--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する

【現地観戦】11/27 Vプレミアリーグ 久光製薬×トヨタ車体

2010年11月29日 23:16

◆日程
 2010年11月27日(土)

◆試合結果
 久光製薬スプリングス 3-2 トヨタ車体クインシーズ[23-25 25-21 25-14 21-25 15-11]

◆出場選手
久光製薬スプリングス
《スタメン:第一セット》
 原桂子、石田瑞穂、先野久美子、エリザンジェラ・オリヴェイラ、新鍋理沙、平井香菜子、
 リベロ:座安琴希

《途中出場》
 岩坂名奈、古藤千鶴、筒井視穂子、雨堤みなみ

《控え》
 石井優希

トヨタ車体クインシーズ
《スタメン:第一セット》
 船崎恵視、眞恵子、田原香理、山田真里、都築有美子、アキンラデウォ・フォルケ
 リベロ:梶原雪路

《途中出場》
 河村聖子、赤坂瑠美、堀崎智恵美、服部鮎弥、羽根翠

《控え》
 山本陽子、リベロ:松本奈都己

◆観戦記
 試合展開は省略させていただき、簡易版でお送りします。大きな声で言えませんが、第三セット途中あたりで
 寝てしまいました^^;

《チーム別:久光製薬》
・ユニフォームが変わりました(写真を御覧ください)

・今日は久光ブロック祭りでした。ミドルブロッカー二人でなんと13得点!

・開幕前のスタメン予想は全く当てになりませんでした。さすがに全部正直に言う必要はありませんが、結局、
 エリザンジェラ、平井、石田以外は違う選手でした。

・試合後の勝利者インタビューは全日本チーム^^の石田でしたが、今日の活躍度合いからすると新鍋が妥当
 だと思います。世界バレーの余韻で仕方はないでしょうけれど…。

・昨シーズンよりかなり戦力ダウンかと思っていましたが、案外チーム力あるように感じました。

・新鍋
 攻撃はパワフルではないけどうまさがありました。ブロックアウトやワンタッチ取ったり、いない所に落とした
 り、インナー打ちしたり、バックアタックも打てます。サーブレシーブにも参加していて安定していました。
 イイ選手が出てきました。これからが楽しみな選手です。各チームから研究された第二レグ以降でも結果を
 残すことが出来れば今シーズンレギュラー定着もありでしょう。
 ブロック含めて34得点!本日のベストスコアラーです。インタビュー聞きたかったです
 新鍋理沙

・エリザンジェラ
 昨シーズンと同様のプレーでした。チームをけん引していくことでしょう

・平井
 得意のブロックが炸裂して6得点!攻撃はクイックが読まれることが多かったです。
 平井香菜子サーブ

・古藤
 シャツネームが「ASU」に変わっていました。ジャージの方は前の「KOTOH」まま。
 この変更もあってかリベロの座安が「ZAYASU」→「KOTO」に。


《チーム別:トヨタ車体》
・ユニフォームが変わりました(写真を御覧ください)

・開幕前のスタメン予想と全く同じメンバーでした。葛和さん案外素直なんですね(笑)

・選手の数が増えました。一部の新人、今西郁瑠、前田見奈子、藤原亜紀などベンチ外でした。

・サーブレシーブは都築・山田・梶原の3枚ですが、都築の出番が少なかったです。若手二人がとても安定して
 いました

・アキンラディオが後衛の時の攻撃力ダウンが大きくて、なかなかローテーションが回らないことがあります。
 ここが今年の課題の1つになりそうです。

・アキンラディオ
 流石アメリカ代表。特にブロードが高さと相まってかなりの確率でコートに突き刺さっていました。
 ただ船崎とのコンビは合わないことが多く見受けられました。(そこをなんとか腕と高さでカバーしている
 ところがまた凄い)
 アキンラデウォ・フォルケ

・船崎
 アキンラディオ加入で昨シーズンまでは違ってセンター中心のトス回し。Bパス以下でも無理やりクイックに
 あげたりしていました。

・赤坂
 新加入選手。途中交代で出場します。思いっきりのいいプレーです。今後に期待できそう。

・眞
 気迫は十分感じますが、打っても打っても決まらない感じでした。昨シーズンまでは確かしていなかった
 バックアタックをしていました。

・都築
 眞と同様、昨シーズンまでは確かしていなかったバックアタックをしていました。怪我からは復調したように
 見えました。でもフルセットはしんどうそう。
 都築有美子ジャンプサーブ

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事
スポンサーサイト

【現地観戦】11/27 Vプレミアリーグ デンソー×JT

2010年11月28日 23:48

◆日程
 2010年11月27日(土)

◆試合結果
 デンソーエアリービーズ 3-1 JTマーヴェラス[11-25 25-22 25-23 25-21]

◆出場選手
デンソーエアリービーズ
《スタメン:第一セット》
 奥田恭子、矢野美子、鈴木裕子、エベ リスベル、井上香織、熊谷桜子、リベロ:櫻井由香

《途中出場》
 本田つばさ、石井里沙、真柴咲紀

《控え》
 細田絵理、井上奈々朱、栄絵里香、リベロ:高橋菜穂子

JTマーヴェラス
《スタメン:第一セット》
 河合由貴、吉澤智恵、石川友紀、坂下麻衣子、高木理江、加藤千尋、リベロ:井上琴絵

《途中出場》
 谷口雅美、山本愛、竹下佳江、川原麻実、千葉智枝美

◆観戦記
 世界バレー銅メダル効果でお客さんが多いのではと予想して現地に向かいました。
 入場待ちで並んでいるお客さんの数は昨シーズンより若干多いかなという程度でしたが、家族連れや女性が
 普段よりは多いような気がしました。
 
 入場後、開幕戦なので2010/11の公式プログラムをまずは購入。
 長い列です。早い者勝ちでサイン色紙(チーム全員と選手個人)がついていました。
 私は後ろの方だったので、チームも個人も選手も選択の余地はありませんでしたが、デンソーの矢野選手の
 サインでした^^

 JTのホームゲームですので、JT応援団が数多く入っています。一方のデンソーサイドはこじんまりとした
 人数です。

 まず、JTスタメンは全日本の竹下、山本を外したメンバーでの構成で意表を突かれましたが、温存したので
 しょうか。一方のデンソーのスタメンは細田ではなく奥田というところ以外は予想通りのメンバーです。

 試合展開は簡単に書きます。
 第一セットはJTが坂下中心の攻撃、そしてデンソーは何かとグタグタな立ち上がりで大差がつきます。
 20点過ぎにJTは二枚替えで全日本^^の竹下、山本が登場します。
 ここでお客さんから拍手が起こりました。やはり全日本選手を目当てに来ている人が多いことがよくわかり
 ます。石原監督もそのあたりの空気を読んだのかもしれません。
 このセットはJTがなんなく取ります。
 第二、第三セットは、一進一退の攻防でしたがデンソーが連取します。
 第四セットはあとがなくなったJTが山本を投入、また坂下に替えて川原を投入するもセットを落としデンソー
 が勝利を収めました。

 試合終了後のインタビューはデンソー主将の井上香織。インタビュー用のお立ち台のようなものが今シーズン
 から登場。今日の試合の感想と今後の抱負について応えていました。

 その後、JTのホームゲームということで、各選手がサインボールの投げ込みがあり、また、指定席の座席
 番号下一けたでサイン会に参加出来るイベントもありました。
 運よく当たり、河合・石川・位田選手にサインをして戴きました

《全体》
 今シーズンはボールがMIKASA製からmolten製になり、フローターサーブでのボールの変化がかなり少なく
 なったように見えました。ですのでどの試合もサーブレシーブ返球率が高くなっています。今シーズンは
 ジャンプサーブでドライブをかけた方が、効果的な感じがしました(例えばデンソーの奥田など)

 館内放送で携帯電話による写真と動画撮影は禁止と言っていました。

《チーム別:JT》
・ユニフォームは昨シーズンと同じもの
JT整列
・アジア大会に出場した、キム・ヨンギョンと西山由樹の姿がなく、怪我している位田愛と芥川愛加はベンチ外
 となっていました。
・試合全体を通じて残念ながら気迫があまり感じられませんでした
・リベロ登録1名。
・元武富士の吉澤と石川がJTのユニフォームで並ぶとは…。でもイイ感じです。
・サーブレシーブは吉澤/高木/井上の3枚で安定していました。
JTレシーブフォーメーション


・河合
 サマーリーグから毎回している2トスアタック(トスアップを相手コートのレフト側に落とす)で今日も
 1得点あげました。デンソー側は全く反応できず。
河合由貴

・坂下
 序盤はバックアタック含めて攻撃が良く決まっていましたが中盤以降失速して、交代する。ここのところこの
 パターンが多いような気がします。

・川原
 サマーリーグでは怪我回復中でしたが、プレーを見ていると復調したように見えます。彼女らしい早いレフト
 攻撃やバックアタックなどよく決まっていました。今シーズン期待できそうです。
川原麻美

・加藤
 山本温存で得た出場機会でしたが、あまりイイ所がありませんでした。スピードはあるんですけどね~。

・高木
 序盤はスパイクよく決まっていましたが、後半は失速してしまいました。サーブレシーブは
 良かったと思います。
高木理江サーブ

・石川
 期待しているんですけど、ここのところいまひとつです。クイックが結構拾われています
石川友紀の囮

《チーム別:デンソー》
・ユニホームが変わりました。昨年までの黒貴重ではなくてグラデシーョンが入ってかっこよくなっています。
デンソー整列
達川実監督

・井上香織
 スタメンフル出場。攻撃はスピードのあるブロードがよく決まっていましたし、サーブも強く打っていました。
 世界バレーから特に変わっていません。逆にブロックは目立ちませんでした。
井上香織

・熊谷
 昨シーズンから体型が引き締まったように見えます。以上^^
熊谷桜子

・奥田
 昨シーズンから全体的にレベルアップした印象です。苦労したサーブレシーブがかなり良くなっていて安定
 していました。攻撃面でもパワフルで決定力があり大活躍でした。 ジャンプサーブはドライブがかかって
 いて威力もあり新ボールにマッチして効果的だったように思います。
 奥田の起用は単純に細田よりも調子がイイということだと思いました。

・矢野
 クイックは殆ど決まっていた印象がありますがミスがとにかく多かった。記録上のミスは1しかありません
 が、チャンスボールのトスアップミスして失点したりでまったくダメでした。
矢野美子・櫻井由香

・エベ
 ドミニカから来た19歳。パワーはありますが、ミス(サーブ、スパイクなど)が多い印象です。
 ただ、慣れてくると大活躍しそうな予感がします。
エベのスパイク

・櫻井
 片下が引退したこともあり、今シーズンはフル出場となるのでしょうか。気迫はいままで通り素晴らしいです

※写真は撮影していてこれから編集します。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

Vリーグ公式サイト(携帯・PC)一部有料化

2010年11月27日 00:59

Vリーグの携帯サイト新名称「Vバレ」がコンテンツ拡充により一部有料化するとのことです。
詳細は下記ページにあります。
また、それに伴いPCサイトも一部有料化するとのことです。
  『Vバレ』いよいよオープン近づく!! - バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト


概略を纏めてみました。

◆サービスイン日
 ・docomo …2010年12月06日(月)★PCサイトも
 ・au   …2010年12月09日(木)
 ・SoftBank…2010年12月15日(水)
 ※お試し期間があります。詳しくは上記リンク先を御覧ください

◆費用
 ・携帯サイト:月額固定315円、従量105円(待受画像等)
 ・PCサイト:年額固定3780円
 ※どちらかの会員になると携帯/PC両方にアクセス出来るようです。

◆コンテンツ
 無料(一部有料)
  ・試合日程

 有料会員(一部無料)
  ・試合結果
  ・チーム情報
  ・メールマガジン

 有料会員
  ・ライブスコア
  ・選手名鑑
  ・チーム成績
  ・個人成績
  ・ニュース&トピックス
  ・ピックアップコラム
  ・データルーム
  ・選手ブログ

 従量105円
  ・待ちうけFLASH
  ・着ボイス


皆さんはどのように感じられたでしょうか。

実際の無料コンテンツの範囲は確認出来てはいませんがコンテンツのタイトルから判断すると無料で閲覧
できる情報が少なすぎる様な気がします。
有料化はとくに否定しませんが、一般の方がVリーグに興味を持ったとしても、気軽にVリーグの情報収集
が出来なくなります。
ファンの拡大をしていく必要があるのに、ますますコアなファンだけのクローズな世界になってしまいそう
で心配です。

オフシーズンは有料コンテンツは不要という人は携帯サイトで月額契約する方が割安にはなりそうですね。
私は、ライブスコアを見たいので契約する予定です…。


※2010/11シーズン各チームの抱負は全チーム書こうと思っていたのですが、開幕に間に合いませんでした。。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

久光製薬スプリングス 2010/11シーズンの抱負

2010年11月24日 23:58

バレーボール Vリーグ オフィシャルサイトに2010/11 V・プレミアリーグ開幕に向けて
各チームの監督が今シーズンの抱負や開幕戦のスタメン予想を語っています。
 今シーズンの抱負-2010/11 V・プレミア女子編

今回は久光製薬スプリングスです。


◆大東雅史監督が挙げた課題
 サーブレシーブのアタック率を上げること。

 あまり使わない表現ですね。
 サーブレシーブ(Aパス以外からでも)から攻撃へ確実に繋げていくということだと理解しました。
 昨シーズンはサーブレシーブ成功率は8チーム中の第一位でしたが、その中心となった佐野と石井がいません
 ので、石田と新しいメンバーでどこまであげていけるかがポイントとなるでしょう。


◆開幕戦スタメン予想(カッコ内は交代要員)
 ウイングスパイカー
  石田瑞穂(浅津ゆうこ)、筒井視穂子(雨堤みなみ)
 石田瑞穂スパイク

 オポジット
  エリザンジェラ オリヴェイラ(新鍋理沙)
 オリヴェイラ エリザンジェラ

 ミドルブロッカー
  岩坂名奈(先野久美子)、平井香菜子(水田祐未)
 石井 美樹と平井 香菜子

 セッター
  古藤千鶴(原桂子)

 リベロ
  座安琴希(筒井視穂子)

 故障選手
  なし

退部者は6名で狩野舞子、狩野美雪、佐野優子、石井美樹、小山修加、大村加奈子
入部者は3名で長岡望悠、野本梨佳、石井優希

レギュラークラスの選手が大量退部し、入部は他チームからの移籍はなく新卒選手のみです。
スタメンも一瞬サマーリーグか?と思うくらい若手選手が多い構成となっています。
以上のことから、外国人は安全策を取ったのか実力のわかっているオリヴェイラと再契約しました。

今シーズンは筒井新主将がキープレイヤーになるかもしれませんね。
あとの選手はほぼプレーのイメージができそうですので。。
オリヴェイラの活躍は大前提となりますのであとはサイドを活かすためにもミドルブロッカー
二人も重要な役割を担うことになるでしょう。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

NECレッドロケッツ 2010/11シーズンの抱負

2010年11月23日 00:53

バレーボール Vリーグ オフィシャルサイトに2010/11 V・プレミアリーグ開幕に向けて
各チームの監督が今シーズンの抱負や開幕戦のスタメン予想を語っています。
 今シーズンの抱負-2010/11 V・プレミア女子編

今回はNECレッドロケッツです。


◆山田晃豊監督が挙げた課題
 1.堅い守備の構築、とりわけサーブレシーブの安定

 昨シーズンのサーブレシーブ成功率は8チーム中の最下位53.7%でしたので、納得のいく課題 設定です。
 井野はリーグ2位でOK、問題はそれ以外の選手(おもにフォフィーニャと内田)の成 功率が全体的に低か
 ったので、どこまで守備力をアップ出来たのかが楽しみです。


◆開幕戦スタメン予想(カッコ内は交代要員)
 ウイングスパイカー
  フェルナンダ・ガライ・ロドリゲス、内田暁子(八幡美樹/渋澤夏美)

 オポジット
  松浦寛子(白垣里紗)
 松浦寛子

 ミドルブロッカー
  内藤香菜子(島村春世)、杉山祥子
 内藤 香菜子

 セッター
  松浦麻琴(秋山美幸)

 リベロ
  井野亜季子/渡邊絢子(滝口奈美)
 井野亜季子

 故障選手
  数名いるが、それぞれ回復に向かっている


退部者は6名で高崎、安藤、有田、松崎、中村、フォフィーニャ
入部者は5名で松浦麻、張、ガライ、島村、白垣

ウイングスパイカー・は外国人で強化したもののもう一人がやはり不安なのは否めないですね。移籍獲得した張の
名前が交代選手名にも入っていません…。
ミドルブロッカーは今のところ不動でしょうか、松崎と安藤が抜けた所を島村でカバー。サマーリーグを見た感じ
ではなかなかパワフルでイイ選手だと思いました。
セッターは移籍の松浦ですか…。ここのところ秋山はつらいところです。松浦寛はNECの台所事象もあって
セッターからオポジットになっています。
リベロが充実していますが、井野がぼぼ不動メンバーになりそうな気がします。

やはりサイドの選手の状態で結果を左右しそうですね。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

デンソーエアリービーズ 2010/11シーズンの抱負

2010年11月21日 01:41

バレーボール Vリーグ オフィシャルサイトに2010/11 V・プレミアリーグ開幕に向けて
各チームの監督が今シーズンの抱負や開幕戦のスタメン予想を語っています。
 今シーズンの抱負-2010/11 V・プレミア女子編

今回はデンソーエアリービーズです。


◆達川実監督が挙げた課題
 1.サーブレシーブ

 中心は鈴木、細田、櫻井でしょうか。昨シーズンも鈴木、細田が崩れた時はチームとしても苦しくなることが
 あったので、どこまで対策出来たのか楽しみです。今シーズンは使用球が変わるのでこの影響も予想がしづら
 い所ですが、見どころだと思います。


◆開幕戦スタメン予想(カッコ内は交代要員)
 ※公式のPDFで記述が明らかに違うと思われる箇所は修正しています。

 ウイングスパイカー
  エベ・リスベル(泉岡未来)、細田絵理(奥田恭子)

 オポジット
  鈴木裕子(石井里沙)
  鈴木裕子

 ミドルブロッカー
  井上香織(井上奈々朱)、矢野美子(大村祥子)
  井上香織

 セッター
  熊谷桜子(栄絵里香)
  熊谷桜子

 リベロ
  櫻井由香(真柴咲紀)


退部者は7名で黒羽、横山、関、大槻、藤井、片下、スタエレンス
加入者は5名で大宮、栄、木島、真柴、エベ

レギュラー陣はほぼ昨シーズンと変わらない顔ぶれですが、控え選手がかなり若手が多くなっている印象です。
外国人選手の力量がわかりませんが、この助っ人の貢献度合いでかなりチーム力が左右されそうな気がします。
また、監督が「観戦した人に感動、勇気、希望を与えることを約束します!」という言葉に大変期待しています。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

JTマーヴェラス 2010/11シーズンの抱負

2010年11月20日 00:08

バレーボール Vリーグ オフィシャルサイトに2010/11 V・プレミアリーグ開幕に向けて
各チームの監督が今シーズンの抱負や開幕戦のスタメン予想を語っています。
 今シーズンの抱負-2010/11 V・プレミア女子編

今回は昨シーズンおしくも準優勝となりました、JTマーヴェラスです。


◆石原明久監督が挙げた課題
 1.リーグ終盤の戦術の硬直化
 2.レセプション能力
石原監督と遠藤りつこ

>リーグ終盤の戦術の硬直化
 石原監督の言っている通り、色々な場面での選手の起用や戦術をやるというのがポイントとなるでしょう

>レセプション能力
 スタメン予想からするとヨンギョン、吉澤、井上が中心となりそうです。昨シーズンは特に位田が安定して
 いたように思います。ヨンギョンが狙われると思うので、ヨンギョンが切れずに粘ることと井上のカバーが
 ポイントでしょうか。


◆開幕戦スタメン予想(カッコ内は交代要員)
 ウイングスパイカー
  キム・ヨンギョン(位田愛)、吉澤智恵(高木理江)
キム・ヨンギョン

 オポジット
  谷口雅美(坂下麻衣子)

 ミドルブロッカー
  石川友紀(西山由樹)、山本愛(加藤千尋)
石川友紀

 セッター
  竹下佳江(河合由貴)
竹下佳江・井上琴絵

 リベロ
  井上琴絵(千葉智恵美)


退部者は4名で久保、小酒、遠藤、神本
加入者は2名で芥川、吉澤

スタメンは吉澤か位田どっちになるか注目していましたが、新加入の吉澤でした。
以外のポジションは私の予想と同じで、井上以外は全日本(韓国)経験者です。

JTは戦力変化があるイメージでしたが、あまり昨シーズンと変わっていませんね(個人的には小酒・遠藤移籍
は大きい^^)
ということは、昨シーズンのように開幕からぶっちぎりということにはなりそうにないと思うので「リーグ終盤
の硬直化」の対策が出来ていけば、イイところにいける可能性があると思います。。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

東レアローズ 2010/11シーズンの抱負

2010年11月19日 01:11

バレーボール Vリーグ オフィシャルサイトに2010/11 V・プレミアリーグ開幕に向けて
各チームの監督が今シーズンの抱負や開幕戦のスタメン予想を語っています。
 今シーズンの抱負-2010/11 V・プレミア女子編

まずは4連覇を狙う東レアローズ。


◆菅野監督が挙げた課題
 1.選手全員が15名と非常に選手層が薄い
 2.相手にプレッシャーを与えるブロック

>選手層
 退部者は5名で芝田・大山姉妹・佐藤・バルボッサ
 加入者は5名で木村美・堀川・二見・大野・リエスベット
 ですので、頭数的には昨シーズンと同様ですが、新人3名を考慮すると確かに層は若干
 薄くなったかもしれませんが、全日本選手が5名いるので、怪我が一番心配なところでしょう。

>ブロック
 荒木以外の選手がどこまでレベルアップ出来ているかがポイントになりそうですね。


◆開幕戦スタメン予想(カッコ内は交代要員)
 ウイングスパイカー
  木村沙織(小平花織)、迫田さおり(峯村沙紀)
木村沙織2

 オポジット
  リエスベット・ヴァインデヴォーゲル(高田ありさ)

 ミドルブロッカー
  荒木絵里香(築地保奈美)、宮田由佳里(森万里子・和田麻里江)
宮田由佳里

 セッター
  中道瞳(田代佳奈美)

 リベロ
  濱口華菜里(木村美里)
濱口華菜里ファインディグ

スタメンは私が思っていたメンバーと一致していました。
特にウイングスパイカー、セッター、リベロは全て全日本選手で何も言うことがありません。

高田はシーズンオフではMVPを総なめしていましたが、今シーズンもスタートはスーパーサブですね…。
他チームならスタメン間違いないでしょうけれど。

ミドルブロッカーは森→宮田と世代交代です。アローズは豊富に人材がいます。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

2010女子バレーボール世界選手権 アメリカ×日本

2010年11月14日 21:44

◆日程
 2010年11月12日(日)

◆試合結果
 USA-JPN 2-3[25-18 23-25 25-21 19-25 8-15]

◆出場選手
アメリカ
《スタメン:第一セット》
 リンゼイ・バーグ、ヘザー・バウン、ジョーダン・ラーソン、ローガン・トム、
 フォルケ・アキンラデウォ、デスティニー・フーカー、リベロ:ステーシー・シコラ

《途中出場》
 オガナ・ナマニ、アリーシャ・グラス、シンシア・バルボッサ、ジェニファー・タマス

日本
《スタメン:第一セット》
 竹下佳江、井上香織、山本愛、木村沙織、山口舞、江畑幸子、リベロ:佐野優子

《途中出場》
 井野亜季子、中道瞳、荒木絵里香、石田瑞穂、栗原恵


◆観戦記
 全日本女子バレーボールチーム
 世界バレー32年ぶりメダル獲得おめでとう!


 世界選手権で銅メダル獲得って本当に素晴らしいです。
 ブラジル戦の負けで気持が切れることなく強豪アメリカとの勝負に勝ちました
 連戦で選手たちの体はボロボロな状態だったと思います(相手も同じでしょうけれど)

 今日の試合は江畑に代えての石田投入と井上に代えて荒木のながれを変えられたことが、大きかったように
 思います。真鍋采配バッチリでした。
 もちろんエース木村のスパイク、山口の技あり攻撃、山本の早い攻撃など今日もブラジル戦に続いて日本
 らしい全員バレーを出来たのではないでしょうか。
 細かいミスなどもありましたが、今日は勝利の美酒に酔いましょう

眞鍋政義監督
 大変お疲れ様でした。「有言実行」をやり遂げてくれました!選手交代のタイミングも成功率が高かったように
 思います。次は五輪に向けてのチーム作りを期待しています。

荒木絵里香主将
 ベンチにいることが多かったですが、チームが逆境の時に元気とパワフルなプレーで流れを変えました。

栗原恵選手
 怪我からの復活で二枚替えでの登場が中心でした。更なる復活を期待しています。

中道瞳選手
 大事な場面でのピンチサーブと二枚替えでの登場が多かったですが、全日本代表初選出と感じない落ち着いた
 プレーだったと思います。
 
竹下佳江選手
 トスだけではなくディグにも大活躍でした。アメリカ戦の第五セットはかなりテンパっている様に見えました。

井上香織選手
 ブロックが特に素晴らしかったです。ブロックポイントでは世界1です。

山本愛選手
 一度は選手引退しての代表復帰。スピードのあるブロード攻撃がイイ所で決まりました。
 余談ですがメイクもばっちり決まっていましたね^^

佐野優子選手
 高さのあるチームの時に特に拾いまくってくれました。スーパーレシーブからチームに流れを作ることもあり
 ました

山口舞選手
 日本チームのバレーにバリエーションが出来ました。コンビプレーやコース打ちが素晴らしかったです。
 案外守りも頑張っていたと思います

石田瑞穂選手
 ファイナルラウンドでようやく出番が巡ってきました。アメリカ戦では試合勘があまりない中攻撃・守備に
 貢献しました。

木村沙織選手
 日本のエースです。相手が手ごわいとトスが集まり厳しい中できっちりと決めてくれる頼もしいエース。
 アメリカ戦後のインタビューは木村節が出ていてかわいらしかった。

江畑幸子選手
 この世界バレーでレギュラー獲得。試合毎にパワーだけではなくブロックアウトやコース打ちなどレベルアップ
 したように感じます。

迫田さおり選手
 出場機会はあまりありませんでした。高さとスピードのあるバックスパイクが魅力です。江畑選手と競い合って
 更なるレベルアップを期待しています。

井野亜季子選手
 ピンチサーブとレシーバーとして中盤の大事なシーンで活躍しました。

濱口華菜里選手
 日本チームで唯一ベンチ入りする事が出来ませんでしたが、日本チームを支えてくれたと思います。今後の活躍
 に期待です。


◆Individual Best Player Awards
Most Valuable Player
  Ekaterina Gamova (RUS)

Top Scorer
 Neslihan Darnel (TUR)

Best Server
 Maret Grothues (NED)

Best Spiker
 Tatiana Kosheleva (RUS)

Best Blocker
 Christiane Furst (GER)

Best Setter
 Wei Qiuyue (CHN)

Best Libero
 Stacy Sykora (USA)

Best Receiver
 Logan Tom (USA)

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

2010女子バレーボール世界選手権 ブラジル×日本

2010年11月14日 00:49

◆日程
 2010年11月11日(土)

◆試合結果
 BRA-JPN 3-2[22-25 33-35 25-22 25-22 15-11]

◆出場選手
ブラジル
《スタメン:第一セット》
 ファビアナ・クラウジノ、タイーザ・メネセス、ジャケリネ・カルバリョ、ナタリア・ペレイラ
 シェイラ・カストロ、ジョゼファファビオラ・ソウザ、リベロ:ファビアナ・オリベイラ

《途中出場》
 ダニエル・リンス、ウェリサ・ゴンザーガ、ジョイセ・シルバ

日本
《スタメン:第一セット》
 竹下佳江、井上香織、山本愛、木村沙織、山口舞、江畑幸子、リベロ:佐野優子

《途中出場》
 井野亜季子、中道瞳、荒木絵里香、石田瑞穂、栗原恵


◆観戦記
 全日本女子バレーボールチーム惜敗しましたが、大健闘です!

 ここまで世界ランク1位のブラジルと互角に試合出来たのだから、なんとか勝ってほしかった、悔しいです。
 ここ最近で一番いい試合を見ることが出来ましたので、いつものごちゃごちゃ書くのはやめます。


 試合開始からのチームの一体感(まさに全員バレー)、試合を通じての集中力、攻めるサーブ、守備では
 絶対にコートにボールを落とさないという気迫など選手の動きをみて凄く感じました。
 佐野や竹下と並んでアタッカーの木村、江畑もよく上げていました。やっぱり日本チームは守備から流れを
 作れます。

 第二セットではジュースからサイドアウトの応酬で結果33-35まで縺れ歴史に残るようなセットを取る
 という粘りに感動しました。
 ここまでくるとトスは木村に集中するのは仕方がないし、木村もそれによく応えていました。
 この辺りで目頭が熱くなってきました。それくらい観戦にも集中していました
 現場で見ていたらどんな感じだったのでしょう。

 第三セット以降もブラジルに離されずよくついていっていましたが、連続でセットを失い、結果ブラジルが
 勝利します。
 そして、大喜びするブラジルの監督、コーチ、選手たち。
 日本に勝ってこれだけ歓喜するというのはいままでになかったことでしょう。
 それだけ日本も強かったし、ブラジルも本気だったということだと思っています。

 明日の3位決定アメリカ戦に気持を切り換えていきます。まだ、メダルの可能性は残っています。
 頑張れ!ニッポン


◆Best Player[Best10 Rank In]
Best scorers
 2 Kimura Saori[212]

Best spikers
 -

Best blockers
 4 Inoue Kaori[0.87/set]

Best servers
 3 Kimura Saori[0.46/set]

Best diggers
 3 Sano Yuko[3.54/set]

Best setters
 3 Takeshita Yoshie[9.23/set]

Best receivers
 -

Best liberos
 3 Sano Yuko[6.10/set]

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

2010女子バレーボール世界選手権 日本×韓国

2010年11月10日 01:05

◆日程
 2010年11月9日(火)

◆試合結果
 JPN-KOR 3-0[25-22 25-17 25-19]

◆出場選手
日本
《スタメン:第一セット》
 竹下佳江、井上香織、山本愛、木村沙織、山口舞、江畑幸子、リベロ:佐野優子

《途中出場》
 井野亜季子、中道瞳、荒木絵里香、

《控え》
 迫田さおり、栗原恵

韓国
《スタメン:第一セット》
 キム・サネ、キム・ヨンギョン、ハン・ソンイ、チョン・デヨン、ファン・ヨンジュ、ヤン・ヒョジン
 リベロ:ナム・ジヨン

《途中出場》
 オ・ジユン、イム・ミュンオク、ハン・ユミ、キム・セヨン、イ・ソラ

◆観戦記と感想
 今日もTV観戦しました。
 ウィークデイということもあってかお客さんの数は少ないです(公式発表6900人)
 この試合に勝利すれば日本はプールEで2位以上が確定し、ベスト4以上が決定する大事な一戦です。
 日本チームのスタメンは最近不動のいつものメンバーです。

 第一セットは出だし両チームともどたばたしてミスを連発します。一進一退の展開ののち、20-22と日本
 チームが負けている状態から木村のスパイク、山口のブロック、相手のミスなどで逆転しセットを取ります。
 第二セットはそのままの流れで江畑のスパイクを中心に大差でセットを連取します。
 つづく第三セットも序盤から好調な江畑とサイドの木村を中心に得点を重ねます。後半、韓国もヨンギョンの
 強烈なスパイクなどで粘りを見せるも最後は山本のブロードで試合を決めました。

 全日本女子チーム28年ぶりの4強決定です!おめでとうございます。

 素直に嬉しいですね。まともにバレー観戦を始めてから初のメダルの可能性が出てきました。
 TV解説の川合さんや中田さんも言ってましたが凄いことです。
 ここからが本当に厳しい戦いになります。全員バレーで日本らしさを出してなんとか1勝を上げてほしいです。


《日本チーム全体》
 ・ブロード攻撃は完全にマークされて攻撃が通りませんね。数は少なかったですがクイックに切り替えたのは
  良かったのではないでしょうか。

 ・ブロックのワンタッチをよくとってそこから攻撃に持ち込むパターンが多かったのも良かったです。

 ・凡ミスが特に前半多く、準決勝でそんなことをしていたら大敗に繋がることでしょう。修正課題です

 ・センター/レフトに井上・山口のダブルクイックの囮にしてライトから木村の早い攻撃は綺麗でした。

 ・守備でも全員の足がよく動いていて本当につなぎが良くできているように思います。

《選手別》
井上
 旦那さんも観戦に来ていたこの試合。ブロードとコンビは通らなくなるも、今日も要所で魅せてくれた鉄板ブロ
 ックとイイサーブで貢献しました。

山口
 コンビが通らなくなってきているので厳しくなってきました。4強対決では栗原投入があるかもしれませんね。

山本
 得意のブロードがマークされて決まらないので、山本も苦しい状況。荒木とのチェンジも良いのではないでし
 ょうか。

江畑
 トルコ戦から絶好調の江畑。今日も文句なしのベストスコアラーです。スパイク決定率も50%オーバーと素晴
 らしい活躍です。パワーで押す時とコース打ちとの使い分けがうまいですね。準決勝でも期待しています。

木村
 韓国は徹底的にサーブは木村狙いでしたが、この試合はサーブレシーブ安定していました。よく耐えたと思い
 ます。この結果チームはバリエーションにとんだ攻撃を組み立てることが出来ました。

佐野
 この試合も床すれすれのボールを多くあげていました。

竹下
 前試合まではブロックに殆ど参加して利用されることが多いと思っていたのですが、この試合はあえてブロック
 にさんかせずレシーブに入ってつないでいたのが良かったと思います
 (バレー好きさんがコメントで書かれていた通りの作戦です)
 トスアップではミドルブロッカーをなんとかしようという事は感じましたが…。

《韓国チーム全体》
 ・キムヨンギョンがミスが多く乗り切れていなくてもスパイク決定率50%オーバーは流石です。
 ・第二セット途中から足が止まりだしていたように感じました。

◆Best Player[Best10 Rank In]
Best scorers
 3 Kimura Saori[162]↓

Best spikers
 -

Best blockers
 1 Inoue Kaori[0.97/set]↑

Best servers
 2 Kimura Saori[0.50/set]↑

Best diggers
 3 Sano Yuko[3.47/set]→

Best setters
 8 Takeshita Yoshie[8.30/set]↑

Best receivers
 4 Sano Yuko[57.58%]↑

Best liberos
 5 Sano Yuko[6.10/set]→

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

2010女子バレーボール世界選手権 日本×トルコ

2010年11月08日 00:10

◆日程
 2010年11月7日(日)

◆試合結果
 JPN-TUR 3-1[25-19 23-25 25-19 25-13]

◆出場選手
日本
《スタメン:第一セット》
 竹下佳江、井上香織、山本愛、木村沙織、山口舞、江畑幸子、リベロ:佐野優子

《途中出場》
 井野亜季子、中道瞳、荒木絵里香、栗原恵

《控え》
 迫田さおり

トルコ
《スタメン:第一セット》
 バハル・トクソイ、ナズ・アイデミル、エスラ・ギュムシュ、ネリマン・オズソイ、エダ・エルデム、
 ネスリハン・ダルネル、リベロ:ギュルデン・カヤラル

《途中出場》
 エリフ・アウジャ、ギョズデ・クルダル、セダ・トカトルオール、ビュスラ・カンス、ギゼム・グレセン


◆観戦記と感想
 今日もTV観戦しました。
 日本チームのスタメンは最近不動のいつものメンバーです。
 第一セットは木村の多彩な攻撃を中心に中盤でリードを広げてそのままセットを取ります。
 第二セットは逆にトルコチームの強打やブロード攻撃などで先行され、終盤に栗原のサーブなどで差を縮めます
 がセットを失います。
 第三セットは序盤で日本チームが連続得点をあげて先行し、また相手のミスもあったことでそのままセットを取
 ります。続く第四セットも序盤で江畑のスパイクを中心に得点を重ね大差をつけてセットを取り、日本チームが
 3-1で勝利しました。

《日本チーム》
 ・コート上で選手たちの声がよく出ていましたし、気迫が伝わってきました。

 ・サーブは監督の試合後インタビューでもありましたが中盤緩くなっていましたが、全体的には結構攻めていて
  相手のレシーブを崩せていたのが良かったです。

 ・守備に粘りがあって結果として得点に繋がることが多かったように思います。やはり守備から日本チームは
  リズムが出ますね。

 ・栗原・中道の二枚替えは3ローテではなくワンポイントでした。

 ・第一セットにトルコチームのエースネスリハンのバックアタックをブロックで止めたのが大きかった。その後
  スパイクはブロックから逃げる打ち方になっていましたし、驚異のジャンプサーブも一時やめってしまったの
  で助かりました。

 ・井上と山本はかなりデータ取りされているのか相手に読まれて攻撃が通らなくなってきているように感じま
  す。この対策をなんとかしないと…


《選手別》
佐野
 この試合は特に動きが良くてスーパーレシーブ連発。これで日本チームの流れも良くなりました。

江畑
 今日が21歳の誕生日。第三セット以降は特にクロススパイクが面白いように決まりました。試合途中で修正
 出来るのが凄いですね。24得点で本日の日本チームベストスコアラーです

木村
 前半はスパイク、フェイント、バックアタックと幅広い攻撃で得点を重ねました。後半はディグでもよく繋いで
 いました。また、世界バレーでは恐らく初めてコンビ攻撃に絡んだのではないでしょうか。

山口
 中央に切り込むコンビ攻撃はよく決まっていました。前から気になっているサーブは相手がAパスになって殆ど
 1回でサイドアウトを取られています(サーブは攻めないとダメなのがよくわかります)

荒木
 第二セット途中から井上に代わってコートイン。ブロックによる得点、ライトオープンからの得点もあってスピ
 ードはないけどパワフルな荒木らしさが出せたのではないでしょうか。サーブも強くて効果的でした。
 また、表情やプレーから一番気迫を感じました。


◆Best Player[Best10 Rank In]
Best scorers
 2 Kimura Saori[145]

Best spikers
 -

Best blockers
 4 Inoue Kaori[0.93/set]

Best servers
 6 Kimura Saori[0.44/set]

Best diggers
 3 Sano Yuko[3.19/set]

Best setters
 9 Takeshita Yoshie[7.96/set]

Best receivers
 6 Sano Yuko[55.74%]

Best liberos
 5 Sano Yuko[5.81/set]

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

【現地観戦】2010女子バレーボール世界選手権Pool D

2010年11月05日 01:04

◆日程
 2010年10月31日(日)

◆場所
 大阪市中央体育館

◆試合結果
 CAN-RUS 0-3[13-25 16-25 21-25] 1,670人
 KOR-CHN 3-0[25-22 25-23 25-23] 2,240人

◆観戦記
 日本チームの出場する東京会場には行けないので、近場の大阪会場で第二試合と第三試合観戦しました。
 時間もかなり経過していますので、レポは簡易版で写真も撮影した枚数が少なくていつも以上に良いのが
 ありませんが、何枚か掲載します。

▽カナダ×ロシア
 両チームに対して特に目立った応援がありませんでしたので、良いプレーに自然と拍手が起こります。
 試合の方は、実力差が出たように思います。
 ロシアのガモアもあまり本気モードにはなりませんでしたが、やはりバックアタックは迫力があります。
 あと印象に残った選手はロシア16番のミドルブロッカー:メルクロワで、身長はガモアと同じ202cm。
 決定率が高かったように思います。

ロシアチーム
2010世界バレーロシアチーム

ロシア16番ユリア・メルクロワ
ロシア16番ユリア・メルクロワ

ロシア高さのある二枚ブロック
ロシアチーム2枚ブロック


▽韓国×中国
 アジア勢の戦いです。観客席からは両チームに対する声援が凄かったです。中でも韓国チームへの声援が特に
 多かったように思います。
 試合は接戦になると予想していたのですが、中国のミドルブロッカーがあまり機能せず、オウ・イメイもあまり
 目立ちませんでした。
 一方の韓国はつなぎもよく、要所でキム・ヨンギョンがきっちりと決めていたこともあって、ストレートで勝利
 しました。

韓国17番ヤン・ヒョジン
韓国17番ヤン・ヒョジン

中国1番オウ・イメイ
中国1番オウ・イメイ

韓国10番キム・ヨンギョン
韓国10番キム・ヨンギョン

勝利の瞬間韓国チーム
2010世界パレー喜ぶ韓国チーム

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

2010女子バレーボール世界選手権 日本×セルビア

2010年11月04日 00:40

◆日程
 2010年11月3日(水)

◆試合結果
 JPN-SRB 3-1[28-26 29-27 18-25 27-25]

◆出場選手
日本
《スタメン:第一セット》
 竹下佳江、井上香織、山本愛、木村沙織、山口舞、江畑幸子、リベロ:佐野優子

《途中出場》
 井野亜季子、中道瞳、迫田さおり、栗原恵

《控え》
 荒木絵里香

セルビア
《スタメン:第一セット》
 ニコリッチ、ブラコチェビッチ、クルスマノビッチ、モルナル、オグニェノビッチ、ラシッチ
 リベロ:チェービッチ

《途中出場》
 マラグルスキ、マイストロビッチ、

《控え》
 アントニエビッチ、ベーソビッチ、ベリコビッチ

◆観戦記と感想 今日もTV観戦しました。
 1次予選最終日&休みということもあってか会場は多くのお客さんが入っています(公式発表10230人)
 大山姉妹が観戦に来ていました(コスタリカ戦はJTの武田部長が映っていました…)

 4戦全勝チーム同士の戦いです。
 第一・第二セットはジュースとなる接戦でしたが、木村のスパイクや井上のサーブなどで2セットを連取しま
 す。
 第三セットは、江畑や木村がセルビアのブロックにつかまったことや、サーブレシーブの乱れから大差でセット
 を落とします。
 続く第四セットは日本のブロックがようやく機能し出してリードするも、ミスが続いてジュースとなります。
 そこから木村のうまいスパイクとニコリッチのスパイクミスでセットを取り、勝利を決めました。

 これでは日本は予選ラウンドプールAで全勝1位通過しました。
 1 Japan    5-0
 2 Serbia   4-1
 3 Poland   3-2
 4 Peru     2-3
 5 Costa Rica 1-4
 6 Algeria   0-5

 
《日本チーム全体》
・サーブレシーブが成功率:26%と悪すぎて(木村30%、佐野:36%、山口:16%)コンビやミドルブロ
 ッカーが使えませんでした。

・第二セットまでは殆どブロックが機能せず、相手のサイド攻撃にやられてしまいました。

・第三セットからはブロックが機能しだすも、スパイクが拾われて決まらないことが多かったです。

・日本チームのミスも散見されましたが、セルビアもサーブミスなどでお付き合いしてくれて助かりました。

・今大会二枚替えは(中道と栗原)成功しています。いままで20点以降の勝負所で弱かった点が軽減されたと
 思います。

・チーム全体としては勝てたものの次のラウンドに向けて不安が残ってしまいました。


《選手別》
木村
 本日のベストスコアラー27得点。相手が強いとどうしてもこうなります。終盤で接戦になると木村にトスが
 集まりますが強打、軟打で決めてくれます。ほんと頼もしいです。サーブレシーブをもう少しなんとか…。

栗原
 中道とで二枚替え登場。栗原のレフト攻撃を久しぶりに見ました。やっぱりイイですね。

江畑
 うまさも出てきましたね。強打だけでなくコース打ちも結構決まっていました。第三セットでは連続ブロックに
 つかまってしまい、迫田と交代しましたが、第四セットではきっちりと立て直したのも立派です。

井上
 ブロック5得点、相変わらずブロックが素晴らしいです。中でも1枚でのコミットブロックは見ていてスカッと
 しました。ブロック時のタイミングを合わせる掛け声「せーの」は井上?
 また、攻撃は機会は少なかったですが、得点につなげていました。

山口
 ニコリッチを1枚ブロックで止めたのは素晴らしかった。珍しくブロック2得点。攻撃の方はサーブレシーブ
 が乱れてあまり機能出来ませんでした。
 やっぱりサーブは強化しないとダメですね。セルビアがAキャッチにほぼなっていました。

山本
 出番が少なかったです。存在を忘れるくらいに…。荒木と交代してもよかってのではないでしょうか。

竹下
 サーブレシーブが乱れた中でよくトスアップしていたと思いますが、これまでよりスピードがなかったような
 気がします。

◆Best Player[Best10 Rank In]
Best scorers
 2 Kimura Saori[99]

Best spikers
 -

Best blockers
 3 Inoue Kaori[1.05/set]

Best servers
 6 Kimura Saori[0.47/set]

Best diggers
 4 Sano Yuko[3.32/set]

Best setters
 -

Best receivers
 9 Sano Yuko[54.88%]

Best liberos
 7 Sano Yuko[5.84/set]

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

2010女子バレーボール世界選手権 アルジェリア×日本

2010年11月02日 01:20

◆日程
 2010年10月31日(日)

◆試合結果
 ALG-JPN 0-3[18-25 7-25 14-25]

◆出場選手
日本
《スタメン:第一セット》
 竹下佳江、荒木絵里香、山本愛、木村沙織、迫田さおり、栗原恵、リベロ:佐野優子

《途中出場》
 井野亜季子、中道瞳、井上香織、江畑幸子

《控え》
 山口舞

アルジェリア
《スタメン:第一セット》
 ベンサレム、ウカジ、ブヒマ、ツァベト、ウルム、アイス、リベロ:マンスリ

《途中出場》
 ハムシェ、マグナナ

《控え》
 ジュアド、マダニ、アブデルラヒム、

◆観戦記と感想
 今日もテレビ観戦しました。(大阪会場は現地に観戦行きましたので別途書きます)
 日本チームスタメンは相手チームと実力差も少しあるということで、かなり入れ替えてきました。
 井上→荒木、江畑→迫田、山口→栗原です。
 私の気持としては、リベロも違う選手を起用してほしかったです。ただ、佐野はサーブが出来ない?ので
 レシーバーにまわしにくいのかもしれません…。

 さて、試合の方は第一セット、第二セットとセットは迫田を中心に得点を積み重ね、日本チームが取ったものの
 何か面白みにかけた感じがしました。なぜでしょうね。
 そして第三セットは、セッターをようやく竹下→中道にチェンジしました。これでコート上に東レアローズの
 選手が4名になります。
 途中ミスが少し出たものの危なげなくセットを取りストレートで勝利を収めます。
 これで開幕3連勝。おめでとうございます。
 試合時間も64分と短く、TV放送の時間を埋めるのにかなり苦労していましたね。

《選手別》
栗原
 ついにスタメン出場です。ライト攻撃は本当に見慣れなかったですけど、よく決まっていましたね。コンビは
 うまくいきませんでしたのでこれからの課題でしょうか 6/9[66.75]サーブレシーブもよくなかったです。

竹下
 今日のトス回しはいつもとちょっと違いました。ブロード大好きなのに本数は殆どなく、クイックをいつもより
 多く使っていました。
 バックアタックもほとんどありませんでした。井上、山口いないとこんな感じなんでしょうか、それとも何か
 を試していたのか…

中道
 第三セットついにスタメンです。竹下と交代しても違和感がありません。トス回しはいつもの日本チームらしい
 内容です。次の試合あたりではフルセット上げてもよいのではないでしょうか。

木村
 こんなに木村が目立たないなんて本当に珍しいですが、チームにとっては良いことだと思います。
 ただ、少し調子はよくないような気がします。

迫田
 今日はトスが集まりましたが、きっちりそれに応えて得点につないでいきました。特に前衛での攻撃が課題に
 なっていましたが決めきっていました。インタビューではいつも通り謙虚でしたが、本当に素晴らしかった
 です。17/25 ミスなしで決定率68%!


◆Best Player[Best10 Rank In]
Best scorers
 6 Kimura Saori[55]↓

Best spikers
 -

Best blockers
 5 Inoue Kaori[1.00/set]↓

Best servers
 -

Best diggers
 5 Sano Yuko[3.00/set]↑

Best setters
 -

Best receivers
 -

Best liberos
 -

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。