン担当。

・松浦麻琴
 ミドルブロッカーへのトスが早いですね。この試合でも、ミドルブロッカーをよく攻撃に使っていてNEC
 らしさを引き出していたように思います。

・松浦寛子
 ラリー中にトスアップができるのがチームとしてはかなりプラスになっています。
 昨シーズンしていた手首のテーピングはしなくなりましたね。第四セット終盤前衛レフトポジションでの八幡
 とのワンポイント交代はレフト攻撃が苦手だからでしょうか。

・内田
 表情がいつも違っていて試合中終始集中力を保っているように見えました。ミドルブロッカーが機能したこと
 (攻撃と全力の囮)にも助けられ、内田のサイド攻撃が一発で決まることが多かったです。
 レフトからの東レ木村のようなインナー打ちをしていました、初めてみました。
 ↓2011.01.09NEC×パイオニア戦より
 内田暁子

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

【現地観戦】1/9 デンソー×JT[2010/11Vプレミアリーグ女子]

2011年01月13日 00:28

◆日程
 2011年1月9日(日)

◆会場
 西尾市総合体育館
  ※座席表
   西尾市総合体育館座席表

◆試合結果
 デンソーエアリービーズ 0-3 JTマーヴェラス[18-25 14-25 17-25]

◆出場選手
デンソーエアリービーズ
《スタメン:第一セット》
 熊谷桜子、奥田恭子、矢野美子、鈴木裕子、エベ リスベル、井上香織、リベロ:櫻井由香

《途中出場》
 石井里沙、真柴咲紀

《控え》
 細田絵理、井上奈々朱、栄絵里香、本田つばさ、リベロ:泉岡未来
 デンソーエアリービーズ整列

JTマーヴェラス
《スタメン:第一セット》
 山本愛、竹下佳江、高木理江、石川友紀、谷口雅美、キムヨンギョン、リベロ:井上琴絵

《途中出場》
 坂下麻衣子、吉澤智恵、西山慶樹

《控え》
 リベロ:千葉智枝美、芥川愛加、位田愛、河合由貴

◆観戦記
この試合はデンソーのホームゲームです。
二階席の半分はデンソー応援団で埋め尽くされました。すごい数ですし、応援の音量も凄かったです。
観客席は満員で立ち見のお客さんもいました。大盛況です。公式発表では2210人。
試合開始前の公式練習では、必ず相手チームの練習を見るJT石原監督。

スタメンはデンソー、JTともに最近の固定メンバーです。
試合は第一セットは前半デンソーがリードで1stテクニカルタイムアウトを迎えましたが中盤にサーブで攻めて
デンソーか崩れJTが谷口の攻撃を中心に得点を重ね逆転しセットを取ります。
第二セットはJTはヨンギョン中心の攻撃でリード、またデンソーのミスなどもあり大差でJTがセットを連取
します。続く第三セットもそのままの流れでJTがセットを取り勝利しました。
試合時間は1時間12分と短時間で終了。この結果、岡山で東レが久光製薬に敗れ、JTが1位に躍り出ました。
勝利者インタビューはキム・ヨンギョン。
キム・ヨンギョンインタビュー

その後、デンソーのホームゲームということで、選手一人ひとりがコールされコート上に入ってきます。
入場の時の音楽は選手それぞれに違っていました。
井上主将から挨拶をした後に、ボールの投げ込みがありました。ボールを受け取った人には何か商品がもらえる
ようでした。


《チーム別感想:デンソー》
・皇后杯での東レとの激戦で勝ち切って優勝したデンソーですが、なんか全然違うチームに見えました。イイ
 ところが殆どなかったです。

・エベと井上香織が抑えられるとチームとして厳しいということがよく出た試合だと思います。完敗です。

・デンソーは最近シーズン開始はよくて後半失速することが多くなってきていますね。

・エベ
 JTに完全にマークされ、攻撃がことごとくブロックでワンタッチ取られたり、レシーブで繋がれてなかなか
 得点に繋がりませんでしたし、ミスも多かったです。表情を見ていてもたまに得点していても沈んだままで、
 チームメートがなんとかしようと声をかけますが、そのままの感じで試合が終わってしまいました。

・井上香織
 ブロードをJTにきっちりとマークされていて、思うように得点に繋がりませんでした。
 やはり井上が目立たないとデンソーは苦しい。
 井上香織サーブ

・矢野
 鋭角にたたきつけるクイックが決まっていましたが、全体的には目立つシーンは殆どありませんでした。

・鈴木
 たま~に出るライトの早い攻撃が効果的でしたが、全体的に攻撃は今一つ通りませんでした。エベが後衛で
 鈴木が前衛時にローテーションが回りにくい感じでした。
 ただ、守備はさぼらずに本当によく動き回って繋ぎに大貢献していました。

・熊谷
 試合終了直後の悔しそうな表情が印象的でした。ホームゲームイベントでボールの投げ入れで子供に手渡し
 しに来た時は、穏やかでやさしい表情をしていました。
 熊谷さくら

・栄
 出番なし。
 栄絵里香


《チーム別感想:JT》
・ベンチ外記録係は西山姉と新加入の平井。加藤は恐らくビデオ係か。川原の姿が見えませんでした。

・シーズン開始は怪我などで選手が揃っていませんでしたが、今控え選手を見ると豪華な顔触れですね

・開幕序盤にはなかった強さを感じます。ヨンギョンの本格参戦と各選手の仕上がりが良い状態になってきたから
 でしょう。

・全く危なげない試合運び。デンソー対策がきっちりと出来ていました。サーブで攻めて、デンソーが崩れ単調
 な攻撃になるように持っていって、ブロックでシャット又はワンタッチで繋ぐ作戦、強かったです。

・ヨンギョン
 デンソーの守備に結構スパイクが拾われていましたが、最終的にはきっちりと決めています。
 この試合でもバックアタックは少なかったです。ラリー中の守備もそこそこ動けていたように思います。
 キム・ヨンギョンスパイク

・井上
 NECの井野も良かったですが、井上もスパイクレシーブでよくつないでいて、そこから取れた得点もあり
 ました。この試合ではトスアップの機会は殆どなかったです。
 井上琴絵レシーブ

・石川
 この所調子が上向きになってきています。そのせいか竹下のトスも山本よりも上がってきていて、クイックを
 中心に得点に繋がっていますし、ラリー中などで何かと得点に絡んでいるのがとても良いです。
 いつも書きますが、センターオープンの成功率は今日も高かったです。またブロックが谷口との二枚セットで
 炸裂!6得点

・山本
 石川の調子が上がってきたら、山本が若干下降線に入った印象です。それだけ相手チームのマークがきつく
 なっているのでしょうけれどブロックでシャットされたり、トスも以前よりは上がらなくなってきています。

・高木
 今シーズンの高木はサーブレシーブやラリー中の攻撃など本当によくやっていると思います。
 JT超激戦区であるサイドのスタメンもほぼ定着。今日の試合はセット途中で吉澤との交代がパターンに
 なっていました。高木のサーブでの連続得点が多かったです。その時は前衛が谷口、ヨンギョン、山本と
 いうこともあるでしょうけれど。

・吉澤
 高木に代わり途中出場していましたが、ミスもあったりでいまいちでした。

・西山慶樹
 ピンチサーブで登場。久しぶりに見ましたが、相手にすぐに得点され終了。サーブよりは前衛でのプレーが
 見たいです。

・谷口
 隊長スパイクが好調でいつも通りライトからの早い攻撃がよく決まっていました。エンドから見るとこの人の
 バックアタック面白いです。
 谷口雅美・キムヨンギョン

・河合
 体調不良からの復活したようでユニフォーム姿を久しぶりに見ることが出来てホッとしました。少しスリムに
 なったような気がします。
 河合由貴


◆試合の音声
 ボイスレコーダーで試しに録音してみました
 2011.01.09 デンソー×JT[2010/11Vプレミアリーグ女子]
 →FC2会員しか閲覧出来ないようです申し訳ありません[2/5追記]。アップロード先変更します

 JT得点→JT応援コール→テクニカルタイムアウト→JT応援「アリバ・アレ」→デンソー矢野得点
 →デンソー応援コール

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

【現地観戦】1/9 NEC×パイオニア[2010/11Vプレミアリーグ女子]

2011年01月11日 02:04

◆日程
 2011年1月9日(日)

◆試合会場
 西尾市総合体育館

◆試合結果
 NECレッドロケッツ 3-0 パイオニアレッドウィングス[25-19 27-25 25-20]

◆出場選手
NECレッドロケッツ
《スタメン:第一セット》
 杉山祥子、松浦麻琴、内田暁子、内藤香菜子、松浦寛子、ガライ フェルナンダ、リベロ:井野亜季子

《途中出場》
 八幡美樹、滝口奈美、白垣里紗、島村春世

《控え》
 渡邊絢子、秋山美幸、リベロ:澁澤夏美
NECレッドロケッツ整列

パイオニアレッドウィングス
《スタメン:第一セット》
 佐々木みき、沼田さくら、冨永こよみ、スタエレンス シャイーヌ、香野晶子、成田郁久美、リベロ:吉田 真未

《途中出場》
 杉本早希、板橋恵、多治見麻子

《控え》
 今野加奈子、田村翔子、服部梨花、リベロ:芦野李沙

◆観戦記
試合開始は13時で開場時間は11時30分です。
今回の私の座席は1Fのコートエンド席1列目で1階席は上履きが必要でした。
入場時1F席には座席に敷くクッションが配布されていました。こういったサービスは初めてで良かったと思います。

会場に入るとパイオニアが練習をしていて、栗原が練習には参加せずサポートだけしていました。
栗原恵
愛知県の大会ではおなじみのDJ黒岩氏が今大会にも来ていて、デンソーのホームゲームでもあるこの大会を
盛り上げていました。黒岩氏によると、チケットはSOLDOUTで立ち見のお客さんも入るとのことでした。

NEC、パイオニア両チームともに今シーズン生での初観戦(テレビでもこれまで放送がありませんでした)
ですので、ワクワクしながら試合開始を待ちました。

NECの秋山とJTの坂下が少しの間話をしていました。
交友録好きな私としては、どのような繋がりなのかが気になりましたが、想像ではユニバーシアードあたりでは
ないかと思っています(もしご存知の方いらっしゃいましたら教えてください)
秋山美幸・坂下麻衣子談笑

パイオニアは開幕からずっち勝ち星がありませんでしたが、一度勝ってからは連勝、一方のNECは出だしは
快調でしたが、年末に向けては苦しい戦いをしていましたので、かなりの接戦になることを予想しつつ
試合開始前の公式練習が始まりました。
コートエンド席では最も恐怖の時間帯です。スパイクやサーブ練習で強打したボールが飛んでくることが結構
あります。写真を取っている人もいましたが、怖くて出来ないですね…。
ただ、迫力は味わえるのがイイところでもあります

スタメンNECは今シーズンほぼ固定されたメンバー、パイオニアは栗原が足の不調があるようで佐々木を
起用しています。
試合は第一セット出だしからNECがリードして内田とガライの攻撃を中心に得点を重ねNECがセットを取り
ます。セット間でのチアリーディングはなし。
第二セットもNECが出だしリードしますが、パイオニアが終盤追いつきジュースになりましたが、ガライの攻撃
などでセットを連取します。
続く第三セットは、両チーム一進一退の攻防でゲームが進みましたが、終盤パイオニアのミスからNECが流れ
を引き寄せセットを取り、NECが勝利しました。
勝利者インタビューはガライでした。インタビューはDJ黒岩氏。
ガライ フェルナンダ試合後インタビュー


《チーム別感想:NEC》
・応援の音楽やSEを聞くと、実業団のバレーボールを見に来たんだ~という実感が不思議とわいてきます。

・いまさらですが、ユニフォームデザインが昨シーズンから変わっています。今シーズン版の方がデザインが
 カッコいいですね。特に赤バージョン(今回はリベロ着用)

・ジャージの上着の下にKAWASAKIとありました。地域密着?

・サーブレシーブ体系はガライ、井野、内田の三枚が基本でした。ガライが参加しているとは思っていなかった
 ので意外でした

・ブロックが機能していたので、粘り強い繋ぎで見ていて面白かったです。

・松浦眞琴
 今シーズン移籍加入でどんなプレーをするか注目していた選手。今シーズンはほぼフル出場だと思います。
 良いところは高さがあることとセンター攻撃をうまく使っていたような気がします。
 ですが、秋山をずっと控えにするほどではないという印象です。お試しor育成投入中なのかもしれません。
 まだ選手との息があっていない所もありそうで、毎回、杉山からはトスについて何か言われているように見え
 ました
松浦麻琴

・ガライ
 もう一人の注目はこの人ガライです。サーブレシーブにも参加するんですね、なかなか器用にこなしています。
 攻撃の方は前半はたんたんとした感じでしたが、中盤以降調子が出てきてパワフルなオープン、バックアタック
 と決定力があります。困った時はこの人に上げればなんとかしてくれそうです。
 試合終了後のインタビュー。好きな日本語は「ニホンゴ」
ガライ フェルナンダサーブ

・内藤
 ブロックがきっちりとつけていますね。公式記録見るとブロックランクぶっちぎりの第一位でした。なるほど
 納得です。試合終了後に、クールダウンしている選手一人ひとりにハグしたり声をかけていってた。
 さすが内藤キャプテン。地味ではありますがチームを引っ張ってるなと感じました。
 少し聞こえてきたのはピンチサーブで登場した滝口に「ナイスサーブやったね…」
内藤香菜子・井野亜季子

・杉山
 コートエンドで見るとブロードの横の動きの幅と速さが印象に残ります。
 困ったときは杉山にトスがあげればトスが乱れてもなんとかしてくれていますが、ブロックは以前ほど強烈な
 印象はありませんでした。

・内田
 レフトからの早い攻撃が効果的に決まっていました。サーブレシーブはちょっと崩れていたか…。
 昨シーズンより上半身が一回りたくましくなったような気がします。夏場のトレーニングの成果なのでしょう
内田暁子

・井野
 今日の井野は本当に素晴らしかった。スパイクレシーブは本当によくつないでいましたし、サーブレシーブも
 安定していていうことなし。何回もしていた回転レシーブの写真取りたかったのですが出来ず…。
井野亜季子レシーブ

・松浦寛子
 え~、印象に残っているのは、セッターがレシーブした時にトスアップをしたところだけで攻撃面はなし。
 今日の調子だと途中交代してもよかったのではないでしょうか。

・秋山
 プレーが見たかったのですが、ピンチサーブにも入らず…。残念。
秋山美幸

《チーム別感想:パイオニア》
・いまさらですが、ユニフォームは昨シーズンと同じものです。

・ベンチ外でチーム記録席にいたのは栗原、古屋。栗原は久しぶりにプレーを見たかったので残念でした。

・高橋の姿が見えませんでした。

・サーブレシーブ体系はローテーションによっては吉田、成田の二枚

・ミドルブロッカーがあまり機能せず、単調な攻撃になってしまい、NECにつかまることが多かったように
 思います。

・成田
 栗原不在でキャプテン。ポジションはオポジットでたまにトスがあがってくるとそこそこ得点に繋いでいま
 した。サーブレシーブはいつも通り正確で安定しています。サーブはジャンプサーブをしていましたが、調子
 が悪く途中で普通のいれてけサーブに変えていました。

・佐々木
 スタエレンスが不調だったせいか、バックアタックが多かった印象です。普通にスパイクを打てそうなボール
 もフェイントしている事が見受けられました。栗原不在時のサイドは杉本か今野ではダメなんでしょうか。

・多治見
 沼田や香野に変わってコートイン。今日は殆ど攻撃に絡む場面がありませんでした。

・スタエレンス
 スパイクがNECのブロックワンタッチや拾われたりでなかなか決まらず不調でした。スパイクした後に何回
 か転倒も。こうなるとパイオニアチームは苦しい。

・香野/沼田
 ブロード、速攻と攻撃には絡むものの得点に繋がりません。相手ブロックがきっちりとワンタッチを取ります。
 その関係からか途中で多治見と交代しました。パイオニアもミドルブロッカーが苦しいところでしょうか
沼田さくら

・板橋
 サーブ練習の時に「行け~」の掛け声。一時期やめていたので久しぶりに聞きました。気合十分です。

・冨永
冨永こよみサーブ

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

岡山シーガルズ×東レアローズ[2010/11Vプレミアリーグ女子 1/8]

2011年01月09日 00:29

◆日程
 2011年1月8日(土)

◆会場
 岡山県総合グラウンド体育館(桃太郎アリーナ)

◆試合結果
 岡山シーガルズ 1-3 東レアローズ[19-25 25-21 18-25 27-29]

◆出場選手
岡山シーガルズ
《スタメン:第一セット》
 福田舞、山口舞、小林亜里沙、川畑愛希、森和代、岡野弘子、リベロ:丸山亜季

《途中出場》
 吉田みなみ、宮下遥、米村信子、川島亜依美、野口彩佳

《控え》
 堀口夏実、リベロ:瀬尾有耶

東レアローズ
《スタメン:第一セット》
 田代佳奈美、木村沙織、築地保奈美、リエスベット ヴァインデヴォーゲル、迫田さおり、荒木絵里香、
 リベロ:濱口華菜里

《途中出場》
 高田ありさ、小平花織、中道瞳

《控え》
 森万里子、和田麻里江、宮田由佳里、リベロ:木村美里


◆観戦記
 TV観戦しました。

《試合展開概略》
 Vリーグ公式サイト A:戦評
 
《チーム別感想:岡山》・1Fコートエンド席は昨シーズンまでなかったのでは…。チケット前売りで観客増加が見込めたから?

・若浦ベンチ外のため、主将は岡野。

・サーブレシーブが安定するとシーガルズのパワーが一気に出てきます。他チームとはサーブレシーブ陣形が違う
 ので監督はそのあたりを変えるつもりはないのでしょうかね。

・第四セットの終盤での2枚替えタイミング遅れで出来なかったのは痛かった。

・福田
 ブロード攻撃はスピードもあってパワフルでした。

・山口
 小林とのダブルブロードやクイックはありましたが、調子は今一つといった印象です。河本監督にもタイム
 アウト中に叱られていました(いつもの役割か…)。
 サーブ効果率1.6という値も凄いです。何回も言いますが改善点だと思います。
 得点にはなりませんでしたが、バックアックは1回ありました。

・森
 試合の中盤以降は、久しぶりに森らしいプレーをたくさん見ることが出来ました。プッシュやコースに落とした
 り、ブロードなど。アタック決定率は52%

・野口
 リベロ専門だと思っていましたが、今日はアタッカーとしてのプレイを初めて見ました。
 身長168cmはVプレミア最小アタッカーかも。


《チーム別感想:東レ》
・スタメンを二人変えてきました。セッターを中道⇒田代、ミドルブロッカーを宮田⇒築地。
 監督の意図が聞きたいですが、放送のアナウンサーもインタビューした中ではわからないと言ってました

・チーム全体のサーブレシーブ成功率76%、アタック決定率45%は夫々素晴らしいです。

・田代
 中道とトス回しが違って面白かったです。レフト中心ではありますが、他の選手にも満遍なくトスをあげて
 いました。築地に連続でトスを上げる気の強さは大したものです。高さもあるので速攻等にはよさそうです

・築地
 セッターの田代が本当にトスをよく上げ攻撃機会が多かったです。
 攻撃のスピードはあって良かったのですが、殆ど相手選手の正面で得点につながらず、課題です。
 持ち味のブロックは2本決まりました。囮はとても綺麗ですね^^

・迫田
 第四セットは迫田にボールが集まり、それに応えて苦しい二段トスなどもよく決めていました。27得点は
 本日のベストスコアラーです。
 ライトからのバックアタックは本当にカッコイイし、美しいです(今シーズン中に写真撮影成功したいです)

・高田
 いつものリエスベット後衛時だけのコートインではなく、第四セットではスタートメンバー。
 ライトからの早い攻撃(TVではDクイックと解説)がよく決まっていました。
 これからはこのパターンも増える様な気がします(昨シーズンのバルボッサと同様な感じで)

・木村
 岡山相手に軟打での得点が多かったです。相手守備が下がり気味だったことがあるのでしょう。
 中道の時よりバックアタックは少なめ。試合後はインタビュー。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

V・プレミアリーグ選手同士の交友録(2010/10~12月)

2011年01月07日 00:05

遅れています「Vプレミアリーグ選手同士の交友録」を更新しました。
お手数ですが下記リンクより御覧ください。
なお、投稿日は元情報となったBLOG更新日(過去日付)にしています

2010/10月 NECレッドロケッツ選手たちの交友(松崎さ代子、中村真美)
⇒現役選手にこだわって交友録を書いていますが、今回は番外編です。
 引退した二人の姿(写真)を見ることが出来たので。本当にというと変ですが、社業専念しているんだと実感
 しました。

2010/10月 トヨタ車体クインシーズ選手たちの交友(船崎恵視、今西郁瑠、堀崎智恵美、山田真里)
⇒ブログタイトル「砂金採り」

2010/10月 久光製薬スプリングス選手たちの交友(岩坂名奈、新鍋理沙)
⇒ブログタイトル「☆あひるボ-ト☆」

2010/10月 久光製薬スプリングス選手たちの交友(古藤千鶴、平井香菜子)
⇒この二人の組み合わせは意外な感じがしました。古藤はやはり面倒見がよいのかも…

2010/10月 トヨタ車体クインシーズ選手たちの交友(今西郁瑠、都築有美子、堀崎智恵美、藤田夏未、
平松美有紀)

⇒トヨタ車体の選手は年代にわかれていない交友が多いですね。

2010/12月 東レアローズ選手たちの交友(荒木絵里香、木村沙織、和田麻里江、迫田さおり、築地保奈美)
⇒大山加奈さんとアローズの選手たちとVプレミアリーグ滋賀大会のあとの交友です。
 御覧になった方も多いかと思いますが、写真が必見です。
 ブログの分にも書かれていますが、みんなアルコールを飲んで顔が赤くなっているのが、なんともイイです♪
 特に木村沙織。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

Happy New Year!

2011年01月01日 22:32

皆様がバレーボールを通じ、たくさん笑顔になれる1年になります様、
お祈り申し上げます。

当ブログは、昨年同様マイペースに記事を書いていくことになると思いますが、
末永くお付き合いのほど、よろしくお願いします。

▽笑顔Part1▽ JTマーヴェラス 井上琴絵
笑顔の井上琴絵

▽笑顔Part2▽ 東レアローズ 小平花織
笑顔の小平花織

▽笑顔Part3▽ JTマーヴェラス キム・ヨンギョン(김연경)、山本愛
笑顔のキム・ヨンギョンと山本愛

▽笑顔Part4▽ デンソーエアリービーズ 井上香織
笑顔の井上香織

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。