--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する

FIVBワールドグランプリ2010 ブラジル×日本

2010年08月27日 01:06

◆日時
 2010年8月25日(水)

◆試合結果
 BRA-JPN 2-3[25-13 23-25 25-18 22-25 13-15]

◆出場選手
日本
《スタメン第一セット》
 セッター:竹下佳江
 ミドルブロッカー:井上香織、山本愛
 ウィングスパイカー:木村沙織、江畑幸子
 オポジット:山口舞
 リベロ:佐野優子

《途中出場》
 石田瑞穂、荒木絵里香、井野亜季子

《控え》
 迫田さおり、松浦寛子

◆観戦記と感想
出張続きで放送録画出来なかったので、ネットで観戦しました。
動画でフルセット見ることができます。いつまで公開されているかわからないので御覧になる方はお早めにどうぞ

BRA-JPN第一・第二セット 
BRA-JPN第三セット以降

9年ぶりのブラジル戦勝利おめでとうございます!
予選リークではなく決勝リーグでの勝利なのでひとしおですね。
選手たちの喜ぶ姿を見て私も感動しました。

金星なので簡単に感想を^^
・江畑、木村の活躍が勝利への原動力になりました。二人ともきっちりと切ってくれました。
・ディグも佐野を中心によく繋いでいたように思います。
・ミドルブロッカー山本、井上の攻撃は完全に封じこまれていました。ブラジルチームデータ分析の結果でしょう。
・竹下が1stレシーブした時の二段トスのスピードはなくなってきた。日本はいつもこの傾向にあるように感じ
 ます(新しい事は最初しているが続かない)
・ブラジルにしてはミスが多かったです
・シェイラのバックアタックを日本はよく拾っていた
・ブラジルのバックアタックに日本はブロックついていけていない

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。