--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する

トヨタ車体クインシーズ×JTマーヴェラス[2010/11Vプレミアリーグ女子]

2010年12月27日 23:54

◆日程
 2010年12月26日(日)

◆試合会場
 藤沢市秋葉台文化体育館

◆試合結果
 トヨタ車体クインシーズ 1-3 JTマーヴェラス[21-25 25-16 14-25 23-25]

◆出場選手
トヨタ車体クインシーズ
《スタメン:第一セット》
 田原香理、堀崎智恵美、都築有美子、アキンラデウォ・フォルケ、船崎恵視、眞恵子、
 リベロ:梶原雪路

《途中出場》
 赤坂瑠美、藤原亜紀、平松美有紀、羽根翠、山田真里

《控え》
 藤田夏未、リベロ:松本奈都己

JTマーヴェラス
《スタメン:第一セット》
 竹下佳江、高木理江、石川友紀、谷口雅美、キムヨンギョン、山本愛
 リベロ:井上琴絵

《途中出場》
 坂下麻衣子、吉澤智恵、千葉智枝美

《控え》
 リベロ:川原麻実、西山慶樹、芥川愛加、位田愛

◆観戦記
テレビ観戦しました。
観客席のお客さんがとても少ないです。。テレビ放送あるのならもっと動員してもよさそうなものですが…。
公式発表ではなんと870人です。

まず、スタメンです。
トヨタ車体はセッター対角がこれまで山田が多かったように思いますがこの試合では堀崎です。
その他は不動のメンバーといっていいでしょう。
一方のJTはセッター対角に谷口、レフトにヨンギョン、センター山本と今シーズン初のベストメンバー
(だと思われる)によるスタメンです。

試合のほうは第一セット、JT谷口が攻撃絶好調で序盤からリードをしてそのままJTがセットを取ります。
第二セットは、トヨタ車体がサーブでの攻めと守備での粘り、都築・アキンラデウォを中心とした攻撃などで
セットを取ります。
第三セットは、JTがヨンギョンを中心とした攻撃で大差をつけてセットを取ります。
続く第四セットは、トヨタ車体とJTの一進一退の攻防が続きましたが、最後ヨンギョンにボールを集めてJT
がセットを取り、勝利を収めました。

試合後のインタビューは、石原監督、竹下、ヨンギョン「アリガトゴシャイマス!」の3人。

この放送ではアナウンサーが面白いというかなんというかって感じでした。
 ・アキンラデウォの最高到達点の高さを自分の家の天井の高さと比較することで表現^^
 ・クイックを事細かに言葉で説明していた。げとわかりにくかった^^ など


《チーム別感想:トヨタ車体》
・選手層が厚くなったので、ベンチに入ることが出来ない選手が増えました(セッター河村、ミドルブロッカー
 山本など)

・葛和監督は今シーズン比較的静かですね(笑)やはり結果がそこそこ出ているからでしょうか。

・もう一人のミドルブロッカーが苦しいところです。現状、田原がベストチョイスなんでしょうかね。

・アキンラデウォ
 攻撃はセッターのトスと合えば高さがあって決定力があります。ヨンギョンとのマッチアップも見どころで、
 ブロックの上からスパイクしているのが凄かったです。河村とのコンビも一度見てみたいです。

・眞
 アキンラデウォが後衛になったとき、眞の頑張りでチーム全体の結果がかなり左右されますね。プレーは
 いつも通り気合十分で、デンソーに在籍していたことを忘れるくらい、すっかりトヨタ車体カラーです。

・堀崎
 早い攻撃は魅力的でしたが、持ち味のサーブレシーブがいまひとつのよう感じました。

・船崎
 トスの高さが安定していないように見えました。


《チーム別感想:JT》
・第二レグ初戦でついにベストメンバーによるスタメン。TV観戦ながらワクワクしてしまいました。

・絶対的エース(ヨンギョン)がいるとこうも違うものなんですね。マークが分散するから他の選手も決定率が
 上がってきます。第一レグまでの打ってもなかなか決まらなかったことがなくなります。
 ただ、控え選手も起用し続けてください、石原監督。

・河合由貴がチーム席に座っている姿が見えました。どのような状況かがわかりませんが、会場に来ているので
 少し安心しました。

・ローテーションで前衛が山本-ヨンギョン-谷口は超強力です。

・サーブはアキンラデウォが前衛時は前衛を狙っていることが多かったです。
 ブロックを絞るための作戦でしょうか。

・ヨンギョン
 体がまだなんとなく重そうに見えましたが、いつもは殆どしないスパイクを打つ時の声で気合を感じました。
 攻撃はうまくフェイントを混ぜながら決定率は途中まで100%、最終的にも65%30得点という凄い数字。
 昨シーズンまでのJTが戻ってきました。サーブは昨シーズンのフローターぎみからスパイクサーブにしています

・井上
 動きが軽かったし、守備の位置取りもよかったように見えました。谷口へのバックアタックなどへのジャンプ
 トスも正確に上げていて得点に繋がっていましたし、いい仕事をしていたと思います(髪型も良かった^^)
 ↓2010.12.12滋賀大会より
 井上琴絵

・高木
 サーブレシーブ&ラリー中の守備が今シーズンはずっとイイ感じです。なので位田の出番が減っているのかも。

・谷口
 第一レグの途中出場での動きをみていると、今シーズンはやばいかなと思っていたのですが、スタメン出場+
 ヨンギョン効果で昨シーズンまでの切れのあるプレーだったので、この先楽しみです。
 ライトからの早い攻撃はやはりイイですね。

・石川
 今シーズン見た中では一番調子が良かったと思います。そのせいかトスもたくさん上がってきて、それに応えて
 いました。セミオープンを打ちきる所は石川の良い所ですね。
 また、基本クイックだけでしたが、ブロードにも入っていました。

・竹下
 ヨンギョンのバックアタックはほぼ封印していたように感じます。意図的なんでしょう。
 恐らく今シーズンクイックのトスを一番上げたのではないでしょうか。

・山本
 テレビ解説の落合真理さんが注目と言ってましたが、残念ながら不調でした。これだけブロードが少ない山本
 も珍しいです。2本ほどセミオープンを無理にスパイクしてブロックされるいつものシーンが…。
 ワンタッチさせてリバウンドで逃げられるとよいのですが。

・千葉
 ピンチサーブで登場。結構イイジャンプサーブ打ちます。


《番外編》
・落合真理さん
 「全日本女子バレーボールチームはiPad使ってデータ分析…」ってNHKでもろ商品名を言ってました(笑)

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事
スポンサーサイト

天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会決勝

2010年12月25日 00:37

◆日程
 2010年12月23日

◆試合会場
 国立代々木競技場第一体育館

◆試合結果
 東レアローズ 2-3 デンソーエアリービーズ[25-21 25-21 22-25 17-25 13-15]

◆出場選手
東レアローズ
《スタメン:第一セット》
 中道瞳、木村沙織、宮田由佳里、リエスベット ヴァインデヴォーゲル、迫田さおり、荒木絵里香、
 リベロ:濱口華菜里

《途中出場》
 高田ありさ、築地保奈美、小平花織、田代佳奈美

《控え》
 森万里子、和田麻里江、リベロ:木村美里

デンソーエアリービーズ
《スタメン:第一セット》
 奥田恭子、矢野美子、鈴木裕子、エベ リスベル、井上香織、熊谷桜子、リベロ:櫻井由香

《途中出場》
 細田絵理、石井里沙

《控え》
 井上奈々朱、栄絵里香、大村祥子、泉岡未来、リベロ:高橋菜穂子

◆観戦記
テレビ観戦しました。
天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権は初めての観戦になります。

試合球はVリーグのモルテン社製ではなく、昨シーズン使用していたMIKASA社製でした。
スポンサーの兼ね合いなどでしょうか、こうもボールがころころと変わるのはいかがなものでしょうか。

試合は第一セットは東レがサーブで攻めていて、デンソーがサーブレシーブが崩れ、攻撃も決まらない状況で
なんなく東レがセットを取りました。第二セットも同じような感じで試合が進み東レが2セット連取します。
この時点ではストレートで東レが優勝するのではないかと確信に近いものを感じましたが、バレーボールは
本当にわからないものです。
第三セットからはデンソーがサーブで攻め出し、逆に東レはサーブが弱くなっていたように見えました。
また、第一第二セットと殆ど決まらなかったエベが調子が上がったことでデンソーがセットを取ります。
第四セットもそのままの勢いで、かつミドルブロッカー陣も機能しだしてきてデンソーが序盤リード。
東レはセッターを中道⇒田代にチェンジするも流れは変わらず、また途中で木村沙織が足の負傷で高田と
交代。結局大差でデンソーがセットを連取。
第五セットは一進一退の攻防でしたが、最後デンソーが東レを振り切り初優勝を決めました。

デンソーエアリービーズ初優勝おめでとうございます。

《チーム別感想:デンソー》
・チーム総力で勝ち取ったという印象が強いです。第三セット以降は本当に粘り強かったです。

・奥田
 ジャンプサーブはリエスベット狙いで効果的でした。イイサーブです。

・細田
 プレーを久しぶりに見ることが出来ました。奥田に変わって入り見事な活躍でした。

・鈴木
 やはり早いライト攻撃と井上とのコンビはかなりの確率で決まります。コンビはもっとやっても良いのでは。

・エベ
 第一第二セットは打っても打っても決まりませんでしたが、第三セット以降一度調子に乗ると得点力が凄い
 です。

・井上
 東レ相手だと攻撃の決定率は下がる印象があります。今日は対迫田のブロックがとても良かったです。

《チーム感想:東レ》
・第一第二セットはサーブも攻めていて、また相手の攻撃をブロックでよくワンタッチを取れていて良かった
 ですが、ここまででした。

・第四セット前半にセッターを中道⇒田代に替えたのはいいのですが、そのままにしたのは手堅い菅野監督に
 しては珍しい采配でした。田代の大舞台での経験も考慮したのでしょうか。

・チーム攻撃全173打数に対してサイド149打数とサイド攻撃率86%とかなり高くなりました。
 これもデンソーの作戦にはまったからかもしれません。

・木村が抜けると本当にチーム全体が苦しくなってしまうということを今回も感じました。

・迫田
 木村が抜け、リエスベットにはトス上げられない、となると迫田しかないわけで打数はなんと84です。
 30得点。第五セットは特に気合も含めてよく耐えて頑張ったと思います。
 試合後の険しい表情はいままでには見せなかった顔つき。悔しい気持が伝わってきました
 ↓2010.12.05 2010/11Vプレミアリーグ豊田大会
 迫田さおり

・リエスベット
 この選手はブロックは本当にイイですね。ただ、サーブレシーブは崩れ、攻撃はチャンスボールや二段トスで
 フェイントの応酬で挙句の果てには信頼されずとすも上がってこない状態…差し引くと効果率マイナスですか
 ね。

・高田
 木村負傷の後コートイン。ポジションがライトではなくレフトはちょっとつらかったかもしれません。

・中道
 第一第二セットは木村の打数が少なく省エネ運転でバランスのあるトス回しはよかったように思います。

・築地
 第四セットで少しコートイン。ブロードのような動きをしていましたが、試合前の練習でも見たことがない動き
 だったので、日ごろの練習でしているのでしょうか。宮田との違いが1つ埋まるのか…

※勝負の一番の試合になると記事内容がどうしても偏ってしまいます

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

JTマーヴェラス セッター加入

2010年12月24日 22:47

JTマーヴェラスへ元武富士バンブーに所属していたセッターの平井真栄が加入するようです。
Vリーグ公式サイトのチーム登録選手に掲載されています。

>2011/01/03登録 21 平井 真栄


JTマーヴェラスの公式サイトには今のところ(2010/12/24 22:00)何もありませんでした。
 ※追記:2010.12.28付で掲載 平井真栄選手 入部のお知らせ | JT ウェブサイト

ただ、これまでチームからの発表前にVリーグ公式に掲載された情報で間違っていたことはなかったので、
正しい情報だと思います。

JTは今シーズンから正セッター:竹下佳江、控え:河合由貴という体制で2010/11シーズンを迎えましたが
河合が開幕戦終了後体調不良ということで次戦より試合会場にも姿を見せなくなりました。
恐らく早期復活が見込めないことからの加入なのでしょう。

これまでJTはセッターが豊富にいましたが、河村聖子(現トヨタ車体)、遠藤りつこ(現GSS)と二人の
セッターが移籍、今回の河合離脱で一気に苦しい状況になっていました。
平井は武富士廃部後、バレーをしていたのかはよくわかりませんので、そのあたりも実践感覚などちょっと
気になるところです。
年明けからはリーグの大切な時期になってくるので、きっちりと役割を果たしてくれることを期待しています。

ここからは私の想像の話になりますが、
おそらく色々な候補を水面下では探していた思います、レンタル移籍など含めて…。
それにしても、石原監督はやはり元武富士バンブーのラインが強力なんでしょうかね。
センター石川、サイド吉澤、そしてセッター平井となんだかJTバンブーですね(冗談です^^)

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

【現地観戦】12/12 Vプレミアリーグ 久光製薬×東レ

2010年12月17日 23:53

◆日程
 2010年12月12日(日)

◆試合会場
 滋賀県立体育館

◆試合結果
 久光製薬スプリングス 1-3 東レアローズ[19-25 25-23 23-25 22-25]

◆出場選手
久光製薬スプリングス
《スタメン:第一セット》
 新鍋理沙、先野久美子、エリザンジェラ・オリヴェイラ、石田瑞穂、平井香菜子、原桂子、
 リベロ:座安琴希

《途中出場》
 岩坂名奈、古藤千鶴、浅津ゆうこ、石井優希

《控え》
 水田祐未
 久光製薬スプリングス

東レアローズ
《スタメン:第一セット》
 中道瞳、木村沙織、宮田由佳里、リエスベット ヴァインデヴォーゲル、迫田さおり、荒木絵里香、
 リベロ:濱口華菜里

《途中出場》
 高田ありさ、築地保奈美、小平花織、田代佳奈美

《控え》
 森万里子、和田麻里江、リベロ:峯村沙紀

◆観戦記
試合からはや5日が過ぎてしまい、また古新聞になっていしまいましたので軽めにお送りします。

この日の第二試合です。東レアローズ年に一度限りの滋賀でのホームゲームです。
第一試合は若干の空席が見られましたが、この試合は満席で一部立ち見の方もいたようです。
NHKBSの放送の関係か前の試合とのインターバルがぎりぎりまで短くされていました(恐らく20~25分)

東レのスタメンはいつものメンバーですが、迫田がレフトでリエスベットがオポジットです。
リベロ控えは峯村で木村美里はベンチ外です。
久光のスタメンもいつものメンバーです。主将の筒井がベンチ外のため古藤が主将でした。

試合展開は省略させていただきます。
ただ、第一試合とはレベルの違う試合内容だったと思います。
結果はセットカウント1-3で東レアローズが勝ちました。得点の通りかなりの接戦だったこともあって東レの
選手たちはかなり喜んでいました。
勝利の瞬間東レアローズ
勝利者インタビューは、迫田→菅野監督→木村沙織でした(なんで監督があとなのか?)

そのあと、大山加奈の挨拶がありました
要約すると
 ・この体育館がお客さん満員になってうれしい
 ・自分にとって今日の試合は感慨深い。1年前のここの試合で怪我が再発し、結果的に引退試合となった。
 ・いままで皆さんにこれまでのお礼や引退の挨拶ができてなかったので今日この場を借りた。
 ・今はVリーグ機構の一員として、Vリーグやバレーボールの普及活動をしている。
 ・Vリーグ機構という立場ではあるが、東レOGとして、これからもアローズを応援してください。
というような感じだったと思います。
とてもしっかりと話をしていたと思います。
大山加奈

続いてコート上に東レアローズ全員が出て、荒木主将から挨拶があり、ホームゲームイベントとして全選手から
サインボールの投げ込みがありました。

《チーム別:東レ》
・この試合のサイドスパイク率82%です。ますますミドルブロッカーの出番が減ってきていますね。

・迫田
 コートエンドから見る彼女のバックアタックは本当にかっこいい。この試合ではドシャットされるシーンも
 なく安定した活躍だったと思います。通産バックアタック決定率は54.7%で2位につけています。
 (1位はデンソーのエベ55.9%)

・濱口
 ディグが素晴らしかった。しっかりとコースに入って拾いまくっていた。また、サーブレシーブもきっちりと
 セッターに返っていました公式記録では成功率94%^^、リーグ通産で80.6%で2位につけています。
 全日本での修行の成果が出たのかもしれません。プレーのあとの表情が豊かで見ていて楽しくなりました
 濱口華菜里
 濱口華菜里

・荒木
 ブロックが出ると調子が出てきます(この試合4得点)。必殺どや顔を目の当たりに^^。

・木村
 攻撃は全体的にはまずまずといった感じでしたがココ一番はきっちりと決めます。頼れるエースです。
 サーブでも4得点でシーズン通産効果率は19.8%とダントツのリーグ第一位です。
 木村沙織

・宮田
 本数はかなり少ないけど、トスが来ると決まっています。途中、アローズが劣勢時に築地に交代するも結局
 コートに戻りました。今のところのポジション争いは有利な状態に見えます。
 宮田由佳里

・築地
 途中、チームの流れが悪くなった時に出場機会がありましたが、流れを変えることが出来ませんでした。

・高田
 今シーズンの定番化になりつつあるリエスベットに変わってのサーブから後衛3ローテーション。
 無難にこなしていました。
 高田ありさ

・小平
 このところピンチサーブでの出番のみです。前衛でのプレーを見てみたいです。
 小平花織


《チーム別:久光製薬》
・開幕前はどうなることかと思っていたのですが、底力がありますね。抜けたメンバーを補う若手が出てきて
 いるので見ていて楽しいです。

・新鍋
 開幕戦ほどの大爆発はないものの攻撃、サーブレシーブそれぞれ安定したプレーです。
 現時点でサーブレシーブ成功率81.5%は今リーグ通産第一位と素晴らしいです。

・石井
 石田に変わって途中出場。思いっきりのいい攻撃でこれから期待できそうです。守備も案外安定している
 のでこの試合のように石田とのチェンジでの出場機会が増えそうです。
 石井優希

・先野
 この人独特の遅いクイックがどのチームからも読まれることが多くなってきているような気がします。
 先野久美子

・座安
 ご存知佐野が移籍したあとのリベロですが、トスアップをそつなくこなすところがイイです。
 座安琴希

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

東レアローズ選手たちの交友

2010年12月15日 23:56

◆時期
 2010年12月

◆交友録
ブログタイトル「IN滋賀☆」

日曜日の夜は久々にみんなでワイワイしちゃいましたヾ(≧∇≦*)〃

メンバーはエリカ・サオリ・マリ・リオ・ナミ・私の6人♪
みんな顔が真っ赤ですが( ̄□ ̄;)笑。
おいしい串料理を食べながら、ワイワイヾ(*^▽^*)o
エリカ・マリ・ナミはビール、サオリ・リオはゆず小町、私は巨峰サワーで乾杯♪
飲み物のチョイスでも性格とか特徴でますよね( *´艸`*)笑。
いっぱい食べていっぱい話してとっても楽しいひと時を過ごすことができました♪
まだまだ話足りなかったですが、門限があるためサオリ・マリ・リオ・ナミとはバイバイ・゜・(ノД`;)・゜・
そしてエリカと2軒目へ( ´▽`)
ゆっくりまったりいろんな話しながら過ごしました。

エリカ、ナミが勝手に色々撮ってたのですが、みなさんにお見せできるような写真はこれくらいしかありませんでした(笑)

私とナミはきれてる上、エリカはまったく写っていないっていう( ̄ω ̄;)笑。

アリサが参加できなかったのがほんのちょっとだけ残念でしたが(笑)
すご~く楽しい時間を過ごすことができました!!


◆選手
 荒木絵里香、木村沙織、和田麻里江、迫田さおり、築地保奈美、(大山加奈)

◆情報ソース
 KANA OYAMA

大山加奈さんとアローズの選手たちとVプレミアリーグ滋賀大会のあとの交友です。
御覧になった方も多いかと思いますが、写真が必見です。
ブログの分にも書かれていますが、みんなアルコールを飲んで顔が赤くなっているのが、なんともイイです♪
特に木村沙織。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

【現地観戦】12/12 Vプレミアリーグ JT×岡山

2010年12月15日 01:47

◆日程
 2010年12月12日(日)

◆試合会場
 滋賀県立体育館

◆試合結果
 JTマーヴェラス 3-1 岡山シーガルズ[25-20 25-19 15-25 25-21]

◆出場選手
JTマーヴェラス
《スタメン:第一セット》
 吉澤智恵、石川友紀、川原麻実、高木理江、加藤千尋、竹下佳江、リベロ:井上琴絵

《途中出場》
 谷口雅美、山本愛、千葉智枝美、位田愛

《控え》
 坂下麻衣子
 JTマーヴェラス整列

岡山シーガルズ
《スタメン:第一セット》
 福田舞、山口舞、小林亜里沙、川畑愛希、森和代、岡野弘子、リベロ:丸山亜季

《途中出場》
 村田奈都美、宮下遥、瀬尾有耶、米村信子、若浦貴子、川島亜依美

《控え》
 リベロ:野口彩佳

◆観戦記
本当にこの日は寒かったです。
1F特別指定席の入場整理券配布は08時と例年より配布開始が遅くなっていました。
開場時間は12時と昨年より遅くなったためでしょう。この時間ですと試合前の公式練習以外は練習をみることが
出来ません。残念です。
全日本女子チームの銅メダリスト5人が在籍する東レホームゲーム。
前売り券が完売となったですが、当日券は10時からの1F200席、2F50席ありました。

そして入場は11:30から整理番号順に並んで入場するシステム。
会場に入ると所狭しとアローズ関連グッズが販売されています。公式プログラムはあたりが入っているとサイン
色紙がもらえるようです。ちなみに私はスポーツタオルを購入しました。

座席はコートエンドの1列目をキープする事が出来ました。
この会場は仕切りのすぐ後ろに椅子があるので、試合開始前の練習やタイムアウト、セット間の練習は目の前に
選手がいて迫力満点です。
1F席は列毎に段差がついているものの他会場よりも段差が少ないので、後ろは見にくそうに見えました。
第一試合は若干空席がありましたが、第二試合は満席でした。NHKBSの中継もあります。

JTスタメンは、ここのところのいつものメンバーからはオポジット坂下ではなく川原です。キンヨンギョンは
前日のGAORAによると体調不良による欠場だということです。
一方岡山のスタメンも、ここのところのいつものメンバーです。

試合はテレビ放送もありましたので御覧になった方も多いかと思います。
第一第二セットは、JTのサイド高木と川原を中心とした攻撃で得点を重ねてセットを連取します。
第三セットは、岡山がレフトに米村を投入すると一気にシーガルズが流れを引き寄せ、また、森もようやく機能
しだし、岡山がセットを取ります。
続く第四セットもそのままの流れで一進一退の攻防が続きますが、途中ミスやスパイクなどによるJTの連続得点
からリードを奪いそのままJTがセットを取り、勝利しました。

試合後の勝利者インタビューは川原⇒竹下の二人でした。
インタビュー後、竹下が川原にインタビューの受け応えの姿勢についてアドバイスしているように見えました。

《チーム別:JT》
・ヨンギョンが体調不良により不在。また開幕2試合目以降現場に姿を見せていないセッターの河合は一体どう
 したのでしょうか、とても気になります。

・エンドからみているとライトプレイヤーがレフト側の時、サーブ打った瞬間にライトまでのポジションチェンジ
 が目につきます。

・JTは助っ人抜きですと攻撃にはダイナミックさはないが作戦とつなぎ勝負で見ていて面白いです。

・一番感心したのが、高木-吉澤-井上の3枚のサーブレシーブが安定していたことです。公式記録を見て納得。
 サーブレシーブ成功率87.5%でした。いくら岡山のサーブが緩めにせよ素晴らしかったです。
 そのこともあって、センターへのトスアップが多かったですね。

・加藤
 竹下は第一セット序盤は積極的に加藤へトスを上げていましたが得点につながらず、途中で山本に交代となり
 ました。この出来では仕方のないところでしょう。JTFミドルブロッカーの控えが課題です。

・高木
 特に試合序盤攻撃面で貢献。ラリー中には日頃打たない様なうちかたでコースに打って決めたり、バックアタッ
 クしたりと頑張っていました。また、ディグも足がよく動いていてつないでいて、今日は全体的によかったと
 思います。
 高木理江

・位田
 ようやくの怪我からの本格復帰です。やはり動きなどを見ているとまだまだ本調子にはなっていないですね。

・川原
 ヨンギョン抜きをよくカバーしていました。竹下もここぞという時は川原にトスがあがり、それに良く応えて
 いました。ライトからの早い攻撃やバックアタックなどが特によく決まっていたし。相手ブロック一枚の時は
 鋭角にうったりと打ち分けていました。スパイクに切れがありますね。
 川原麻実

・井上
 ディグまずまず。本調子ならもう少し守備範囲が広いような気がしました。
 竹下佳江・井上琴絵
 井上琴絵

・山本
 いつもよりクイックが目につきました。ブロード一辺倒よりいい感じ。いったんクイックに入ってからの
 ブロードのスピードに岡山はついてこれませんでした

・千葉
 サーブはジャンプサーブ。昨シーズンはフローターだったような気がします。ヨンギョン不在時にはレフトで
 高木、位田、吉澤不調時に起用してみてほしいです。
 千葉智枝美

・吉澤
 目立つシーンが殆どありませんでした。試合によってというか相手チームによっての波が激しいかもしれませ
 ん。

・谷口
 今シーズンは今のところ精彩がありません。持ち味のスピードのある攻撃が見られず今後の復活に期待して
 います。

・竹下
 竹下佳江
 竹下佳江

《チーム別:岡山》
・つなぎ&森、山口が機能するとやはり強いです。このチーム。

・福田、山口のコンビがほとんどなかったのでもっと使うとよいのでは。岡山はレフト一辺倒だと厳しいですね。

・セッター、ミドルブロッカー二人、ライト福田はぼぼ固定なのでレフト川畑の対角が課題でしょうか。卜部、
 村田あたりで

・岡野と宮下が二人コートにいて2セッター状態になっている時がありましたが、この意図は何かあるのでしょ
 うか。
 宮下遥

・山口
 ようやく調子が戻ってきた感じがします。JTのサーブでは狙われていました。
 ラリー中にバックライトからのバックアタックを打ったことに驚きました。2得点(公式は3になっていたので
 1本見逃しています)。
 以前は監督から「なんでやー」と叱られていましたが、認められたプレー(練習している)になったという
 ことでしょう。別の時にもかるく打つ準備をしている時もありました。練習を重ねれば攻撃の1つの選択肢に
 なっていきそうです。
 山口舞

・福田
 早い攻撃や真ん中に切り込む攻撃はよく決まっていました。残念なのは凡ミスがちょこちょこ出るところです。
 サーブでは私の目の前に来たので迫力満点でした。

・森
 どうも岡野のトスとあわない&打ちやすいところにあがらない等でまともに打てないことが多かったですが、
 試合中盤以降、ようやく森らしい「プッシュ」や「ブロード」を見ることができました。
 このまま調子があがっていくと岡山の立ち直りも期待できそうです。

・村田
 体調が完全に復調していないのか、いまひとつですね。攻撃もブロックで止められたりと得点に繋がりません
 でした。
 村田奈都美


・米村
 リベロ専任かとおもっていたらサイドで川畑→村田にかわって登場。試合の流れを変えることが出来ました。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

【現地観戦】12/05 Vプレミアリーグ トヨタ車体×岡山

2010年12月10日 00:35

◆日程
 2010年12月05日(日)

◆試合会場
 豊田市総合体育館(スカイホール豊田)

◆試合結果
 トヨタ車体クインシーズ 3-0 岡山シーガルズ[25-22 25-21 32-30]

◆出場選手
トヨタ車体クインシーズ
《スタメン:第一セット》
 田原香理、山田真里、都築有美子、アキンラデウォ・フォルケ、船崎恵視、眞恵子、
 リベロ:梶原雪路

《途中出場》
 赤坂瑠美、堀崎智恵美、服部鮎弥、羽根翠

《控え》
 河村聖子、山本陽子、リベロ:松本奈都己

岡山シーガルズ
《スタメン:第一セット》
 川畑愛希、山口舞、小林亜里沙、福田舞、森和代、岡野弘子、リベロ:丸山亜季

《途中出場》
 村田奈都美、宮下遥、野口彩佳、卜部里菜、瀬尾有耶

《控え》
 若浦貴子、米村信子
 岡山シーガルズ整列

◆観戦記
 第二試合はトヨタ車体のホームゲームです。
 試合開始前、トヨタ車体の選手紹介とボールの投げ込みがありました。
 ボールを受けるつもりがなかったのですが、運よく転がってきたのでゲットできました。
 アイテムはトヨタ車体印つきMIKASAの袋とトヨタ車体スポーツタオルでした

 試合の方は、第一、第二セットと終始トヨタ車体が有利に試合運びをしていました。
 続く第三セット岡山はセッターを岡野に替えて宮下を投入し、流れがシーガルズにきて後半までリードし、
 24-20でセットポイントをとりますが、そこからトヨタ車体が驚異の追い上げをみせてジュースになり
 ます。岡山が連続得点取られている時のコート内の雰囲気は本当にどんよりとしていました。この雰囲気も
 今後はなんとか変えていかないといけないですね。
 ジュース以降もサイドアウトが続きますが、トヨタ車体はアキンラデウォにトスを集めて最後は逆転して
 勝利をおさめました。勝利者インタビューは眞。


《チーム別:トヨタ車体》
・やはりアキンラデウォの後衛時にローテが回りにくいことがありますが、今日は眞がよく奮闘して頑張って
 いたと思います。

・アキンラデウォ(ルーク)
 わかっていても止められない高いブロード。クロスだけではなくストレート打ちもしていました。
 これだけ決定力があると頼りに出来ますね。  ↓打点がアンテナより高いとは…
 アキンラデウォ・フォルケ

・眞
 今日は最初から最後までスパイクがよく決まっていました。これで奈美がなくなればトヨタ車体は結構強く
 なりそうです。


《チーム別:岡山》
・今シーズン初観戦です。ユニフォームは昨シーズンから変わっていません。
 岡山シーガルズ円陣

・監督は結局河本さんなんですね。健在です。何かで総監督と表記されていたので、第一線を退くのかと思って
 いました。
 河本昭義監督

・シーガルズ持ち味の粘りのある繋ぎが出来ていませんでしたので、セットすら取ることが出来ませんでした。
 第三セットは、いつものシーガルズであれば取れていたはずです。

・小林
 今シーズンはスタメンでずっと登場している様ですが、今日見た印象はあまり納得感がありませんでした。

・山口
 ストレートコースはよく決まっていましたが、ブロードのクロスはぼぼ拾われていました。やはりマークが
 かなり厳しいようです。  ↓近すぎて迫力満点part2
 山口舞サーブ

・福田
 相変わらず攻撃はパワフルで見ていて気持がイイです。福田前衛のローテーションは比較的回りやすいです。

・森
 岡野のトスとタイミングがあっていないような気がします。調子が今ひとつといった印象でその連鎖かいつも
 のうまみも出てこないです。

・宮下
 第三セットはうまくながれを変えることが出来ましたが、後半トス回しが読まれたかもしれません。
 ↓目が気に入ったので採用しました^^
 宮下遥

・卜部
 今シーズン初のベンチインだったようです。途中出場しましたが残念ながらあまり目立つシーンはありません
 でした。
 卜部里菜

・丸山
 監督お得意の選手育成モードでしょうか。ポジション取りが今一つに見えました、この試合のシーガルズの
 守備がつながらない原因の1つのような気がしました。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

【現地観戦】12/05 Vプレミアリーグ デンソー×東レ

2010年12月08日 00:14

◆日程
 2010年12月05日(日)

◆試合会場
 豊田市総合体育館(スカイホール豊田)

◆試合結果
 デンソーエアリービーズ 3-1 東レアローズ[25-20 16-25 25-22 25-23]

◆出場選手
デンソーエアリービーズ
《スタメン:第一セット》
 奥田恭子、矢野美子、鈴木裕子、エベ リスベル、井上香織、熊谷桜子、
 リベロ:櫻井由香

《途中出場》
 細田絵理、大村祥子、石井里沙、真柴咲紀

《控え》
 井上奈々朱、栄絵里香、リベロ:泉岡未来

東レアローズ
《スタメン:第一セット》
 中道瞳、木村沙織、宮田由佳里、迫田さおり、リエスベット ヴァインデヴォーゲル、荒木絵里香、
 リベロ:濱口華菜里

《途中出場》
 森万里子、高田ありさ、築地保奈美、小平花織、田代佳奈美

《控え》
 和田麻里江、リベロ:木村美里
 東レアローズ整列

◆観戦記
《試合まで》
 試合会場は豊田市総合体育館(スカイホール豊田)です。昨シーズンにはなかった第二駐車場が出来ていて
 キャパが増えていました。
 体育館前に4チームのバスがずらりと並んでいて、なかなか珍しい光景でした。
 チームバス
 シーガルズのバスは鴎ではなく「・810」で鳩のゴロあわせのナンバーでした。
 開場はいつも通り試合開始の1時間30分前の11時30分です

 今日はデンソーとトヨタ車体のホームゲームです。会場に入るとデンソーグッズを販売していました
 (トヨタ車体はありませんでした)
 座席は1階のエンド側です。ここのところサイドでずっと見ていたので久しぶりになります。
 さきに言ってしまうと写真撮影はサイドより難しかったです。慣れていないのとシーズンオフの間にもともと
 ない腕がさらに鈍っていることもあります…。

 入った時はアローズが最後の練習をしているところで、ジャージが新しくなって黒が基調になっています

 しばらくすると、愛知大会ではおなじみのDJ黒岩氏が登場して、じゃんけん大会です。
 勝ち進むとサイン色紙がもらえるというものでした。

 その後、ホームゲームということで、デンソーの選手をひとりずつ紹介していきます。その時にカラーボールを
 投げ入れて受け取った人にはグッズをプレゼントするということもしていました。

 観客席はデンソーの応援団も多いですが、東レの応援団もとても多かったです。観客数の公式発表は1750人
 でしたが、かなり席は埋まっていたように思います。いつもこれくらい集客できるとVリーグも盛り上がるので
 しょうけれど…

《試合》
 まず、スタメンは両チームとも今シーズンのいつものメンバーです。ただ、デンソーの鈴木はここ2試合レフト
 ポジションに入っていましたが、この試合ではライトです。

 試合は、第一セット東レがサーブレシーブが崩れがちでデンソーが終始リードを保ちセットを取ります。
 第二セットは逆にデンソーがサーブレシーブが崩れ、木村の攻撃などで東レがセットを取ります。
 この試合は第三セットがポイントです。序盤は第二セットのいきおいのまま東レがリードして11-17に
 なりましたが、そこからつなぎで粘ったデンソーが追い上げ逆転してデンソーがセットを取ります。
 続く第四セットもデンソーが終始先行した状態でセットを取り、勝利しました。

 試合後の勝利者インタビューは井上主将と櫻井でした。櫻井の元気のある応対はとてもよかったです。

 エンド席だったので、サーブのコースが良く見えましたが、ボールが変化していたのは2,3人のみで他の
 選手は変化していませんでした。

《チーム別:デンソー》
・昨シーズンは地元全敗ということもあってか、すごく気合を感じました。特に守備面で。
・サーブレシーブは鈴木、櫻井、奥田の3枚が基本スタイル。

・鈴木
 今日はライトポジション。ライトからの早い攻撃など多彩な攻めで得点につなげイイ働きをしていました。
 守りも結構動けていたような気がします。
 鈴木裕子スパイク

・エベ
 ミスが多いけど、やはり得点はこの人が頼りになります。現時点で得点リーグ第一位です。

・奥田
 この試合では打ってもきまらないことが多かったです。第三セット途中から細田に交代。
 奥田恭子

・井上
 ブロード攻撃の決定率がいつもに比べるとマークされていたせいか、あまり良くありませんでした。
 その分ブロックで7得点と壁状態でした。
 井上香織

・矢野
 比較的出番は少なかったですが、時折見せるクイックはいつも通りパワフル強烈で決定率が高かったです。


《チーム別:東レ》
・ユニフォームが新しくなりました。カッコイイです。背番号のブルーがとても綺麗に見えます。
 新しい番号にはまだ馴染めていません。

・峯村がベンチ外でした。

・菅野監督が課題に挙げていたブロックは機能していた(12得点)と思います。

・終始なにかどたばた感があったように思います。つなぎがいつもより良くなかったような気がします。

・サーブレシーブは濱口、木村、リエスベット(高田)の3枚が基本スタイル。

・木村
 前半は攻撃してもなかなか得点につながりませんでしたが、中盤以降は復活。ただいつもより決定力がない印象
 髪を後ろで束ねていたのが珍しかったです
 木村沙織練習中

・リエスベット
 初めてみましたが第一印象は決定力がないなぁということです。とくにかくフェイントが多かったです。
 チャンスボールで相手がノーブロックの時までフェイントってなんで?という感じがしました。
 で、結局途中高田に交代。このままだと近い将来、高田スタメンもあるような気がします。
 ただ、ブロックはよさそう、井上とかを結構マーク出来ていたような気がします。
 あと、バックアタックも打たないようです。今後に期待したいです!
 リエスベット ヴァインデヴォーゲル

・築地
 第二セットから宮田に変わってスタメン登場。ブロックが本当によかった。得点につながらなくてもワンタッチ
 がよく取れていたと思います。攻撃はトスが上がってこないこともあり、あまり出番がありませんでした。
 築地保奈美

・荒木
 ブロック好調。攻撃もいつものパワフルなブロードなど決まっていました。サーブは全日本で変更したジャンプ
 フローターのままでした。このボールだとジャンプした方がよさそうに見えます。
 劣勢になった時、ボールに当たったのはやめた方がいいですね。

・中道
 トス回しは迫田、木村一辺倒のような気がしました。もう少しセンターにもトス上げてほしいです。
 そうするとサイドの決定率ももっと上がってくるのではないでしょうか。

・宮田
 トスも殆ど上がってきませんでしたし、目立つシーンがありませんでした。第二セット以降はベンチに下がり
 ました。
 宮田由佳里

・迫田
 デンソーブロックにワンタッチをよくされていたので得点に繋がりにくかったです。
 
・高田
 リエスベットに代わり各セット途中にコートイン。コンビ、時間差攻撃を含めて決定率高かったです。
 流石スーパーサブです。↓近すぎて迫力満点^^
 高田ありさサーブ

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

上尾メディックスPHOTO CONTEST

2010年12月05日 00:50

上尾メディックス公式サイトで「2010/11MEDICS PHOTO CONTEST」という
イベントが開催されています。(かなり気がつくのが遅かったです…)

ざっくり言いますと、上尾メディックスの選手の写真(1試合につき5枚迄)を試合終了後2日以内
(正午迄)に応募すると、その翌日に「特に素晴らしい写真をサイトで紹介する」というイベントです。
また、シーズン終了後にはいくつかの賞が贈られるようです。

なかなか面白い企画ですね。
チームが写真を撮ることについて前向きなイベントなので嬉しいですね。

今シーズン一度は観戦しようと思っていましたので、その時に写真撮影したら応募してみようかと
考えています。

メディックスの試合を観戦される方、いかがでしょうか。

上尾メディックスの選手たち

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

V・プレミアリーグ選手同士の交友録(2010/06~09月)

2010年12月04日 00:05

遅れています「Vプレミアリーグ選手同士の交友録」を更新しました。
あと数回お送りする予定です。

お手数ですが下記リンクより御覧ください。
なお、投稿日は元情報となったBLOG更新日(過去日付)にしています


2010/06月 久光製薬スプリングス選手たちの交友(古藤千鶴、長岡望悠、石井優希)
 ⇒写真はほのぼのとした雰囲気

2010/08月 久光製薬スプリングス選手たちの交友(古藤千鶴、座安琴希)
 ⇒意外な二人の組み合わせですね。6月のブログ交友も見ると古藤は若手を案外
  かわいがるタイプかもしれません

2010/08月 トヨタ車体クインシーズ選手たちの交友(平松美有紀、前田見奈子、堀崎智恵美)

2010/08月 トヨタ車体クインシーズ選手たちの交友(チーム全員?)
 ⇒記念写真はなごやかな雰囲気です。あの試合中の厳しい感じとのギャップが^^

2010/09月 NECレッドロケッツ選手たちの交友(松浦麻琴、八幡美樹、?)
 ⇒ファッションに個性がよく出ていますね

2010/09月トヨタ車体クインシーズ選手たちの交友(松本瑠美、赤坂瑠美、衛藤智美)

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。