--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する

2009/10V・プレミアリーグ サーブ賞 データ分析

2010年03月30日 22:57

★サーブ賞
 東レアローズ 迫田さおり サーブ効果率16.6%

 初受賞です。おめでとうございます。
 2010年度全日本女子バレーボール火の鳥NIPPON登録メンバーにも選出され、迫田選手にとっては転機のシーズン
 となったのではないでしょうか。
 2009/10V・プレミアリーグ女子 サーブ効果率TOP4

最終上位4選手のデータからタイトルまでの軌跡を追いかけてみました。

1.迫田さおり 16.6%
 確か今シーズンからジャンピングフローターサーブに打ち方を変えたと思います。
 第一レグはほぼピンチサーブ。2010年年明けからバルボッサに変わりレギュラーに定着。
 効果率は第3レグからグングン上昇し、最後の2試合で22%を稼ぎトップとなります。
 相手チーム別に見るとNECとパイオニアから20%以上、逆に車体からは10%の効果率となっています。

2.石田瑞穂 16.15%
 第一レグから比較的コンスタントに効果率を獲得しています。
 第三レグから上昇傾向でシーズンを終了。
 相手チーム別ではNECから23%、逆に車体からは10%の効果率となっています。

3.木村沙織 16.14%
 第一レグは岡山とNECから30%オーバー獲得で飛びだします。
 その後はコンスタントに効果率を獲得するも、傾向的には後半若干右肩下がりになりました。
 木村の特徴としては試合によって効果率にばらつきがあるところです。
 相手チーム別では岡山・NECから20%以上、逆にJT 10%,車体12%となっています。

4.杉本早希 16.09%
 第一レグは出番あるもその後は控えとなります。ラスト10試合は佐々木に変わりスタメン定着。
 このラストで効果率を稼ぎ1位をキープしていましたが、最終戦での7%が響き、前日迄の1位→4位に。
 相手チーム別ではデンソー・NEC・車体から20%、逆に久光9%、JT11%となっています。
 打数は他の3選手の6割程度です

全体を通すとTOP4選手の傾向はNECから効果率を稼いでいて、トヨタ車体は比較的レセプション
が崩れなかったことが伺えます。ちょっと意外でした。

2009/10V・プレミアリーグ女子 サーブ効果率TOP4推移

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事
スポンサーサイト

3/21 Vプレミアリーグ JT×トヨタ車体

2010年03月26日 00:51

■日程
 2010年3月21日(日)

■場所
 岐阜メモリアルセンター第1体育館(で愛ドーム)

■試合
 第二試合 JTマーヴェラス 3-0 トヨタ車体クインシーズ
 [25-17 25-15 25-15]

■選手
JTマーヴェラス
《第一セットスタメン》
 山本愛、竹下佳江、キムヨンギョン、石川友紀、谷口雅美、位田愛、L:井上琴絵
《途中出場》
 川原麻実、小酒翔子、遠藤りつこ
《控え》
 高木理江、久保雅、坂下麻衣子、L:千葉智枝美
JTマーヴェラス整列

トヨタ車体クインシーズ
《スタメン》
 船崎恵視、眞恵子、田原香理、コロンボレナタ、都築有美子、羽根翠、L:八田奈都己
《途中出場》
 河村聖子、堀崎智恵美、藤原亜紀
《控え》
 大塚真菜、山本陽子、梶原雪路、L:前田見奈子
トヨタ車体整列

■観戦記
 タイミングを逃してしまいましたので、簡単に。

 第一セット出だしはトヨタ車体が走るも、中盤でJTが追いつくと以降はJTペースで試合が進み73分で
 3-0でJTが勝利。ここにきて2連敗していたが、以前の調子のように見えました。
 両チームともレシーブがつながりラリーが続くことが多かった試合でした。
 第三セットにサイドアウトのボールをインの判定をする誤審がありました。

JT
 レシーブが良かったです。山本もよく動けていました。あとはブロックです。トヨタ車体のスパイクをことごとく
 ブロックでひっかけていました。
 今日の二枚代えは竹下・谷口→川原・遠藤。

ヨンギョン
 出だしはミスが出ましたが、今日も頼りになります、セット後半連続得点。一方でチャンスポール帰ってきて2回目
 でトスが上がってきたところをジャンプトス(192cmのジャンプトスは高い!)で切り返して、石川で攻撃を
 きめたシーンは良かった。
 バックアタックもしびれました。会場内もどよめきが起こりました。
 得点王696点。ぶっちぎりですおめでとうございます。
キムヨンギョン山本愛ブロック

谷口
 久しぶりに調子のよい谷口。ファイナルに向けては期待が持てそうです。
 セット初め2回連続バックアタックで得点。竹下のトス回しにもびっくり。
 石川ブロードの外からライト攻撃もよく決まっていました。

石川
 最近少し調子を下げていましたが、今日は早い攻撃がよく決まっていました。コースうちのクイック
石川友紀
石川友紀

井上
 スパイクレシーブをよく拾っていました。今日は久しぶりにアタックラインからのジャンピングバックトスから
 ヨンギョンの得点につなぎました。
石原監督・井上琴絵
井上琴絵

小酒
 ピンチサーブで登場。そのままレシーブに入るもサービスエース献上…
小酒翔子

竹下
 試合後のインタビュー。判で押したような内容でとても残念でした。
竹下佳江インタビュー

千葉
 ユニフォーム姿初めて見ました。なかなか板についています。出場機会はありませんでした。
千葉智枝美

奥田コーチ
 データ分析画面を見たかったのですが(笑)
JT奥田コーチのパソコン画面


トヨタ車体
 今日はまったく良いところがありませんでした。
 試合終了後、葛和監督の長~い説教タイム。時折体育館内に声が響き渡っていました。


 キャッチが崩れます。来シーズンはもう少しなんとかしたいところですね。

羽根
 ラリーがかなり続いた後、完全にブロックアウトを狙った天井打ち(高橋みゆきがたまにやっていた)で得点。

藤原
 眞に代わって入るも流れを変えることができませんでした。

都築
都築有美子サーブ

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

2010年度全日本女子バレーボールチーム登録メンバー33名

2010年03月23日 22:22

2010年度全日本女子バレーボールチーム登録メンバー発表

■セッター
 竹下佳江(JT 159)、横山雅美(デンソー 171)、冨永こよみ(パイオニア 175)、佐藤美弥(嘉悦大 175)
 松浦寛子(NEC 180)、宮下遥(岡山 176)

■ウイングスパイカー
 芝田安希(東レ 177)、都築有美子(トヨタ車体 175)、山口舞(岡山 176)、吉澤智恵(テネリフェ 172)
 福田舞(岡山 176)、有田沙織(NEC 179)、栗原恵(パイオニア 187)、坂下麻衣子(JT 180)
 木村沙織(東レ 185)、迫田さおり(東レ 175)、石田瑞穂(久光製薬 174)、江畑幸子(日立佐和 176)
 近江あかり(東海大 172)、八幡美樹(NEC 171)

■ミドルブロッカー
 杉山祥子(NEC 184)、庄司夕起(上尾 182)、山本愛(JT 184)、井上香織(デンソー 182)
 荒木絵里香(東レ 186)、矢野美子(デンソー 183)、石川友紀(JT 180)、奥村麻依(嘉悦大学 177)
 芥川愛加(JT 179)

■リベロ
 佐野優子(久光製薬 159)、濱口華菜里(東レ 167)、井野亜希子(NEC 168)、井上琴絵(JT 161)

2009年メンバーで外れたのは
 岡野、河合、谷口、小山、大山加奈、細川、狩野舞子、峯村、森和代、内藤、松崎、岩坂

≪選考について≫
セッター
 高さを求めている選考でしょうか。実力的にはやはり竹下か。横山の怪我の回復状況が気になります。
 熊谷か中道あたりもひょっとしたらと思っていました。

 ・佐藤美弥を見て一瞬びっくりしました。東レの佐藤かと思いました。
 ・松浦、宮下あたりのフレッシュなメンバーは楽しみです。
 ・宮下は大阪国際滝井高校に進学なんですね。


ウイングスパイカー
 小型化していますが、致し方のないところです。真鍋さんスペインにも行ってたらしいので吉澤も納得。

 ・芝田キャプテン…渋い選考です。嬉しいですね。守りなど狩野美雪のような役割でしょうか。
 ・都築…いつも選出されるのではと思っていましたがついに選出されました。
 ・迫田…今シーズンの活躍からすると当然でしょう。栗原・狩野の抜けた穴をカバーしてくれることに期待です。
 ・福田…来ましたね。
 ・有田…怪我ながら必ずメンバーには入ってきますね。
 ・八幡…真鍋さんいいところ見ていますね。八幡はこれから伸びる可能性があると思います


ミドルブロッカー
 人材が豊富ですね。高さもそこそこありますし。
 JTが3人もいる。流石にチームも全員というわけにはいかないでしょう

 ・杉山…まずは受け入れるのか
 ・山本…復活選考。竹下とのコンビのスピードは魅力的です。
 ・矢野…ついにきました。こちらも楽しみです。荒木と組んだパワーセンターは見てみたいです


リベロ
 このメンバーは激戦が予想されますが、佐野と井野が少しだけリードか。

 ・井野…昨年は辞退しましたが、今年はやってほしいです。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

3/21 Vプレミアリーグ 東レ×NEC

2010年03月23日 01:08

■日程
 2010年3月21日(日)

■場所
 岐阜メモリアルセンター第1体育館(で愛ドーム)

■試合
 第一試合 東レアローズ 3-2 NECレッドロケッツ
 [29-27 24-26 25-21 15-25 15-8]

■選手
東レアローズ
《スタメン》
 中道瞳、迫田さおり、和田麻里江、バルボッサシンシア、木村沙織、宮田由佳里、L:濱口華菜里
《途中出場》
 芝田安希、高田ありさ、森万里子、峯村沙紀
《控え》
 L:小平花織、田代佳奈美、佐藤美耶
東レアローズ整列

NECレッドロケッツ
《スタメン》
 内田暁子、杉山祥子、秋山美幸、フォフィーニャアナパウラ、内藤香菜子、松浦寛子、L:井野亜季子
《途中出場》
 渡邊絢子、有田沙織、安藤典莉子、澁澤夏美、
《控え》
 滝口奈美、竹内沙耶歌、L島村春世
NECレッドロケッツ整列

■観戦記
≪試合前≫
岐阜大会も試合開始2時間前に開場しました。ありがたいです。
入場すると東レが練習をしていました。荒木が普通にメニューをこなしていました。あと、築地も練習に参加。
ペースはゆったりとした感じでしたが、久しぶりに動く築地を見ることが出来た。
キッズエスコートは子供たちの人数がめちゃくちゃ多かったです。選手の倍ほどいました。

≪試合≫
試合経過・流れは割愛し、チーム全体と選手ごとの感想です。

東レ
この試合は途中ミスが多く出ましたが、第4レグ全勝です。この試合はバルボッサ・宮田の活躍があり、荒木の復活
も期待できるのでファイナル向けて良い感じで来ているのではないでしょうか。

パルボッサ
今日は良い仕事をしました。スパイク・バックアタックともようやく本調子が出てきたというところでしょうか。
シーズン当初から今日の出来ならアローズの勝利ももっと増えていたことでしょう。セミファイナルに向けては
かなり好材料です
バルボッサシンシア

迫田
NECのブロックにひっかけられてあまり得点につながりませんでした。バックアタックは相変わらず鋭かったです。
またサーブがよくエースが出たりと、迫田がサーブの時に連続得点になっていました。その結果、サーブ効果率16.6%で
パイオニア杉本を大逆転し「サーブ賞」受賞です。おめでとうございます。
また、表彰はありませんが、バックアタック決定率47.7%で今シーズン1位です。

木村
NECがサーブを木村に集めました(受数84)が大崩れはしなかったものの、攻撃の方の調子はいまひとつといった印象。
バルボッサの調子が良かったこともあり、いつもよりはトスが少なめでした。
そんな中フルセットになりシーズン総得点566点まで伸ばし、シーズン最多得点(日本人)新記録を樹立しました。
木村沙織サーブ

宮田
今日は本当に存在感がありました。特にブロードが面白いように決まっていました。今季ベストゲームかもしれません。
(↓左足はあまり状態がよくないのでしょうか)
宮田由佳里

中道
トスだけではなく好レシーブ連発。試合後のインタビューもありました「ミスが多くまだまだ課題はあるが勝ててよかった」
中道瞳サーブ
中道瞳インタビュー

荒木
ベンチ入りはしませんでしたが、試合前は練習していました。セミファイナルから復活でしょうか。
練習中は宮田にアドバイスをしていました。
宮田に教える荒木
スパイク賞(スパイク決定率)50.6%1位おめでとうございます。

築地
荒木同様試合前の練習をしていました。動く築地を見たのは本当に久しぶりです。黒鷲旗での復活を期待しています。

濱口
濱口華菜里ファインディグ

峯村
峯村沙紀

高田
(↓この目イイです。ボールはどっち??)
高田ありさレシーブ

小平
荒木と小平


NEC
今日のスタメンがNECとしてのベストメンバーのような気がしました。
サーブレシーブが崩れていたのにセンター陣が機能していました。セッター秋山よく頑張りましたね。
杉山・内藤両センター
NECとしては2009/10シーズン最後の試合となりました。男子のように廃部にならないことを祈っています。

秋山
試合終了後泣いていました。どんな想いからなのでしょうか…。
昨シーズン最終ゲームではパイオニアの細川が号泣していたことが印象に残っています。
秋山美幸

内田
久しぶりに攻撃絶好調。とても切れがありました。バックアタックも本数が多かったです。
内田暁子

杉山
壁のようにブロック炸裂といった印象。後にスタッツ見たら9本。迫田のスパイクをよく止めていました。
杉山祥子

内藤
打数も多かったしラリー中のクイックがよく決まっていました。
↓写真を見て手のテーピングガチガチなの事に気がつきました
内藤香菜子

フォフィーニャ
スパイクが決まらない…。残念ですが今シーズン限りでしょうかね。

松浦
今日の役割はスパイカー。ライト攻撃が決まっていました。最近定番の変則2枚替えで秋山が抜けたときにセッターと
1年目にしてはよく頑張りました。新人賞はデンソーの熊谷が濃厚な気がしますがひょっとしたら松浦にもチャンスが
松浦寛子

井野
今日も安定していました。ファインディグもありました。サーブレシーブ成功率71.6%は惜しくも2位。
日本復活1年目としてきっちり結果を残しました。
井野亜季子

≪備忘録≫
岐阜メモリアルセンター第1体育館(で愛ドーム)

▽駐車場
 台数はそこそこありそう。でも他のイベントと重なるとすぐ満車になるかもしれません。
 料金は3時間まで100円。以降30分毎に100円。
 
▽体育館内
 ・照明は暗い(写真撮影の観点より)。
 ・座席の足元はゆったりしている。横幅は普通。
 ・1階座席の傾斜が緩く前の人の背が高いと見づらい。横の通路がないので、絶対人の前を通らないといけない。
 ・2階から1階(特設席)に通じる通路が少ないの不便。
 ・飲食禁止。ロビーで飲食しろという割に椅子が殆どない。
 ・ビデオ撮影禁止(バレーボール協会が監視)

▽座席表
岐阜メモリアルセンター第1体育館(で愛ドーム)座席表

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

3/14 Vプレミアリーグ トヨタ車体×デンソー

2010年03月19日 00:22

■日程
 2010年3月14日(日)

■場所
 岡山県総合グラウンド体育館(桃太郎アリーナ)

■試合
 第一試合 トヨタ車体クインシーズ 0-3 デンソーエアリービーズ
 [21-25 20-25 17-25]

■選手
トヨタ車体クインシーズ
《第一セットスタメン》
 都築有美子、田原香理、コロンボレナタ、眞恵子、羽根翠、船崎恵視、L:八田奈都己
《途中出場》
 大塚真菜、山本陽子、堀崎智恵美、梶原雪路
《控え》
 前田見奈子、河村聖子、L:金子雅代

デンソーエアリービーズ
《第一セットスタメン》
 石井里沙、矢野美子、鈴木裕子、スタエレンス シャイーヌ、井上香織、熊谷桜子、L:片下恭子
《途中出場》
 櫻井由香、井上奈々朱、大槻真弥
《控え》
 黒羽桂子、奥田恭子、本田つばさ、L:泉岡未来

■観戦記
 私にとって2回目の桃太郎アリーナです。駐車場の場所も把握できているので楽でした。
 11時30分に開場します。入口にシーガルズの小林選手が立っていてお客さんに「おはようございます!」
 と挨拶をしています。他のチームでは考えられません。とても気持がよかったです。

 1階席のスタンド席で観戦しました。
 今日はVリーグのテーマソングを歌っているスーパーバンドが来ていて、試合開始前にミニライブがあり、
 キッズエスコートの時も生歌です。

 試合模様は時間が経ってしまったので簡易版です
 細田が予想外のベンチ外でした。特に体調が悪いように見えませんでしたのでなぜでしょうか。

第一セット
 眞の攻撃はよく決まりますが、サーブで狙われてキャッチがかなり乱れていました。ということもあってか
 各セット眞が後衛の時にレシーバーとして梶原を投入していました。

第二セット
 眞のキャッチが乱れますが、葛和監督我慢しているように見えました。
 レナタもチャンスボールを連続でスパイクミスしていました。一方、デンソー井上香織が要所で
 ブロード攻撃などで得点を重ねセットを取ります。

第三セット
 トヨタ車体はレナタの攻撃がなかなか決まらない。眞も決定率が下がってきました。
レナタブロック
 一方のデンソーの石井もレシーブが崩れていました。スタエレンスが要所で打ち切って得点を重ねます。
 車体はミスが多く自滅した印象です。結局デンソーが3-0でストレート勝利でセミファイナル進出が
 決定しました。最後は相手のミスで決まったので、5連敗のあとということとセミファイナルでもっと
 アクションがあるかなと思っていましたがそうでもありませんでした。
デンソーエアリービーズ勝利!

試合後インタビューは主将の井上香織です。インタビュアーが4強決定について何も触れなかったので、今後の抱負を
聞かれたときに答えにくそうにしていました。
井上香織インタビュー

デンソー応援団は人数があまり多くありませんでしたが、地元の高校生(たぶん)がよく声を出していて、西尾の
ホームゲームの応援より気合が伝わってきました。

・熊谷桜子
熊谷桜子トスアップ
・怒りの達川監督
達川実監督
・井上奈々未
井上 奈々朱

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

JTマーヴェラス選手たちの交友

2010年03月18日 00:28

◆時期
 2010年3月中旬

◆交友録
先週のオフはマコ(石川選手)と2人でお出かけしました!
その日の目的は2つあって、まずは映画を観に♪
もちろん「ライアーゲーム」です☆
本日のメインイベント!!

じゃじゃーん(・∀・)『トマト鍋』

ずっと食べてみたくて待ちに待ったって感じです♪
マコは先にテンさん(竹下選手)と食べに行っちゃったんですが……
感想はトマトが熱くて味が分からず……気を取り直してもう一口……ん!!
めちゃくちゃ美味しいです(・∀・)しめのチーズリゾットも最高ですよ!!
皆さんもぜひ食べてみてください♪
そんなこんなでリフレッシュできた(?)1日でした(^-^)


◆メンバー
 位田愛、石川友紀

◆情報ソース
 JTマーヴェラスBlog

この二人の交友はちょっと意外な組み合わせに感じました。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

3/14 Vプレミアリーグ 岡山×東レ

2010年03月17日 00:14

■日程
 2010年3月14日(日)

■場所
 岡山県総合グラウンド体育館(桃太郎アリーナ)

■試合
 第二試合 岡山シーガルズ 2-3 東レアローズ
 [21-25 25-20 25-20 23-25 11-15]

■選手
岡山シーガルズ
《スタメン第一セット》
 福田舞、森和代、高松未、村田奈都美、山口舞、小菅真弓、L:米村信子
《途中出場》
 吉田みなみ、神田千絵、川畑愛希、宮下遥、若浦貴子
《控え》
 岡野弘子、L:野口彩佳
岡山シーガルズ整列

東レアローズ
《スタメン》
 中道瞳、迫田さおり、和田麻里江、バルボッサシンシア、木村沙織、宮田由佳里、L:濱口華菜里
《途中出場》
 大山未希、佐藤美耶、高田ありさ、森万里子、小平花織
《控え》
 L:芝田安希、峯村沙紀
東レアローズ整列

■観戦記
 東レの練習が始まるといつものことですが、木村の周りに人だかりができています。
 見た感じでは9割シーガルズファンのように見えますが、木村だけは別格なんでしょうかね。
 1階席スタンドで観戦していたのですが、シーガルズのスティックパルーンを一般のお客さんにかなり配っていま
 した。ん~、大盤振る舞いですね。思わず活動資金は大丈夫かと心配になってしまいます。

・第一セット
 出だしは一進一退の接戦です。東レは迫田が絶好調で得点を重ねています。途中、福田のスパイクなどで岡山が
 リードするも最後は東レが巻き返しセットを取ります。

・第二セット
 村田の早いサイド攻撃、福田の連続得点、森のプッシュ攻撃、山口のブロードなどで岡山が出だし大量リードです。
 途中、宮田に代えて森を投入し、中盤東レも差を縮めますが、岡山がセットを取ります。
 岡山のつなぎがかなりよく粘り勝ちといった感じがしました。

・第三セット
 ラリーの応酬で接戦です。東レはバルボッサから高田にスイッチするも流れ変わらず、さらに迫田に変えて佐藤を
 投入します。東レは4連続得点などで追いあげます。岡山マッチポイントの時サーブが佐藤に回ってきますが、
 ここで迫田に交代します。佐藤のサーブの成功率を考慮してのことでしょうね。結局岡山が逃げきります。
 このセット東レはミスが多かったように思います。

・第四セット
 前半は岡山がリードするも後半東レが20点前後で逆転。福田・森のスパイクを連続ブロックして東レがセットを
 取ります。中盤に菅野監督が何かよくわかりませんでしたが、猛抗議していました。ジュリーからは何の説明も
 ありませんでした。説明してください。

・第五セット
 出だし高田の攻撃や木村のサーブでリードするも途中村田の連続得点などで岡山が追いあげます。
 その後高田のスパイク&ブロックなどで東レが勝利しました。
東レアローズ勝利
試合終了後はシーガルズ選手によるサイン会があったようです。
(遅くなりそうだったので帰宅しました→判断正解で大渋滞に巻き込まれました)


東レ
 荒木不在でセンターを取っ換え引っ換えで苦労していました。

荒木
 若干足をかばう様な感じもありましたが、普通に歩いていました。セミファイナルには間に合うでしょう
荒木絵里香

木村
 途中決まらなくなっ時もありましたが、最後はサーブとスパイクで貢献。キャッチも良かったと思う。
 今日はフルセットということもあって28得点。合計513得点。あと二試合で27得点とれば日本人最多得点
(熊前539点)のチャンスはまだあります。木村はこれまで活躍の割にタイトルを取っていないので頑張れっ!
 サーブ効果率も
木村沙織サーブ
 ↓キッズエスコートにプレゼントしているサインを拡大してみました
木村沙織キッズエスコート

佐藤
 第三セット迫田と交代。ピンチサーブ以外での登場は久しぶりではないでしょうか。(昨シーズンのNEC戦
 以来?)しかし攻撃は打っても打っても決まらない…チャンスを活かすことはできませんでした。


 ブロードは流石ですねパワーもあります。今日は珍しく^^ブロックで大活躍していました。
森万里子

迫田
 前半のポイントゲッター。中盤はバックアタックも含め決定率は下がりましたが4セット以降は復活!
 試合後のインタビューがあり、いつも通り自分の言葉で話をします。イイですね
迫田さおり
迫田さおりインタビュー

高田
 今日は本当にイイ仕事をしました。ライト攻撃がよく決まっていた。第五セットは中道高田にトス集めてた。
 ブロードも一回していました。そういえば高校時代はセンタープレイヤーでしたね。
高田ありさ

宮田
 トスはそこそこあがってきましたが、岡山がブロックで引っかけていました。
宮田由佳里

小平
ピンチサーブで登場するもすぐに引っ込みました。ザンネン。
小平花織


岡山
 会場全体から凄い応援でした。スタンドはちょっと響いていました。きっと選手たちの力になったことでしょう。

福田
 まずまず攻撃は決まっていた印象です。今日は山口・福田のダブルブロードは2回あって1得点でした。
 山口センターで福田ライトの時です。第五セットはミスと攻撃決まらずで若浦と交代。
山口舞・福田舞

山口
 ようやく復調してきたか…。ブロードなどは少なかった。
山口舞


 今日はプッシュ攻撃炸裂!

米村
 第四レグはアタッカー復活という話でしたが今シーズンはずっとリベロですかね。

高松
 守備型プレーヤーの印象がありましたが、今日はかなり崩れていました。

宮下
 ピンチサーブと二枚替えで登場。中学校卒業おめでとうございます。進学?就職?
宮下遥サーブ

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

【現地観戦】3/6 Vプレミアリーグ デンソー×NEC

2010年03月09日 23:33

■日程
 2010年3月6日(土)

■場所
 西尾市総合体育館

■試合
 第二試合 デンソーエアリービーズ 2-3 NECレッドロケッツ
 [25-15 21-25 25-20 18-25 12-15]

■選手
デンソーエアリービーズ
《第一セットスタメン》
 細田絵理、矢野美子、鈴木裕子、スタエレンス シャイーヌ、井上香織、熊谷桜子、L:片下恭子
《途中出場》
 櫻井由香、黒羽桂子、奥田恭子、井上奈々朱、
《控え》
 大槻真弥、石井里沙、L:泉岡未来
デンソーエアリービーズ

NECレッドロケッツ
《スタメン》
 フォフィーニャアナパウラ、内藤香菜子、松浦寛子、澁澤夏美、杉山祥子、秋山美幸、L:井野亜季子
《途中出場》
 渡邊絢子、内田暁子、有田沙織
《控え》
 八幡美樹、安藤典莉子、滝口奈美、L:竹内沙耶歌
NECレッドロケッツ

■観戦記
第一セットは第一試合のJT、岡山ともに選手たちが観戦していました。
前にも言いましたが目的を持って見ているのでしょうか…まぁ明日の対戦相手の様子見というところでしょうか。
NECのレシーブが崩れていました。あっさりとデンソーがセットを取ります。

第二セットはNECはメンバーをガラッと変えてきました。スタート松浦セッター、サイドに有田・内田。
ここまで杉山が目立ちません。中盤デンソー井上香織のオーバーネットに怒りの達川監督。
デンソーのレセプションの乱れで2枚→3枚にフォーメーションを変更するも、
デンソー2枚キャッチ
後半NECのピンチサーブ渡邊のエースからNECが流れに乗って、最後スタエレンスのサーブミスでセットを取ります。

第三セットはデンソーは細田に変えて奥田がスタメン。NECはサーブで奥田を狙いレセプションの乱れから連続
得点を取ります。奥田の乱れが続き、リベロ片下が奥田の前まで行ってカバーしていました。
奥田恭子
しかし、奥田のジャンプサーブで逆にデンソーが連続得点につなぎます。まさにトレードオフといった感じですね。
最後は鈴木のスパイクでデンソーがセットを取ります。

第四セットは、NECの杉山が機能し始めました。たしか3連続得点したと思います。
途中セッター松浦が杉山に無茶ブリをしますが、それにもなんとか応えるところはさすがですね。
変わった秋山まで杉山に無茶振りしていました。杉山はよくこなしていますね。
秋山美幸
後半ついにデンソーは熊谷が交代するもNECがセットを取りフルセットへ

第五セットは、接戦でしたが秋山のサーブからNECが抜け出し、NECが勝利します。
NEC勝利の瞬間

4強の最後の椅子をかけ、NECは望みをつなぎ、逆にデンソーは危なくなってきました。
試合終了後、呆然とする熊谷が印象残りました。
熊谷桜子
 
・NEC
 中盤以降、杉山、内藤のセンターが機能しだすと調子が出てきました

・松浦
 セッターの時、無茶ぶりボールを杉山に連続してトスアップ。センター線をよく使うのはいいことです

・フォフィーニャ
 今日は全く気迫を感じませんでした。打てそうなボールもきっちり打たない時がありました。
 チーム不調の時はかなり引っ張っていたのに、上向きになると下降線ですか…。
 疲れがたまっているのかもしれません。

・内田
 出足快調。早い攻撃がよく決まっていました。

・有田
 前半はフローペースでしたが、後半に調子が上がってきました。

・内藤
 スパイク前に「ハイ」の掛け声。今まで気がつきませんでした。

・杉山
 試合後インタビュー「前半苦しかったが、みんなで力を合わせて頑張った」
杉山祥子

・安藤
安藤典莉子

・デンソー
 レセプションが崩れたこともあって、センターの二人が目立ちませんでした。やはりこうなると苦しいです。
 細田と奥田の入れ替えタイミングに??と感じました。

・井上
 ブロックが今日も良かったです。壁のようです。
井上香織

・スタエレンス
 バックアタックも交えた攻撃。
スタエレンス シャイーヌ

・鈴木
 いつものサイドからの攻撃が決まっていました。
鈴木裕子

■イベント
 フルセットで負けた後に、イベントというのもつらいものがありますね。
 そのまま帰らせてあげたい気分になりました。
 選手たちはいったん引き上げて着替え、所属全選手が好きな曲に合わせて登場します。
 膝におそらくアイシングをしている選手が結構います。ぴっくりしました。
デンソーイベント
 選手ひとりひとりが挨拶をします。みんな似たようなことを云います
「今日は応援ありがとうこざいました。」「あと5試合頑張る。」「セミファイナルを目指す」…など
 櫻井だけは言葉を変えて違うことを言っていました。
「皆さんの応援、とても気持が伝わってきました…」さすがです。ほんと櫻井は気の人です。

 その後ボールの投げ込みがあって、受け取った人はTシャツなどのグッズがプレゼントされました。

 インタビューもあるとのことでしたが、サイン会が始まりました。
 レジャー袋を購入した人の特典で、番号の書いた券が配られていて、その番号のテーブルに座っている選手に
 サインをもらえるという仕組みです。

 ホームゲームイベントとしてはインタビューがあれば最高でしたが、工夫はされていると思いました。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

【現地観戦】3/6 Vプレミアリーグ JT×岡山

2010年03月08日 01:39

■日程
 2010年3月6日(土)

■場所
 西尾市総合体育館

■試合
 第一試合 JTマーヴェラス 3-0 岡山シーガルズ
 [25-23 25-18 25-9]

■選手
JTマーヴェラス
《第一セットスタメン》
 竹下佳江、キムヨンギョン、石川友紀、谷口雅美、位田愛、山本愛、L:井上琴絵
《途中出場》
 高木理江、川原麻実、西山慶樹
《控え》
 河合由貴、久保雅、坂下麻衣子、L:小酒翔子
JTマーヴェラス整列

岡山シーガルズ
《スタメン第一セット》
 村田奈都美、森和代、福田舞、川畑愛希、山口舞、小菅真弓、L:米村信子
《途中出場》
 岡野弘子、吉田みなみ、卜部里菜、若浦貴子、高松未、L:野口彩佳
《控え》
 神田千絵
岡山シーガルズ整列

■観戦記
【試合前】
 体育館は上履きが必要。ということもあって、座席は座る部分と通路がつながっている変わった構造
 (たぶん伝わらないと思いますが…)
 会場内はカメラ撮影には厳しい明るさと照明の色で、座席はデンソー応援団の前あたりでした。
 入場した時はJTが練習していました。

 今日は、デンソーホームゲームです。西尾市はデンソー本社のある場所なので、本当の意味でホームゲームですね。
 愛知県大会ではおなじみのDJ黒岩氏が盛り上げに来ていました。

 でここでサプライズがありました。
 黒岩氏がスペシャルなゲストということで紹介があります。
 「ゲストはデンソーエアリービーズ前主将のともさん、岡野知子さんです」
 会場大拍手です。私も^^。

 黒岩氏とのトーク
 ▽試合開始前の時間は何をしているか
   →選手によるが食事したり、音楽聞いたりリラックスしている。作戦などは前日までにしている
 ▽デンソーへの期待
   →まずは4強に残る事が目標。若い選手が頑張ってくれている。
 ▽これからの試合の見どころとか

 普通の綺麗なお姉さんといった面持ちです。いかがでしょう。
岡野知子


ゲームコーナー
 岡野さんと会場観客でじゃんけんして勝ち残った人には、サイン色紙セットをプレゼント(第一試合、第二試合の
 チームセット)


【試合】
 試合開始前にJT石原監督と遠藤が長いこと話をしていました。
石原監督と遠藤りつこ
 試合開始直前なのにベンチに入っていない選手ととのやりとりなので、何かなぁとちょっと気になりました。
 JTのベンチ外は西山姉、千葉、加藤、遠藤。

 岡山のスターティングメンバー紹介時に昨年までデンソーだった福田舞と岡野さんが何か目で合図しているような
 感じに見えました。
 そして紹介と同時にするサインボールの投げ込みで福田は岡野さん目がけて投げてキャッチしました。
 私の好きな選手の交友に近いものがあり、ひとり喜んでいました。

試合は、
 第一セット岡山はつなぎがよく、ラリーの応酬でスタートからリードします。JTが苦戦しそうな気配がしました
 が、中盤からJTはヨンギョンに前衛後衛ともにトスを集め追いつきます。
 終盤位田の攻撃が決まらないので、高木に交代。この早いタイミングは初めてではないでしょうか。
 この石原監督采配が結果的にあたり、高木のスパイクで得点を重ねJTがセットを取ります。
位田愛

 第二セットはJT谷口の攻撃が決まらないので(0/9)、川原に交代。中盤までは接戦でしたが、後半JTが点を
 重ねセットを取ります。
川原麻実

 第三セットは序盤からJTが大量リードします。今度は逆にJTのつなぎがよくなります。大差がついた岡山は
 リベロを交代。どうしようもない時にこの作戦を過去にも何回か使っています。
 で驚いたのが、その後セッターを川畑・高松2セッターにしたこと。これはどういう意図だったのでしょうか?
川畑愛希
 いろいろと手を尽くすも最後はヨンギョンのスパイクでJTが勝利を収め、開幕23連勝です。

 試合終了後、JTの坂下と岡山の福田が話をしていた。どういうつながりなんかな。大学バレーとか?

・JT
 あとから出た選手(高木、川原)がよくリカバリーしていました。チームとして良い状態ですね。

・ヨンギョン
 女性ファンからの声援が多いです。今日もパワフルなスパイクとフェイントを織り交ぜて攻撃が決まっていました。
 試合後のインタビュー「いま早い攻撃を練習しているのでこれから見てほしいです」
(そんなこと言っていいの?と思ってしまいました)
キムヨンギョン

・高木
 第一セット終盤から位田と交代し出場。そして第二第三セットは久しぶりのスタメン。
 キレのあるスパイクで絶好調でした。試合後のインタビューは高木にしてほしかったですね。
高木理江

・石川
 第二セットのセンターオープンからパワフルなスパイク(私はよく書きますが^^;)で得点につなげます。
 今日はその瞬間会場からどよめきが起こりました。それくらいしびれる攻撃でした。
 速攻もよく決まっていました。
石川友紀

・井上
 つなぎで貢献。コートの端までよく走りました。
井上琴絵

・坂下
 髪型変えていました。

・竹下
竹下佳江

・岡山
 今日はJTのサーブが攻めていたせいか、サーブレシーブがよくなかったです。
 第三セットはスパイクミスも多く、第一セット出だし以外ではあまりイイ所がなかったように思います。

・宮下
 不在。後にVリーグ公式の戦評の河本監督コメントによると中学校の卒業式だったようです。
 これでVリーグに集中できる環境になるのでしょうか?それとも高校に進学?

・福田
 昨シーズンまで在籍していたデンソーの応援席から福田に大きな声援が送られます。嬉しかったのではないでしょう
 か。攻撃はJT守備に阻まれてあまりよい所がありませんでした。
福田舞

・村田
 出だしはサイドの早い攻撃がよく決まっていましたし、得意のブロックアウトも取っていました。

・森
 久しぶりにプッシュ攻撃をたくさん見ることができました。ブロードでジャンプしてタイミングずらしたスパイク
 など森らしさを満喫できました。

・山口
 攻撃面でほとんど印象に残りませんでした。この人が機能しないと苦しいですね。

・卜部
卜部里菜

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

【現地観戦】2/28 Vプレミアリーグ 岡山×パイオニア

2010年03月03日 23:28

■日程
 2010年2月28日(日)

■場所
 刈谷市総合運動公園体育館(ウイングアリーナ刈谷)

■試合
 第一試合 岡山シーガルズ 3-1 パイオニアレッドウィングス
 [25-22 18-25 25-19 25-20]

■選手
岡山シーガルズ
《スタメン第一セット》
  福田舞、森和代、高松未、村田奈都美、山口舞、小菅真弓、L:米村信子
《途中出場》
  宮下遥、岡野弘子、吉田みなみ、神田千絵、卜部里菜、若浦貴子
《控え》
  L:野口彩佳
岡山シーガルズ整列

パイオニアレッドウィングス
《スタメン第一セット》
  冨永こよみ、杉本早希、香野晶子、成田郁久美、佐々木みき、高橋美帆、L:吉田真未
《途中出場》
  板橋恵、今野加奈子、多治見麻子、田村翔子
《控え》
  栗原恵
パイオニアレッドウィングス整列

■観戦記
 初めての会場ウイングアリーナ刈谷。外観は大きいですが、体育館自体はごく普通のキャパでした。
ウイングアリーナ刈谷会場内
 今日はトヨタ車体のホームゲームです。
 開場は試合開始2時間前にOPEN。愛知県バレーボール協会は2時間前にOPENすることが多いので試合前練習
 がみることができてうれしいです。トヨタ車体グッズの販売をしていました。

 指定席は足元の間隔がゆったりしています。ですので、傾斜はゆるやかなので、上段だった私はコートから結構距離
 が離れていましたが、見やすかったです。席に着いた時には岡山が練習をしていました。

 試合開始直前、岡山のスタメン選手が呼ばれてコートインしていくときに控え選手たちは、声を揃えて名前を呼んで
 います。この雰囲気好きです♪シーガルズ。
岡山シーガルズ控え選手

 第一セットは、接戦の末岡山がセットを取ります。
 第二セットは、とくに佐々木のワンタッチ狙いのスパイクがよく決まり、パイオニアがセットを取ります。
 第三セットは、中盤に岡山が福田のサービスエース3本を含む8連続得点!パイオニアは途中佐々木に変えて今野を
 投入するも岡山がセットを取ります。
 第四セットは、途中出場している若浦不調と思っていたら、神田を投入します。この河本監督の采配が大成功で、
 得点を重ねます。後半宮下のサーブで6連続得点し、岡山が3-1で勝利しました。

岡山シーガルズ
宮下
 トスがかなりぶれていました。とくに山口とはタイミングがあっていなくて、ブロードを打てないシーンも。
 第四セットはピンチサーブで登場。連続得点で勝利につなげた。
 試合後のインタビュー何を話したか忘れてしまいましたが、初々しい受け答えをしていました。
宮下遥

山口
 ここのところ攻撃面が不調です。今日もブロードはあまり決まらなかったです。
 トリッキーなジャンプトスもして相手の失点を誘いました、器用ですね。
山口舞

神田
 第三セットから途中出場。バシッという攻撃は殆どありませんが、大活躍でした。
 私が今まで見た中で一番の出来でした。

河本監督
 試合中に控えゾーンの選手に動作で誰かを呼びますが、選手も誰を呼んでいるのかわかりません。
 選手たちがおろおろしていました。
 川畑をベンチ入りさせなかった。いつもながら読みにくい作戦をします。大胆ですね
河本昭義監督

村田
 ライトへの早い攻撃が得点につながっていました。私の観戦した試合では最近あまり良くなかったので
 復調してきたかな。ブロックアウトもうまく取っていました。
村田奈都美

福田
 第一セットで1枚片手ブロック!しびれました。
 シーガルズでは禁断の「バックアタック」を1本打ちました。もっと使っても良いのではないかと思います。
 ↓舞・舞のダブルブロードを何回かありました。なかなか見ていて楽しめるプレーです。
山口舞・福田舞ダブルブロード

若浦
 まだ本調子とはいえない状態です。
 ↓独特なサーブフォーム
若浦貴子

パイオニアレッドウィングス
栗原
 昨日まではベンチインしていませんでしたが、今日はベンチインするも登場する場面はありませんでした。
 練習を見ていてもまだ全力という感じではなかったので、もう少し時間かがかかるのかもしれません。
栗原恵

成田
 先週に引き続きですが、本当によくやっています。サーブレシーブは安定しているし、ブロックも4本決めています

今野
 不調の佐々木に変わってコートイン。スパイクなかなかパワフルですね。そこそこ決定力がありました。
 栗原いない時は、杉本-今野で一度トライしてほしいです。
今野加奈子

杉本
 前日の試合はライスコで観戦していて決定率がすごかったですが、今日もバックアタック含めて攻撃がよく決まって
 いました。結構決定力ありますね。栗原万全なら、栗原-杉本では駄目なんでしょうか。一度やってもらいたいです。
 でも、キャッチはあまりよくない印象が残りました。
杉本早希

多治見
 高橋に代わって途中出場。先週よりも調子を上げてきているように見えました。ブロード攻撃が決まりだしています。
 ブロックはまだ本調子ではなさそうに見えました。

田村
 ピンチサーブでついに登場

ガッツ吉田
吉田真未

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事

【現地観戦】2/28 Vプレミアリーグ トヨタ車体×東レ

2010年03月01日 23:57

■日程
 2010年2月28日(日)

■場所
 刈谷市総合運動公園体育館(ウイングアリーナ刈谷)

■試合
 第二試合 トヨタ車体クインシーズ 1-3 東レアローズ[21-25 25-16 22-25 15-25]

■選手
トヨタ車体クインシーズ
《スタメン》
 都築有美子、田原香理、眞恵子、コロンボレナタ、羽根翠、船崎恵視、L:八田奈都己
《途中出場》
 大塚真菜、山本陽子、堀崎智恵美
《控え》
 前田見奈子、河村聖子、藤原亜紀、L:梶原雪路
トヨタ車体クインシーズ整列

東レアローズ
《スタメン》
 中道瞳、迫田さおり、荒木絵里香、バルボッサシンシア、木村沙織、宮田由佳里、L:濱口華菜里
《途中出場》
 大山未希、佐藤美耶、和田麻里江、芝田安希、高田ありさ、森万里子
《控え》
 L:峯村沙紀
東レアローズ整列

■観戦記
観客席はほぼ満員になりました[公式発表2190人]
トヨタ車体のホームゲームということもあって、応援団が2F観客席の約半分程度占めていて、声援もかなり大きかったです。

試合開始前に、トヨタ車体所属全選手の名前が一人ひとり呼びたされてコートに入りました。
そして会場へのボール投げ込みがあり、受け取った人は「トヨタ車体Tシャツ」をプレゼントされたようです。

一方、関西チーム[滋賀県]でありながら、なかなか関西で試合をしない東レアローズ。
私にとっては、12月の滋賀県立体育館以来なので二ヶ月半ぶりに見ることになります。
東レの選手が入ってきた瞬間はワクワクしました。ということもあって、結果的にこの試合の写真は98%アローズを
撮影していました。
木村の周りはカメラの人たちでいっぱいでした。やはり人気はすごいものがあります。
妹の美里を楽しみにしていたのですが、発見することができませんでした。(帯同していたのでしょうか?)
↓アローズ試合開始前のぐるぐる
東レアローズ試合開始

試合は、
第一セットは出だしサイドアウトが続く。後半に、荒木のレフトオープン、木村が眞のスパイクを1枚ブロックなどが
あり、セットを取ります。
第二セットは東レがミスを多発していました。また、攻撃では中盤あたりに迫田が3連続ブロックされ、佐藤に交代。
東レいいところなし。
一方のトヨタ車体はつなぎがよく、あっさりとセットを取ります。この辺から審判の怪しい判定がいくつかありました。
第三セットは、両チームとも本当に粘り強い展開で接戦となりましたが、後半東レがリードを奪いセットを取ります。
第四セットは、東レがセット前半で連続得点を取って、中盤には荒木-宮田の連続ブロック。これにはしびれました。
後半、高田のピンチサーブから連続得点でセットをとり、3-1で東レが勝利。
この勝利で東レはセミファイナル進出決定です。

東レ
木村
 出だしからスパイクがよく決まります。超インナースパイクも何本か見ることができました。座った場所がインナー
 うちが見やすいところだったのでよかったです。ただ、サーブレシーブはかなり乱れているように見えました。
木村沙織サーブ
 試合後のインタビュー「拾えるものが拾えていなかった。課題はたくさんあるので修正していきたい」
木村沙織インタビュー

荒木
 車体にセットを取られた後は、かなり表情にも気合が入っていました。ブロックは2本と少なめでしたが、攻撃では
 ここという時に速効やパワフルスパイクできっていました。
 また、中道も何本かオープントス上げて得点につなげていました。
 迫田に代わって佐藤が入っている時、ここはサイド(佐藤)やろう普通はというところで。荒木にオープントスと
 いう場面も…
荒木絵里香サーブ

迫田
 いまさらですが、ジャンプ力がありますね。他の選手と高さが違うのがよく確認できました。
 攻撃は波があって、途中連続ブロックされて、佐藤と交代しました。ベンチに戻ってから、菅野監督からその後
 コーチからいろいろと指導を受けていました。今のアローズは迫田が決めてくれないと苦しくなってしまうので
 ベンチの期待も大きいでしょうね。今シーズンは本当にチャンスです!がんばれ!
迫田さおりスパイク

築地
 今日も裏方さんでした。デジカメ担当兼務。
築地保奈美

小平
 今日は来ていたのかな?オリンピックで小平と聞くとこの人を思いだします(関係ないですけど…)

宮田
 ついにスタメン(確か昨日から)。ずっとベンチ外、控えだったのでうれしいですね。昨年の新人賞選手です。
 荒木の対角センターは本当に激戦区です。今日はブロック4本と大活躍していました。
 攻撃も空気にならずに存在感がありました。復活週としてはまずまず合格!
宮田由佳里・バルボッサブロック

佐藤
 今日はサーブだけではなくプレーのチャンスがめぐってきましたが、生かせませんでした。
 ピンチサーブ2回出て、2回失点。迫田に代わってサイドに入るも得点取れず。厳しいな…。
佐藤美耶サーブ

和田
 途中入りましたが、目立つことがなかったです。

峯村
峯村沙紀


車体
今日は珍しく完全にアローズモードだったので、殆ど記憶にありませんm(__)m。
全体的に粘りがありよく、つないでいました。
試合後円陣になります。見た感じですと、どうやらトヨタ車体の偉い様たちのお話か?

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
関連記事


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。