--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する

白衣を着た全日本選手 庄司夕起

2010年04月30日 00:36

パイオニアから上尾に移籍した庄司が今回チャレンジリーグから全日本代表候補に
選出されメディアに取り上げられています。
中でもNHKの動画はなかなか貴重な勤務中の映像も見ることができます。

週数回は病院勤務をしているようです。
Vプレミアリーグチームの殆ど(トヨタ車体は会社にもたまに出勤?NECも)は
バレーボールに集中できる環境とは違って両立は大変ですね。
日本女子代表チームのミドルブロッカーは競争が激しいですが、チャレンジリーグでぶっちぎりの
ブロック賞を獲得した庄司に期待しています

■NHK埼玉動画ニュース「白衣のバレー選手代表候補に」

■月刊バレーボール「白衣を着た全日本選手」庄司夕起選手

↓第58回黒鷲旗
パイオニアレッドウィングス_庄司夕起_黒鷲旗

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事
スポンサーサイト

第59回黒鷲旗全日本男女選抜大会 登録選手

2010年04月29日 01:45

毎日jpに掲載されました。
 女子A・B組
 女子C・D組

■未登録選手(⇒箇所)と一言
・JT(大阪)
 ⇒神本千佳・芥川愛加
 西山姉と加藤のプレーが久しぶりに見られるか。

・パイオニア(山形)
 ⇒なし。
 栗原は怪我から回復したのでしょうか

・東レ(滋賀)
 ⇒大山加奈。
 新加入の木村美里の登場に期待です。

・トヨタ車体(愛知)
 ⇒今西郁瑠、日高奈津実、新垣麻衣、田原知奈。
 新加入の平松が登録

・久光製薬(佐賀)
 ⇒狩野舞子、座安琴希
 新加入の長岡望悠と石井優希が登録

・岡山
 ⇒堀口夏実、東谷幸子、小林亜里沙、金森純子、丸山亜季、瀬尾有耶

・デンソー(愛知)
 ⇒横山雅美、藤井舞、高橋菜穂子
 新加入の栄絵里香のみ登録
 モントルー派遣メンバーに入った横山が入っていない。

・NEC(東京)
 ⇒松崎さ代子、中村真美
 新加入の白垣里紗、島村春世が登録
 松崎の怪我の回復具合はあまりよくないのでしょうか
 高崎のプレーを久しぶりに見られるか。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

2010モントルーバレーマスターズ全日本女子登録メンバー

2010年04月27日 22:14

http://www.volleymasters.ch/

■開催期間
 6月8日(火)~6月13日(日)

■開催地
 スイス(モントルー)

■参加チーム
 プールA: 日本、ドイツ、ロシア、アメリカ
 プールB: 中国、キューバ、オランダ、ポーランド

■競技方法
 参加8チームが4チームずつA・Bの2組に振り分けられ、それぞれ1回戦総当りリーグを行って順位を決める。
 その順位により、セミファイナルラウンド、ファイナルラウンドを戦う

■競技日程
 ◎プールA
  6月8日 18:30 日本 × アメリカ
  6月9日 21:00 ロシア × 日本
  6月11日 16:30 ドイツ × 日本
 ◎セミファイナルラウンド
  6月12日
 ◎ファイナルラウンド
  6月13日

■登録メンバー
・セッター
 01 松浦 寛子(NEC)
 02 横山 雅美(デンソー)
 12 宮下 遥(岡山)
 15 冨永 こよみ(パイオニア)

・ミドルブロッカー
 03 石川 友紀(JT)
 04 井上 香織(デンソー)
 05 山本 愛(JT)
 10 庄司 夕起(上尾)
 14 矢野 美子(デンソー)

・ウィングスパイカー
 07 山口 舞(岡山)
 08 吉澤 智恵(テネリフェ)
 09 石田 瑞穂(久光製薬)
 11 江畑 幸子(日立)
 13 福田 舞(岡山)
 16 迫田 さおり(東レ)

・リベロ
 06 井上 琴絵(JT)
 17 井野 亜季子(NEC)
 18 濱口 華菜里(東レ)

竹下、荒木、木村、佐野を外してきましたね。なかなかやりますね真鍋監督。
試すのは今しかないでしょうから色々な選手を起用するのは良いことだと思います。
毎試合メンバーをチェンジするか、ある程度固定メンバーでいくのか。新生全日本女子チーム楽しみです
この背番号順はなにか規則性があるのでしょうか。

セッター
メインを誰に置くのかがかなり興味があります。
キャリアから行けばブランクのあるデンソー横山ですが、チームにもずっと帯同していないようでしたが、
体調は大丈夫ということですかね。

ミドルブロッカー
荒木はいないものの実力者が揃っています。
JTとデンソーはスタメン二人とも選出です。6月前後は大きな大会もないので特に問題ないでしょう。
井上と山本の組み合わせを見てみたいですね。

ウィングスパイカー
唯一岡山から二人選出。栗原、狩野、木村がいないと高さがかなり違いますね。というか今回のセッターと
同じくらいの身長です。
スピードでいくと、山口・福田あたり、攻撃力なら迫田、バランスなら吉澤か。

リベロ
佐野が外れているのでこちらもメインが誰になるのか!!久しぶりの井野と初の井上に期待です。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

トヨタ車体クインシーズ選手たちの交友

2010年04月26日 21:50

■時期
 2010年4月

■交友録
ブログタイトル「B型会」

先日行われた『B型会』について書こうと思います

『B型会』とは・・・B型選手が集まって楽しくご飯を食べるだけです(笑)

今回のメンバーは・・・
リカさん(田原香理)・タカ(日高)・サヨ(金子)・ヨウ(山本)・私の5人です

B型=あまり良いイメージを持たれませんが、イイ人ばかり・・・なはず


この日は、リカさんとヨウの誕生日が近かったので他の3人で、
こっそりとケーキを準備しました

突然のケーキ登場・HAPPY BIRTHDAYに
2人とも、とてもビックリして、すごく喜んでくれてよかったです

サプライズ大成功

とても楽しい一時でした

■選手
 日高奈津実、金子雅代、山本陽子、田原香理、河村聖子

■情報ソース
 トヨタ車体クインシーズ公式ブログ

B型の集まりがあるとは…(私もです^^)トヨタ車体はなかなかOFFが面白いですね。
情報が少ないのでBLOGは貴重です。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

東レ全選手リーグを振り返える

2010年04月23日 23:14

東レの公式サイトに「2009/10 V・プレミアリーグを振り返って(全選手コメント)
と題して、コメントが掲載されました。気持のこもったメッセージが多いです。

▽一番印象に残っている試合
ファイナル
  芝田、バルボッサ、迫田、築地、宮田、小平(理由:JTに余裕で勝ったから→小平らしい感想^^)

・セミファイナル
  荒木、木村

セミファイナル:デンソー戦(決勝進出決定した)
  大山、佐藤、和田、田代

・セミファイナル:久光製薬戦(大逆転勝利)
  濱口、中道、峯村

・第3LEGJT戦
  森、高田
 ⇒優勝した後に、フルセットで負けたこの試合を挙げるのは凄いことだと思う。
  いいぞ、森・高田!


▽優勝できた一番の理由
スローガンにもあった「心」をあげている選手が多かったです。
私も今シーズンアローズを見ていてチーム内の連携がとれているように感じました。


▽痺れた言葉
 > 心のバレーが最後勝つんだと実感しました。(芝田)


▽V・プレミアリーグを終えて全体の感想
 > レギュラーシーズンが長かった。
 > 3LEGくらいがちょうといいと思いました。。。笑(木村)

ほんとうに木村らしいコメントでなんかホッとします。よっ、MVP!

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

3位決定戦 4/10デンソー×久光製薬(Vプレミアリーグ・ファイナル)

2010年04月20日 23:54

■日程
 2010年4月10日(土)11時~

■場所
 東京体育館

■試合
 デンソーエアリービーズ 3-2 久光製薬スプリングス
 [25-22 28-26 20-25 19-25 15-12]

■選手
デンソーエアリービーズ
《第一セットスタメン》
 スタエレンス シャイーヌ、矢野美子、鈴木裕子、細田絵里、井上香織、熊谷桜子、L:櫻井由香
《途中出場》
 黒羽桂子、大槻真弥、井上奈々朱、片下恭子、奥田恭子
《控え》
 石井里沙、L:泉岡未来

久光製薬スプリングス
《第一セットスタメン》
 原桂子、石田瑞穂、先野久美子、オリヴェイラ エリザンジェラ、石井美樹、平井香菜子、L:佐野優子
《途中出場》
 狩野美雪、古藤千鶴、岩坂名奈
《控え》
 浅津ゆうこ、水田祐未、筒井視穂子、L:新鍋理沙
3位決定戦スターティングメンバー

■観戦記
完全にタイミングを逃し古新聞となってしまいました。なので、かる~くお送りします。

会場には試合開始時間の5分前のぎりぎりに到着しました。
世界バレー宣伝のティシュペーパーを配布していました。なかなか珍しいです。
デンソー、久光ともに2階席が満員になるくらいの大応援団です。

第一セットは出だし久光9連続ポイントで9-0でリードするもそこからスタエレンスの連続得点などで。
大逆転しこのセットをデンソーが取ります。
第二セットもそのままの流れでデンソーが取ります。
第三、第四セットは岩坂のサービスエースや平井のブロックなどでセットカウント2-2に持ち込みます。
第五セットはデンソースタエレンス+細田と久光エリザンジェラの対決の様相。いつもは静かに座って見ている
達川監督も立ち上がって指示を送ります。
ガッツポーズ達川監督
最後は久光石田のスパイクがアウトになって、デンソーが勝利し

第3位となり、久光製薬が4位という結果に終わりました。
表彰式の久光製薬
表彰式のデンソー

印象に残っていること
・櫻井リベロ起用成功!ここ一番に強いし、好レシーブ連発していました。コート内の雰囲気も明るくなりました
喜ぶデンソー選手たち
・矢野が攻撃で貢献できず…特にブロード決定率が低いですね。
矢野・熊谷ブロック

・石田がサーブで狙われて崩れ気味でした。
・岩坂のサーブが本当に効果的でした。あの高さのあるフローターは武器です。
岩坂名奈のサーブ
・先野にトスが結構上がっていましたが、決めきれませんでした。
・エリザンジェラがマークされ決定率が下がって、イライラした気持が伝わってきました。
・デンソーのホームゲームのDJ黒岩氏も応援にかけつけていました。
・狩野美雪の久しぶりの前衛と攻撃
狩野美雪
・フールマンと落合真理さんが会話していました
フールマンと落合真理
・石井
石井美樹
・熊谷
熊谷バックトス
・筒井・新鍋・浅津
筒井・新鍋・浅津

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

トヨタ車体クインシーズ選手たちの交友

2010年04月16日 21:47

■時期
 2010年4月

■交友録
ブログタイトル「鍋パーティー」

レグさん・アヤコさん・小見さんと鍋パーティーをしましたぁ
「赤から」だしのお鍋でピリ辛ですっごく美味しかったです
お腹いっぱい食べました

■選手
 都築有美子、眞恵子、梶原雪路

■情報ソース
 トヨタ車体クインシーズ公式ブログ

都築はブログの写真と試合中のイメージとのギャップが大きくてなかなか面白いです。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

個人賞(2009/10Vリーグ)

2010年04月15日 02:51

「最高殊勲選手賞」木村沙織(東レ) 初受賞
 インタビューでは謙遜していた木村。
 今シーズンの活躍でMVPはあなた以外にあり得ません。
 日本人最多得点、レセプション受け数1000オーバー、アタック数ヨンギョンについで二位、サーブ効果率3位…
 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/other/volley/text/201004110005-spnavi.htmlを読む
 と壮絶だったことが伺えます。セミファイナルの姿を見て痩せすぎだなぁとは感じていました…
DSC_0245.jpg
MVP木村沙織

「敢闘賞」キム・ヨンギョン(JT) 初受賞
 こちらもこの人しかあり得ません。JT快進撃の立役者です。JT戦は現地観戦しましたが、決勝戦以外はすべて
 勝ちで楽しかったです。ありがとう、ヨンギョン。
敢闘賞 キムヨンギョン

「最優秀新人賞」熊谷桜子(デンソー)
 熊谷大本命、穴でNEC松浦かなと思っていましたが、順当な選考です。
 シーズンを通じて全試合デンソーのセッターを務めあげました。
 シーズン当初はスタエレンスとなかなか合わないように見えましたが、それを乗り越えると静かな闘士など素晴ら
 しかったです。
熊谷桜子
 
「ベスト6賞」
 ・木村沙織(東レ) 3年連続3回目
 ・キム・ヨンギョン(JT) 初受賞
 ・迫田さおり(東レ) 初受賞
 ・山本愛(JT) 初受賞
 ・荒木絵里香(東レ) 2年ぶり4回目
 ・竹下佳江(JT) 6年ぶり4回目
 デンソーの井上、東レの中道あたりも可能性としてはあったかと思いますが、順当な選考だと思います。
 ヨンギョンと木村がお互いに讃えあう姿が印象的でした
ベスト6

「ベストリベロ賞」濱口華菜里(東レ) 初受賞
 リベロはなかなか激戦だったのではないでしょうか。
 数字的にはNECの井野、プレーではJTの井上、デンソー片下、久光の佐野なども。
「ベストリベロ賞」濱口華菜里

「レシーブ賞」井上琴絵(JT) 初受賞
 おめでとうございます。スーパーディグは今シーズンかなり楽しませてもらいました。
 レセプションでも第三位に躍進!さらに磨きをかけてほしいです。
「レシーブ賞」井上琴絵

「得点王」キム・ヨンギョン(JT) 初受賞
 2位に100点以上の差をつけてぶっちぎりのTOPです。低いトスからの早いバックアタックは何度も痺れま
 した。来シーズンも日本でプレーするのでしょうか。
得点王 キムヨンギョン

「スパイク賞」荒木絵里香)(東レ) 2年ぶり2回目
 数試合怪我で欠場しましたが、日本復活シーズンにタイトル獲得は素晴らしいです。
スパイク賞荒木絵理香

「ブロック賞」井上香織(デンソー) 3年ぶり2回目
 荒木と激戦の上獲得!センスのいいブロックは見ていて楽しかったです。
ブロック賞井上香織

「サーブ賞」迫田さおり(東レ) 初受賞
 こちらも終盤大激戦だった部門。いままで外国人選手の陰に隠れて控えだった迫田がついにタイトル獲得。
 感慨深いものがあります。タイトルはありませんが、バックアタック決定率も第一位です。
サーブ賞迫田さおり

「サーブレシーブ賞」成田郁久美(パイオニア) 9年ぶり4回目
 さすが安定していますね。スパイカーとして復活しましたがそちらはあまり目立つことはありませんでした。
サーブレシーブ賞成田郁久美

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

4/10 JT×東レ(Vプレミアリーグ・ファイナル)

2010年04月11日 23:35

■日程
 2010年4月10日(土)15時~

■場所
 東京体育館

■試合
 JTマーヴェラス 0-3 東レアローズ
 [26-28 21-25 16-25]

■選手
JTマーヴェラス
《第一セットスタメン》
 石川友紀、谷口雅美、位田愛、山本愛、竹下佳江、キムヨンギョン、L:井上琴絵
《途中出場》
 久保雅、川原麻実、河合由貴、
《控え》
 坂下麻衣子、千葉智枝美、高木理江、L:小酒翔子
JTマーヴェラス

東レアローズ
《第一セットスタメン》
 中道瞳、迫田さおり、荒木絵里香、バルボッサシンシア、木村沙織、宮田由佳里、L:濱口華菜里
《途中出場》
 芝田安希、大山未希、高田ありさ、佐藤美耶
《控え》
 L:峯村沙紀、和田麻里江、森万里子
東レアローズ

■観戦記
今回JTがファイナル進出、悲願の初優勝を生で見たかったことと、来シーズン以降は厳しい状態になりそうな気も
していたので予定外でしたが現地観戦しました。
プロフィールで書いている通り応援しているチームJTと東レの対戦ですが、初めてJTモードに完全スイッチして
の観戦でした。

≪試合まで≫
各種表彰式
・Vリーグ特別表彰
 「Vリーグ日本記録賞 最多得点部門」
   木村沙織(東レ)566点
 「Vリーグ栄誉賞」
   内藤香菜子(NEC)247試合
   芝田安希(東レ)242試合
   田原香理(トヨタ車体)236試合
・レギュラーシーズン個人賞
 「得点王」
   キム・ヨンギョン(JT)初受賞
 「スパイク賞」
   荒木絵里香(東レ)2年ぶり2回目
 「ブロック賞」
   井上香織(デンソー)3年ぶり2回目
 「サーブ賞」
   迫田さおり(東レ)初受賞
 「サーブレシーブ賞」
   成田郁久美(パイオニア)9年ぶり4回目

会場は超満員です。公式発表では7700人。JTと東レの応援団動員はあるものの凄かったです。
片側客席の2階と3階が青と緑で染まっています。JTは人文字「JT」を描いていました。
応援団

ゲートからチアリーダーがチーム旗を持って、その後ろから選手たちが入場します。
全員起立して国家斉唱。この雰囲気が普通の試合ではないと気持が高ぶってきました。
その後公式練習があって、ビジョンに選手たちの映像が映し出されて紹介があり、試合開始です。
スターティングメンバー

≪試合≫
試合の模様はNHKで放送されたので(私はまだ見ることができていませんが)ご存知の方も多いかと思います。
試合開始
東レアローズ決勝のぐるぐる
第一セットは両チームとも一進一退の攻防でしたが、最後に東レが押切りセットを取ります。
第二セット以降は終始東レのペースで試合が進み、セットカウント3-0で東レアローズが優勝しました。
史上初の3連覇です。

今日の試合はこの第一セットですべてが決まった感じがします。
東レは本当にディグが素晴らしかったですし、コースを読んで濱口がきっちりスパイクレシーブしていましたし、
ラリーは東レがかなりの確率で制していたのではないでしょうか。
あとは、ヨンギョンと山本を完全に封じていました。これでJTは打つ手が限られてしまい追い込みました。
木村は山本のブロードを2回ブロックしていたと思います。
また、センターの荒木、宮田もばっちりと機能していましたし、アローズは今シーズン一番の出来だったのではない
でしょうか。調子を一番大事な決勝にきっちり合わせてくるところが、流石2連覇チームということでしょう。

一方のJTは攻撃ではさきほど書いたとおり、ヨンギョンが封じこまれて代わりにカバーするサイドがいなくて点
につながりません。
サイドの選手を高木や坂下あたりにスイッチするのも手だと思いましたが、今日の石原監督は動きませんでした。
守備面はぼろぼろでした。サーブで狙われた川原、そして井上の不調(いつものように足が動いてないように見えました)
ある意味JTらしい試合だったのかもしれません。

観戦中第二セット途中でJTに流れが来る気がしなかったので気持が折れてしまいました…。
東レの優勝決まった瞬間は悔しい気持ちがいっぱいでアローズ選手たちの歓喜の写真を撮る気になれませんでした。
↓負けた瞬間のJTの選手たち
負けた瞬間のJT選手たち
その後、JTの選手たちの様子が気になりましたが、座席からは逆側だったので殆ど見えませんでした。

最後になりましたが、ほぼ日本人だけでこの結果は本当に素晴らしいと思います。
東レアローズ優勝おめでとうございます。
木村沙織・荒木絵里香
そしてJTマーヴェラスは準優勝に終わりましたが、リーグ29勝3敗という素晴らしい成績です。
黒鷲旗での健闘を楽しみにしています。

≪試合後≫
・優勝インタビュー
 菅野幸一郎監督、木村沙織、荒木絵里香
菅野幸一郎監督

・表彰式
 「準優勝」
   JTマーヴェラス
準優勝「JTマーヴェラス」
 「最高殊勲選手賞」
   木村沙織(東レ) 初受賞
 「敢闘賞」
   キム・ヨンギョン(JT) 初受賞
 「最優秀新人賞」
   熊谷桜子(デンソー)
 「ベスト6賞」
   木村沙織(東レ) 3年連続3回目
   キム・ヨンギョン(JT) 初受賞
   迫田さおり(東レ) 初受賞
   山本愛(JT) 初受賞
   荒木絵里香(東レ) 2年ぶり4回目
   竹下佳江(JT) 6年ぶり4回目
 「ベストリベロ賞」
   濱口華菜里(東レ) 初受賞
 「レシーブ賞」
   井上琴絵(JT) 初受賞
 「優勝」
   東レアローズ 3年連続3回目
優勝「東レアローズ」

・東レアローズ場内一周
優勝「東レアローズ」 2

★個人賞については長くなりますので別で書きたいと思います。

★JT公式サイトに決勝後の位田主将のムービーが掲載されています。
 これだけ聞いてもなんか泣けてきます…

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

4/4 デンソー×東レ(Vプレミアリーグ・セミファイナル)

2010年04月10日 00:12

■日程
 2010年4月4日(日)

■場所
 豊田市総合体育館(スカイホール豊田)

■試合
 第二試合 デンソーエアリービーズ 2-3 東レアローズ
 [25-27 26-24 25-18 23-25 10-15]

■選手
デンソーエアリービーズ
《第一セットスタメン》
 細田絵里、矢野美子、鈴木裕子、スタエレンス シャイーヌ、井上香織、熊谷桜子、L:櫻井由香
《途中出場》
 黒羽桂子、井上奈々朱、片下恭子
《控え》
 関李香、奥田恭子、石井里沙、L:泉岡未来
デンソーエアリービーズ整列

東レアローズ
《第一セットスタメン》
 迫田さおり、荒木絵里香、バルボッサシンシア、木村沙織、宮田由佳里、中道瞳、L:濱口華菜里
《途中出場》
 芝田安希、森万里子、大山未希、高田ありさ、
《控え》
 L:峯村沙紀、佐藤美耶、和田麻里江、
東レアローズ整列

■観戦記
だいぶ遅くなってしまったので、簡単に書きます。

久光の敗戦で両チームにもチャンスがめぐってきました。
東レは勝てば決定、デンソーはセット率の絡みで複雑な状況です。両チームとも気合十分です。
東レアローズぐるぐる
この試合の最大のポイントは第四セットの16-20の逆境からよく巻き返した東レ、逆に守り切れなかった
デンソー。この試合はこれにつきるではないかと思います。第四セット最後は迫田、迫田、迫田。
続く第五セットも最後迫田、迫田、迫田で東レが勝利しました。
東レの選手は抱き合って喜ぶ選手、涙を流す選手とさまざま、一方のデンソーも矢野、細田など悔し涙を流す選手
がたくさんいました。本当に激戦でしびれる試合でした。
東レアローズ勝利の瞬間

東レ
この試合は特に、サイドサイドサイド一辺倒でした、セッター中道のトスまわし。
スタエレンスには3枚ブロックがついていました

木村
出だしは絶好調(4連続サオリコール)でしたが、途中下降線になって、また息を吹き返したような感じです。
苦しいボールを返したがコートエンドぎりぎりきに返して得点、凄かった。
打数が半端じゃない数、キャッチももちろんこなしていたし、本当にタフだ木村は。
木村沙織キャッチ

荒木
今日もなかなかきまりません。デンソーのマークが厳しいです。第四セットのポイントとなるブロックでは
「どや!」顔を久しぶりに見ました。また、壁のようなブロックで矢野を止めていました。
荒木絵里香

宮田
いや~、今日は空気でしたね。うっても決まらないし…。ということもあって森に途中交代しました。
練習中は今日も足に金具をつけてていました。
宮田由佳里

迫田
木村が不調の時に、彼女が攻撃できっていました。第一セット後半は迫田、迫田、迫田。
バックアタックはいつもよりは決定力がありませんでしたが、気合は十分にみなぎっているよう感じました。

芝田
試合終了後、芝田キャプテン涙のインタビュー「絶対に優勝しますっ!」
芝田安希キャプテン

デンソー
熊谷に代わって登場した黒羽がよく頑張りました。彼女が出てからデンソーに一気に流れが来たように感じました。
第四セットでリードしていてミスの連続から逆転されたのが痛恨でした。
よくモチベーションを保ったデンソーにも拍手を送りたいです。

熊谷
第一セットプレー中に足を痛めて退場。その後休んで第四セットで二枚替え登場。大事にはいたらなかったようです。
熊谷桜子

細田
今日はまずまず機能していましたので、デンソー全体として良かったと思います

矢野
セミファイナル通じて調子がいまひとつでした。マークが厳しかったんでしょう

櫻井
今日は久しぶりにリベロでスタメン。キャッチは安定してセッターに返していました。
いつものことですが大きな声でチームの雰囲気を盛り上げていました。

鈴木
昨日は狩野舞子と交友した鈴木。早い攻撃はいつもより拾われ、トスもドリブルありと調子がいまひとつでした。
鈴木裕子

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

4/4 JT×久光製薬(Vプレミアリーグ・セミファイナル)

2010年04月08日 23:53

■日程
 2010年4月4日(日)13時

■場所
 豊田市総合体育館(スカイホール豊田)

■試合
 第一試合 JTマーヴェラス 3-1 久光製薬スプリングス
 [21-25 25-20 25-19 25-20]

■選手
JTマーヴェラス
《第一セットスタメン》
 山本愛、竹下佳江、キムヨンギョン、石川友紀、谷口雅美、位田愛、L:井上琴絵
《途中出場》
 久保雅、川原麻実、河合由貴、高木理江
《控え》
 坂下麻衣子、千葉智枝美、L:小酒翔子
JTマーヴェラス整列

久光製薬スプリングス
《第一セットスタメン》
 原桂子、石田瑞穂、先野久美子、オリヴェイラ エリザンジェラ、石井美樹、平井香菜子、L:佐野優子
《途中出場》
 狩野美雪、古藤千鶴、岩坂名奈
《控え》
 浅津ゆうこ、水田祐未、筒井視穂子、L:新鍋理沙
久光製薬スプリングス

■観戦記
JTは前日の勝利で今日ストレートで負けてもセット率で2位(決勝進出)が確定している。
一方、久光は勝てば決勝進出、まければセット率勝負という状況。
東レファンからするとJTが勝利しないと、決勝への道はない。
ということもあって、いつも以上にJTの応援が多かったです。実際、東レファンであろう人がJTを熱烈に
応援していた。アローズの選手たちもJTの応援に駆けつけていました。

第一セットJT山本のサービスエースでスタートしましたが、久光製薬がセットを取りました。
まずい雰囲気になりましたが、その後第二セットからヨンギョンの出番多くして巻き返しました。
この試合は初めからしびれていました。

JT
勝利はしたものの、安心して見ていられる内容ではありませんでしたが、サーブはよく攻めていたと思うし、
センターラインもよく機能していました。
また、控えの選手がそれぞれ役割を果たしたと思います。決勝に向けては好材料です。
守りも執念を持ってボールを追いかけているように感じました。

ヨンギョン
時間差コンビを何回かやっていて効果的でした。スパイクミスは多かったですね
試合後のインタビューでは「決勝戦でもいいプレーを見せれるよう頑張ります。」
試合前は狩野舞子とすれ違い際に会話していました。
キムヨンギョン

井上
1,2つミスはあったもののそれ以上ファインディグの連発でよくつなぎました。スピード、コースの読みが
さえていました。目立ちませんが影の殊勲者だと思います。
井上琴絵

山本
前半は影をひそめていましたが、中盤からスピードのあるブロード炸裂でピンチからの脱出に貢献しました。
時折見せるブロックも効果がありました。セミファイナルを通じて闘士あふれるレシーブも光りました。
山本愛

高木
不調の位田に代わってコートイン。きっちり仕事をこなしました。攻撃ではあまりきまりませんでしたが、
きっちりとつなぎましたし、苦手なレセプションも頑張っていくました。
高木理江

川原
不調の谷口に変わったコートイン。JTのビデオにありましたが、キャッチに入る時と入らない時があります。
キャッチは若干安定していない面もありましたが、なんとか乗り切りました。
川原麻実

久保
石川に代わってコートイン。JTのビデオにありましたが、とにかくなんでもいいから自分に出来ることをしたい。
といっていたことをプレーできっちりと実行していました。
スピードのあるブロードを中心に貢献、ラリー中もさぼらずコンビに絡んでいました。
コート内の雰囲気も明るくなりました。まさしくスーパーサブ。
久保雅サーブ

竹下
試合中盤2回ほど難しいボールをレシーブする時に雄たけびを上げていました。いままで聞いたことがないような
大きな声です。その声に会場内からどよめき…。気合を感じました。

久光
昨日今日と4チームの中ではレギュラーラウンドと変わらないプレーをしていた。みんな冷静に見えました。
レギュラーラウンドを最後に引退した大村加奈子先生が観戦に来ていました。
どのセットも必ず途中でセッターを原→古藤にチェンジ

石井
試合前の練習では、キャッチの練習を残ってしていました。尼崎大会でも同様にやっていました。
その積み重ねもあってか、キャッチはかなり良くなったのではないでしょうか。努力のたまものだと思います。
今日は攻撃面でも大活躍です。特にブロックアウトを狙った打ち方はうまいです。
ラリー中の低めのトスからのバックアタックがカッコ良かったです。あのようなボールを打てるのですね

岩坂
先野に代わって登場。ジャンピングフローターサーブを高いところから打つので、攻めている時は効果絶大でした。
もう少し練習すればかなりの武器になりそうな予感。ブロックの高さもやっぱり魅力的です。
岩坂名奈

古藤
大好きな2アタックを2回決めていました。

エリザンジェラ
試合開始前すれ違い際にヨンギョンと会話していました。その中にJT西山姉も加わっていた。面白い組み合わせ
です。いったい何語で会話しているのでしょうね。
オリヴェイラ エリザンジェラ

平井
平井香菜子

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

4/3 デンソー×久光製薬(Vプレミアリーグ・セミファイナル)

2010年04月07日 00:40

■日程
 2010年4月3日(土)

■場所
 豊田市総合体育館(スカイホール豊田)

■試合
 第二試合 デンソーエアリービーズ 0-3 久光製薬スプリングス
 [22-25 18-25 22-25]

■選手
デンソーエアリービーズ
《第一セットスタメン》
 スタエレンス シャイーヌ、矢野美子、鈴木裕子、細田絵里、井上香織、熊谷桜子、L:片下恭子
《途中出場》
 櫻井由香、井上奈々朱、奥田恭子石井里沙
《控え》
 黒羽桂子、大槻 真弥、L:泉岡未来
デンソー整列

久光製薬スプリングス
《第一セットスタメン》
 原桂子、石田瑞穂、先野久美子、オリヴェイラ エリザンジェラ、石井美樹、平井香菜子、L:佐野優子
《途中出場》
 狩野美雪、古藤千鶴、岩坂名奈
《控え》
 浅津ゆうこ、水田祐未、筒井視穂子、L:新鍋理沙
久光製薬整列

■観戦記
 第一試合のあとだったせいか、とてもあっさり感のある試合でした。
 デンソーは細田を筆頭にキャッチがかなり乱れ、センターラインが活かせず苦しい戦いでした
デンソー歓喜

 一方の久光製薬もそんなによい状態ではありませんでしたが、そつなくこなしていました。
 セットカウント3-0で久光が勝利し、昨日の雪辱を果たしました。

片下
 ディグで動きが素早いです。キャッチはいくつかミスをしていました。

スタエレンス
 頼りになります。中盤に後衛時櫻井と交代する意図がわからない。
 特に負けている時はバックアタックの選択肢があった方がいい様な気がします。

井上香織
 ブロックきれいに決まっていました。この人だけは気合とボールへの執念をとても感じましたし、悔しがる表情も
 多かったです
井上香織サーブ

熊谷
 Bパスが多い中、本当によくセンターにトスを上げています。
熊谷桜子バックトス

細田
 デンソーチームはこの人にかかっているなぁと改めて感じました。今日は攻撃は打っても打っても決まらないし、
 レシーブも崩れていました。

奥田
 不調の細田に代わってコートインしましたが、サーブで狙われてキャッチが安定しないし、攻撃もシャット
 されていいところがありませんでした。
奥田恭子

エリザンジェラ
 気合は十分ですが、研究されたせいかレギュラーより決定力が明らかに落ちてきています。
 サーブはドライブがかかっていて威力があり、デンソー奥田が2回連続ではじいていました。
エリザンジェラのパイプ攻撃

石田
 早い攻撃がよく決まっていた。サーブも攻めていた感じがしました。試合後のインタビューがありました。
石田瑞穂レシーブ
石田瑞穂インタビュー

水田 
 ユニホーム姿を見るのは初めてに近いような気がします。大村の引退で空いた枠でようやくベンチインが
 出来ましたが、出番はありませんでした。
水田祐未

石井
石井美樹

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

4/3 JT×東レ(Vプレミアリーグ・セミファイナル)

2010年04月06日 00:58

■日程
 2010年4月3日(土)14時

■場所
 豊田市総合体育館(スカイホール豊田)

■試合
 第一試合 JTマーヴェラス 3-0 東レアローズ
 [25-23 28-26 25-23]

■選手
JTマーヴェラス
《第一セットスタメン》
 山本愛、竹下佳江、キムヨンギョン、石川友紀、谷口雅美、位田愛、L:井上琴絵
《途中出場》
 久保雅、川原麻実、河合由貴
《控え》
 高木理江、坂下麻衣子、千葉智枝美、L:小酒翔子
JTマーヴェラス整列

東レアローズ
《第一セットスタメン》
 中道瞳、迫田さおり、荒木絵里香、バルボッサシンシア、木村沙織、宮田由佳里、L:濱口華菜里
《途中出場》
 芝田安希、大山未希、高田ありさ、
《控え》
 森万里子、L:峯村沙紀、佐藤美耶、和田麻里江、
東レアローズ整列

■観戦記
【試合前】
開場は12:30。いつもなら愛知県バレーボール協会は試合開始の2時間前ですが今回は1時間半前でした。
入場すると東レ、JT、デンソーが販売されていました。このあたりがレギャラーラウンドとは違っていますね。

座席は1F指定席です。レギュラーラウンドとの違いは座席の後ろ側にシートが貼ってあって、隙間から
見えないようにしていました。またアリーナ入口をせまくして、入場チェックを厳しくしていました。
このあたりの運営はきっちりとしていて良かったです。

席に着くと東レアローズが練習をしていました。
センター陣が最後に残って入念にクイック・ブロードの練習をしていました。荒木、森、宮田、和田。
今日も愛知開催では同じみのDJ黒岩氏が会場に来ていました。会場内にインタビューをしてまわって雰囲気を
盛り上げます。いつものホームゲームではないので、まんべんなくといった感じ。

Vリーグ・テーマソングを歌っているスーパーバンドがネットのところで座席が切れているところにの小さな
ステージで生ライブ3曲歌います。
スーパーバンド

JTの選手がコートに入ってきてウォーミングアップを開始します。
選手たちを見ているともっと緊張しているかと想像していましたが、とてもリラックスしているように見えました。
いい雰囲気です。そしてそのあとに東レの選手たちが一斉にコートに入ってきます。
この雰囲気ですでにしびれだしました^^やっばり独特な緊張感が出てきました。

応援団の練習も東レ、JT同時にしています。レギュラーラウンドではまずかぶることがなかったと思います。
どちらも大応援団です。JTは先着で今日も応援グッズを配布していました。

キッズエスコートも生歌で行われました。
エスコート終了時、子供たちがハイタッチしたあとに、スーパーバンド「両チームのみなさん頑張ってください!」
みたいなメッセージを送ると、ヨンギョンが後ろを振り向いて2回ほどおじぎをしていました。
カワイイ面を垣間見ることができました。

【試合】
試合開始前のアローズの円陣、気合がめちゃくちゃ伝わってきました。
試合は出だしからラリーの応酬です。レギュラーラウンドとはあきらかに違います。両チームともボールをコートに
落とさない執念のようなものを感じました。
東レは出だし迫田がバックアタックを含めて得点を重ねていきました。
一方のJTは中盤以降、ヨンギョンにボールを集めます。というのも谷口、位田あたりがあまりきまらなかったこと
もあるでしょう。さらに、山本のブロードがよく決まっていました。1回タイミングが合わず空振りになった以外は…。
東レはバルボッサが殆ど決まらず、キャプテン芝田を投入するも状況は変わらず。木村、迫田頼みの苦しい展開。
結局セットカウント3-0でJTが勝利しました。これでJTはファイナルラウンド進出決定!
ストレートの割には試合時間はながかったです。それだけつながったということでしょう。

JT
・全員バレーであきらめずよくつないでいて、絶対に勝つぞという気持が各選手から感じられました。
・サーブでよく攻めていたように感じました。
・チームトータルスパイク数の50%がヨンギョン。3セットで打数70は偏りすぎです。

ヨンギョン
・スパイクミスが多かった印象があります。特にサイドコースぎりぎりがアウトになったり。
・バックセンターの時にラリーが続いて、3本続けてバックアタック。
・レシーブは安定していましたし、センターに切り込む時間差攻撃もあり
キムヨンギョン

井上
・強烈なスパイクを本当に拾い続けた。
・ジャンピングトスも何回かしていました、解禁されたのでしょうか。
井上琴絵

川原
・早い平行の攻撃は気持よく決まっていましたが、あまりトスがあがりませんでした。
・JTの動画にもありましたが、フォーメーションでキャッチに入ったり入らなかったり。
川原麻実

石川
・クイック攻撃はブロックにかけられて得点にあまりつながらず、第二セット途中から久保にチェンジ。
石川友紀

山本
・ブロックよく当てていましたワンタッチ、そこからの切り返しで得点につなげていました。
・レシーブも執念見せていました。気合も一番感じました。流石、修羅場の経験が豊富です。
・ラリー中何度も大きな声でトスを呼んでいました。
山本愛

竹下
・いつもと変わらない感じ。いつも冷静ですね。セッターはこうでないといけないんでしょう。
・試合終了後のインタビューがありました。

位田
・第三セット22-21でサービスエースを決めた。このポイントは大きかった。
位田愛

高木
・出番なし
高木理江


東レ
・センターラインが殆ど機能していなかったです。打数は全体の18%と少なかった
・木村、迫田のフル稼働二人ともよくやったと思う
迫田さおり

木村
・足には珍しくテーピングをしていました。昨日の試合中に怪我したようです。
・今日はレセプションが結構乱れていました。
・ラリー中に足でつなぐ!会場内がどよめきました
・攻撃は序盤息をひそめていましたが、中盤以降は大車輪の活躍でした。
木村沙織

荒木
・中道-荒木ラインで珍しい縦のBクイック
・怪我あがりのせいかいつもの決定力もなくブロックにかけられたり、レシーブされたりといった感じ。
・ミスも多かったし、タイミング合わずにふかしていたり不調だったので、途中森に交代も作戦としてはありのような気がしました。

芝田
・バルボッサ不調でコートイン。攻撃ではなかなか決められませんでしたが、コート内でチームを纏めていました


※今回、試合中は撮影していませんので、練習の写真のみです。

≪備忘録≫
豊田市総合体育館(スカイホール豊田)

▽駐車場
 ・キャパはざっと250台程度。料金は無料。
 ・帰りは左折して出た方が高速道路ICまで早く行ける。
▽体育館内
 ・照明は明るい(写真撮影の観点より)。
 ・1F座席は5席ずつに縦の通路があるのがよい。足元はせまいが苦にならない。
 ・座席は段差がつけてあって前の人の頭で見えなくなることはないし、コートとの距離も比較的近い。
 ・飲食OK
 ・ビデオ撮影OK(禁止のアナウンス等はなかった)
▽その他
 ・開場前でもトイレはトレーニング施設の入口から使用可能。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

セミファイナルラウンドに向けて(2009/10V・プレミアリーグ女子)

2010年04月01日 23:22

■開催日程
 4月2日(金)16:00 JT-デンソー、東レ-久光製薬
 4月3日(土)14:00 JT-東レ、久光製薬-デンソー
 4月4日(日)13:00 JT-久光製薬、東レ-デンソー

■場所
 豊田市総合体育館(スカイホール豊田)


明日から2009/10V・プレミアリーグ女子のセミファイナルラウンドです。
レギュラーラウンド上位4チームの総当たり戦です。

各チームこれまでシーズン中に積み上げてきたものを、この3日間でいかに発揮できるかが
ポイントになるでしょう。控え選手を含めチーム総力戦、まさに集大成ですね
そして短期決戦で最後はセット率の争いになるので、1セット1セットが大事になります。
出来ればフルセットは避けたいところです。

金曜日は仕事なので結果のみしか確認できませんが、土・日曜日はセミファイナルを初めて
現地観戦に行きます。写真はいつもより控え目にして試合により集中しようかと思っています。
昨シーズンのセミファイナル東レ×NEC戦のようなしびれる試合を期待しています。


JTマーヴェラス
 プレミアリーグファイナル スペシャルサイトが出来ています。

 「悲願の初優勝を目指して~」のキーワードが響きます。
 石原監督・位田主将の記事と全選手の動画メッセージがあります。
 コメント内容ではありませんが、石川だけ「9番マコです~」というのが、個性的。
 あと、ライブスコアを配信するとの事ですが、VスコアではなくてJT独自なんでしょうか、興味があります。


東レアローズ
 ピックアップムービーが掲載されています。

 荒木・パルボッサ・和田・宮田4選手のレギュラーラウンドの振り返りと、ファイナルに向けてコメントが
 聞けます。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。