--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する

JTマーヴェラス セッター橋本直子入部

2011年07月12日 22:00

JTマーヴェラス公式サイトで元久光製薬に在籍していたセッター橋本直子の入部が7/12発表されました
 橋本直子選手 入部のお知らせ | JT ウェブサイト

JTはセッターの河合由貴と平井真栄の退部により竹下佳江1名になっていましたので、
移籍による獲得は確実でした。日立を退部した横山雅美あたりかと予想していたのですが外れました。
ここ最近のJTのセッターにはいなかったタイプです。
期待しています!

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する
スポンサーサイト

JTマーヴェラス新外国人選手

2011年06月05日 00:25

JTマーヴェラスがセルビア代表のブラコチェビッチと契約したようです。
海外2サイト(バレーボール)で記事がありました
 Jovana Brakocevic signs with JT Marvelous in Japan
 Giappone: Brakocevic al JT Marvelous

JTマーヴェラスからの発表は今のところありません。

ポジションはオポジットの選手です。
JTの今シーズンでは谷口雅美(川原麻実、坂下麻衣子)が入っているポジションです。
ブラコチェビッチの加入でウイングスパイカーのポジション移動があるかもしれません。

※イタリア語が堪能な方2つ目のサイトにはどのようなことが書いてあるのでしょう?
(グーグルの翻訳機能ではダメでした…)

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する

JTマーヴェラス5名退部

2011年06月01日 00:16

JTマーヴェラス公式サイトで5/31付け発表がありました。
 西山由樹選手、高木理江選手、川原麻実選手、河合由貴選手、平井真栄選手が退部

《退部者》
 ・西山由樹
 ・高木理江
 ・川原麻実
 ・河合由貴
 ・平井真栄

5名も退部です。
内4名がJT生え抜きの選手というのも、何かさみしいものがあります。
それぞれの事情、気持ち、環境、体調など色々な要素があったことと思います。
新天地での活躍をお祈りしています。

セッターが2名退部なので竹下佳江1人になってしまいました。
移籍等でのセッター獲得は2名程度あることでしょうが、それまでは練習などやりにくいかもしれませんね。
(竹下は全日本に参画していないのでJTの練習に出ているのか)

>・西山由樹
 ミドルブロッカーに転向した時はよく試合に出て活躍していました。ウイングスパイカーに戻ってからは
 試合出場機会も少なかったですし、ベンチから外れることも多くなって精神的にもきつかったように思います。
 パワーのあるスパイクが魅力的でした。引退してしまうのか…
 西山由樹

>・高木理江
 Vリーグを見始めた時キャプテンを努めていました。コツコツと努力を積み重ねてきたプレーヤーだと思い
 ます。黒鷲旗で初優勝した後の、彼女の振る舞いや表情を見て、この日が来るような予感はしていました。
 まだまだJTには必要な存在だと思います。
 高木理江

>・川原麻実
 公式サイトのコメントを読むと、バレー人生を振り返っていますし、引退のようですね。
 大きな故障はないと思いますので、振り返って何か思うところがあったのでしょう。
 あのキレのあるスパイク…残念です。妹の川原愛璃も日立を退部ですので、姉妹揃ってです。
 川原麻実サーブ

>・河合由貴
 北京オリンピック日本代表セッター。こちらも公式サイトのコメントを読むと引退のようですね。
 意外でした。竹下佳江という大きな存在がいて、出場機会はなかなか巡ってきませんでした。
 河合由貴

>・平井真栄
 私の想像ですが、河合由貴の体調不良で急遽JTに加入するも、準備なしでいきなりプレミアリーグは
 厳しかったと思います。
 平井真栄

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する

JTマーヴェラス「ファン感謝祭2011」

2011年03月03日 02:05

今年もファン感謝祭が行われます。

◆開催日時
 2011年5月7日(土)11:00~14:30(10:00開場予定)

◆会場
 ベイコム総合体育館(尼崎市記念公園)

◆募集人数
 1,000名さま(参加無料)

★詳細はJTマーヴェラス公式サイトへ
 JTマーヴェラス「ファン感謝祭2011」の開催が決定しました!! | JT ウェブサイト


昨年は抽選にはずれて行くことが出来ませんでしたので、今年はぜひとも行きたいです!
募集人数が600名から1000名に増えています。当選確率上がるかな…

会場が昨年までのJTマーヴェラス体育館でなくなったのは残念ですね。
日頃入ることの出来ない場所に行けるだけでもうれしいかったので。

最後のサイン会も1000名だと人気選手は特に混雑必至でしょう。


古い話ですが2009年ファン感謝祭の模様は当ブログにも書きました
JTマーヴェラス「ファン感謝祭2009」~前編
JTマーヴェラス「ファン感謝祭2009」~後編

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する

竹下佳江インタビュードキュメント

2011年02月27日 02:47

竹下佳江(バレーボール日本代表・JTマーヴェラス所属)のドキュメンタリー番組がありました。
JTマーヴェラス体育館のコート内にソファーをセッティングしてトークしていました。


◆放送日時
  2011年2月26日(土)19:00~19:54

◆番組名
  BS朝日「インタビュードキュメント 勝負の瞬間(とき)」

◆インタビュアー
  スポーツジャーナリスト 二宮清純氏

◆トーク内容
  ※ざっと箇条書きにしてみます。(記憶なのでニュアンスが異なる点があるかもしれません)

・バレーボールを始めたころ
  最初はレシーバーで小学校5年生からセッターになった(背が高くないということから)
  背が高くなりたくていろいろなことを試した(牛乳飲む、雑誌の裏のアイテム使ったり…)が結局だめだった

・セッターが面白くなってきたのは
  24,5歳のときで、それまでは面白くなかった。例えば監督から怒られることが多い…

・2000年シドニー五輪予選敗退
  つらかった。封印したかった

・2002年4月バレーをやめた(NEC退社)
  九州に戻り、ハローワークに行って、福祉関係の仕事を探していた

・2002年8月バレー復活
  きっかけは当時のV1リーグだったJTの監督 一柳昇氏から何度も足を運んでもらって誘いを受けた。
  結果チームは1年でVリーグに昇格した(これは竹下一人の成果ではないと思うがそう紹介されていた)

・2004年アテネ五輪
  出場したことはうれしかった。でも、出たことで満足しているところがあった

・オリンピック
  特別である。オリンピックにいたるまでの過程はこんなに苦しいことはない

・トスアップのコツ
  爪は少し長めにしている(深爪になると指先の感覚が取れないから)。
  まずはボールの下に早く入ること。親指でトスアップをコントロールしている
  選手の好みに合わせる(平行トス、下から上がってくるようなトスなど)

・2010年ワールドグランプリ
  ブラジルに久しぶりに(9年)勝利出来たことが大きかった。
  スピードと緻密なバレーをしていけば世界と戦えることが見えた。

・2010年世界選手権銅メダル獲得
  データバレー。これまでとの違いは試合の流れで出てくるデータがどんどん入ってきたことが大きい。
  眞鍋政義監督の指示は具体的でやりやすく目標も明確だった
  江畑幸子、迫田さおりは短めのトスを好む

・全日本キャプテンで当時苦労したこと
  チームを纏めることが大変だった。例えば、若かりし荒木絵里香と大山加奈はわがまま
 (みんなでやろうという時に私はしない!みたいなことらしいです。表現が難しいです…)
  荒木絵里香は当時を振り返ったとき「あの時はすみませんでした」という。
  心労が重なり眉毛が抜けた…など、当時全日本代表選手だった菅山かおると話をしていた。

・山本愛
  つきあいが長くやりやすい相手。お互いのその日のコンディションの違いを察知してプレーできる

・木村沙織
  世界選手権銅メダルはサオリの成長が大きい。(栗原恵の離脱などで)自分がやるしかない環境に
  置かれたことが大きいのではないか

・他のセッターに負けないこと
  ボールの下に入るスピードとディグ

・もし生まれ変わったら
  もう一度セッターをやりたい(高身長で)


こういったドキュメンタリー番組は大好きです。昔は地上波でもたまにありましたが、最近はほとんど
ありませんね。ほぼお馴染みな話が多かったですが、インタビュアーがうまく話を引き出していたように
思います。

中でも荒木絵里香の話は初めて聞きました。実名で話せるところが信頼関係の証だと思います。
荒木も自分がキャプテンの立場になって初めていろいろなことを実感したのでしょう。

あと、他の選手には負けないことを自信をもって話している姿はカッコよかったです。

↓2011.02.13撮影↓
竹下佳江

▽ブログランキングに参加しています。1日1回clickして戴ければ幸いです▽
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ 人気ブログランキングへ


拍手する


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。